平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

軍師官兵衛 第5回「死闘の果て」~でかしたぞ、武兵衛! お国もでかした!

2014年02月03日 | 大河ドラマ・時代劇
 武兵衛(永井大)とお国(中川翔子)の恋バナ。
 武兵衛は「好きなおなごはいないのか?」と聞かれてグズグズしている。
 すると光(中谷美紀)は一括!
「男ならはっきりしなさい! すぐそばにおるではないか!」
 光さん、カッケー!
 姫路城で薙刀を持って守る姿も凛としていて、しっかり黒田家の正室になっているではありませんか。

 しょこたんのお国もいい。
 中川翔子さんは演技が苦手なのかと思っていたんですが、案外出来るじゃないですか。
 作家さんも気に入っているような描き込みなので、今後も登場させて下さい。

 というわけで恋バナとしてはベタなんですが(←日本人はこういうのが好きなんですよね)、新キャラ登場回としては悪くない。
 井上九郎右衛門(高橋一生)、太兵衛(速水もこみち)。
 こんな形で<黒田二十四騎>が揃っていくわけですね。
 まさに戦国活劇!
 幕末・明治だと、現代と近すぎてイデオロギー色が強くなるんですけど、戦国だと<物語>として見られるからいいかな。

 さて、今回のサブプロットは<お金>。
 冒頭、官兵衛(岡田准一)と光の間で、倹約とケチの論争があったが、黒田家が倹約していたのは、いざという時のために使うためだったんですね。
 赤松の第二戦に備えて、官兵衛は壺に蓄えていた銭を家臣に配った。
 これで家臣の団結と士気が上がる。
 このお金については、信長(江口洋介)パートでも。
 信長は、将軍・義昭(吹越満)に副将軍にしてやると言われて断り、代わりに大津、堺などに代官を置くことを求める。
 大津、堺と言えば商業地。
 信長は、これからの時代、物を言うのは<官職>ではなく<お金>であることを知っているのだ。
「能は五番で十分でございます」と義昭を諫めたのも、お金の大切さを知っているから。
 この点、官兵衛と信長はリンクしている。

 それにしても安定の脚本ですね。
 出入りを含め、配置すべき人物をきっちり配置し、物語も押さえておくべきことを淡々と描いている。
 一年を通したプロットもしっかりしていそうで、おそらく破綻はない感じ。
 とはいえ、もう少し深みもほしいんですけど、それはこれからでしょうか。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 携帯電話料金が安くなったよ... | トップ | 平成のおかしな人たち②~長谷... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しめています (TEPO)
2014-02-03 20:08:58
>ただ、大河ドラマの<プロの視聴者>には、いささか物足りないかもしれない。
(その後少し書き換えられましたか)。

2チャンネルにいわゆる「死亡フラグリスト」のスレッドがあり、「この戦が終わったら結婚しよう」という台詞は上位-つまり典型的-にランクされているようです。
「テンプレート」と批判される方もおられるようですが、作者は堂々とこれを使ってきます。結局

>出入りを含め、配置すべき人物をきっちり配置し、物語も押さえておくべきことを淡々と描いている。
ということでしょうね。

母里父子の戦死は史実ですが、先は長いので展開を早くするためあまり重くしすぎない。しかし、守り役と兄弟同然に育ったその息子という「忠臣中の忠臣」の最期なので、例によって「様式美」に則った花道を用意した、ということだと思います。
お国はそのため-少なくとも現時点では-に導入されたキャラなのでしょう。
「様式美」なのでつらい思い入れをするほど重くはないが適度に「泣ける」展開だと思いました。

>まさに戦国活劇!
戦の場面、犠牲は大きかったものの痛快といえば痛快な展開と言えます。
政職の早逃げによる孤立という危機的事態の中、寡勢をもって宿敵赤松氏の大軍をうち破ったわけですから。
それも策略によるのではなく、正面からの白兵戦による勝利。
無論、「退却して籠城するようでは負け」「疲弊しているのは敵も同じ」といった判断に官兵衛の戦略眼もしっかりと描かれています。

印象的だったのは官兵衛自身チャンバラを演じていたこと-越後の某武将の時とは大違い-です。
しかもリアリズムにもとづく殺陣で、官兵衛を無闇に強く描いていません。
敵の斬撃を受け、甲冑があるため負傷はしなかったものの脳震盪を起こして落馬。
敵将石川源吾に槍で突かれるも、武兵衛の犠牲により命拾い。
最後は敵の刀で相手の首を押し切ったところは「グラディエイター」を思わせました。

相手がかつての裏切り者であり、武兵衛の仇でもある石川であるところから、最近ややタブー気味の「敵であっても主人公が人を殺める」という問題についてもクリアーしやすく設定されています。あとは

>冒頭、官兵衛(岡田准一)と光の間で、倹約とケチの論争があったが、黒田家が倹約していたのは、いざという時のために使うためだったんですね。

こうした点で細かく描くべきところを描いているので

>もう少し深みもほしいんですけど、それはこれからでしょうか。

「これから」に期待できるように思います。
私としては、少なくとも安心感のある娯楽大河ということで十分楽しんでおります。
楽しんでいらっしゃいますね! (コウジ)
2014-02-04 09:05:20
TEPOさん

楽しんでいらっしゃいますね!

おっしゃるとおり、母里親子の死のシーンはあまり湿っぽくなかったのがよかったですね。
武兵衛との関係を考えれば、官兵衛は立ち直れないくらいに悲嘆してもいいのに、追撃を命じ、自らも追撃戦に参加する。
敵の赤松にしても、かつての自分の恋人を殺したわけですから、もっと憎しみの感情があっていいのですが、そこはスルーして描かない。
適度なドライさですよね。

いくさのシーンも一騎打ちシーンも美しい。
おっしゃるとおり、一騎打ちシーンは官兵衛がダメージを受けて劣勢で、もっとドタバタしてもいいんですが、殺陣の様式美は守られている。
首を切るシーンもそんなに残酷に感じない。

おそらく今回の脚本の前川さんは、自分の作家性を排して映像の設計図である脚本家に徹しているんでしょうね。
演出家は時代劇出身の方でしょうか。

この作品、僕も見ていて楽しいのですが、何かが足りない。
それが何かを考えながらも見ていきたいと思っています。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事