平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

それでも、生きていく~復讐と言いながら小便してクソして、なめくじみたいに生きているんです

2011年08月12日 | その他ドラマ
 次々と切れていく人と人の絆。

・双葉と文哉(風間俊介)~文哉は反省などしておらず、双葉が思っていたやさしい兄ではなかった。別人だった。文哉もリンゴ飴とゴリラが好きな昔の妹を思っていたが、現在は違っていた。
・双葉と洋貴(瑛太)~洋貴は双葉を立場は違うが、苦しみを共有できる人間として考えていた。だが、兄・文哉だけのことを考えている別の人間だった。
・双葉(満島ひかり)と家族~双葉は母・隆美(風吹ジュン)の娘ではなかった。

 この作品は、それまでの人間関係をどんどん壊していく。
 それは前回の響子(大竹しのぶ)は次男・耕平(田中圭)一家との関係を絶ったこともそうだし、今回の真岐(佐藤江梨子)が文哉にモンスターを見たのもそう。
 通常のドラマは、話を追うごとに人間関係を築いていく。信頼関係を作っていく。『ルーキーズ』のように。
 だが、この作品はひたすら壊す。
 双葉と洋貴のように構築される人間関係もあったが、積み木細工を崩すように簡単に壊してしまう。

 おそらく双葉たちは、一回すべてバラバラにならなくてはならないんでしょうね。
 15年間、形作ってきたジグソーパズルをバラバラにして、組み替えてまったく新しい絵を描くこと。
 今までの絵は間違っていた。だから組み替えなければならない。
 それが彼らを救う方法。未来に向かう道。
 一体、最後にはどんな絵が現れるのだろう?

 最後に洋貴の言葉。
 「復讐と言いながら小便してクソして、なめくじみたいにベタベタベタベタと地べたを這いずり回っているんです」
 このせりふの<復讐>の所に、自分に当てはめた言葉を入れてみる。
 すると、このせりふが自分にも当てはまるものである感じがしてくる。
 閉塞感。ただ食べて寝て生きているだけの様な感じ。
 これが生きるということの実際なのだろうが、洋貴のいらだちはよく分かる。
 でも……。
 地べたを這いずり回っている様な生活だが、「それでも、生きていく」のだ。



コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 最近のCM~バカボンのママ、... | トップ | 江~姫たちの戦国~ 第30回... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドラマ同好会(名前検討中 (村石太レディ)
2011-08-12 20:20:50
昨日 初めて 見ました。ストーリーと登場人物が わからない。最後まで 見て 時々 セリフに 凄い話しだなぁと 思った。こういう社会ドラマも 大切ですね。
ぜひ次回も (コウジ)
2011-08-13 09:06:46
村石太レディさん

コメントありがとうございます。
今回の話が初めてでしたか。
もったいない。
他のブロガーさんのブログ(たとえばTBいただいている「美容師は見た」)で、ストーリーを詳細に紹介されているものがありますので、お読みになって作品に入っていただくことも出来るかと思います。
あるいは公式HPとか。

感じられたと思いますが、この作品、役者さんの芝居が半端じゃないんです。
ストーリーがどうまとまるかも興味深いですが、ぜひ次回もご覧になって下さい。

コメントを投稿

その他ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

【それでも、生きてゆく】第6話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
双葉が帰ってこなくなり、三崎は夫婦で深見の元へ行った。 響子は何故か夫婦をもてなすようにバタバタ動いた。 じっと対峙している事は不可能に思えた。 深見さん、私たちは・・・。 私、もう深...
それでも、生きてゆく #06 (ぐ~たらにっき)
『招かれざる客』
『それでも、生きてゆく』 第6話 (美容師は見た…)
もう何~?こんなに憎たらしくて腹の立つ役どころを見るのは久しぶり。それだけ紗歩を演じる安藤サクラちゃんが見事だってことなんでしょうね。それとも、私が文哉に肩入れしすぎのせい?『ブザー・ビート』での相武紗季ちゃんもそうでもなく(再放送中で思い出す)、『流...
「それでも、生きていく」 第6話 招かれざる客 (トリ猫家族)
 いやいやいや・・・ここまで嫌らしく壊れた女を演じることができる女優がいるでしょうか・・・ 思わず殺したくなるような破壊力・・・やっぱ安藤サクラはスゴイよ。 「この人の ...
それでも、生きてゆく 第6話 (レベル999のgoo部屋)
『招かれざる客』 内容 祖母の住んでいる老人ホームに、突然やってきた文哉(風間俊介) それを見て、双葉(満島ひかり)は、驚くとともに、、、涙を流すのだった。 「お兄ちゃん。お帰り」 その後、2人は動物園へ。 因島。。。文哉と双葉の実母が産まれた場所へ、行....
《それでも、生きてゆく》★06 (まぁ、お茶でも)
双葉が、目覚めると、そこには、兄の文哉がいた。 双葉、とちゃんと呼んでくれた。ここに居るのが分っていたら、お祭りやってたから、双葉が大好きだったリンゴ飴を買って来てやればよかったなと言った。 洋貴の所へは、隆美が、双葉を捜して来た。響子がいるので、驚い...
それでも、生きてゆく【第6回】フジ木10 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
招かれざる客  「反省って??なんでお兄ちゃんが反省するんだ。なんでそんなこと言うんだよ。たった二人の兄弟なのに。亜季ちゃんは天国に行ったんだ。生まれてこない方がよかったから…」by三崎文哉(風間俊介)。 ハイ、文哉マジキチ確定いたしましたっ!!!あぁそう...