平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花燃ゆ 第34回「薩長同盟!」~「世話ぁない、許せ」 憎まず皆許して前に進め!

2015年08月24日 | 大河ドラマ・時代劇
 今回は、天からの視点である。
 天から人間の営みを見ていれば、私怨など瑣末なこと。
 憎しみにとらわれていては、正しい道など見出せない。
 だから過去の経緯を捨てて、薩長同盟。
 許すことで前に踏み出せる。

 今回のエピソードをまとめると、こんな感じでしょうか。

 憎しみ、プライド、主義主張、不安……
 人間、生きていると、さまざまなものにとらわれて、なかなか前に進めない。
 それが合理的で正しいことだとわかっていても、感情やこだわりが邪魔をする。
 天に昇って神様や仏様になってしまえば、そういうことはないのだろうが、美和(井上真央)たちは現実に生きている人間だ。簡単に悟りきることなどできない。
 一方、坂本龍馬(伊原剛志)は美和たちとは違う。
 龍馬は過去のしがらみに関係ない第三者であり、合理性と利で動く商人の感覚を持ち合わせていた。
 だから薩長同盟をプロデュースできた。
「新しく生まれ変わるこの国の根っこになれ! ほれ、腰を据えんかい!」
 とらわれのない龍馬の言葉はさわやかだ。

 だが、そんな美和に転機が訪れる。
 父の死だ。
 父の死を知ることによって、彼女は天からの視点を感じ、私怨を乗り越えた。
 仏様のような気持ちになって、自分の心を洗濯し、過去の敵を許した。
 その象徴的が、興丸の小姓の人選だ。
 周布、高杉、そして椋梨の一族からの抜擢……まさに過去にとらわれない人選だ。

 今回は<憎しみを捨てて許す>というテーマで上手くまとめられているなぁ、と思いました。
 高杉(高良健吾)なんかは、人間的なものを超越した神懸かりな印象さえ受ける。
 浮気をとっちめられて困惑する姿は別として、彼は過去をきっちりと清算し、やるべきことが見えている。

 でも、この<憎しみを捨てて許す>というテーマでは、『八重の桜』の方がよかった。
 戊辰戦争後、京都にやってきた八重は激しい憎しみを心の奥底に抱いていた。
 表面には表れなかったが、憎しみの根は深く、簡単に捨て去ることはできなかった。
 しかし、転機が訪れる。
 新島襄に、弟が戦死した場所に連れて行かれた時だ。
 八重は号泣し、すべてを吐き出し、光溢れる場所で、やっと浄化される。
 このシーンは実に感動的でした。


コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« ドランクドラゴン鈴木拓さん... | トップ | 株暴落!~これがアベノミク... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「許し」はいいのですが (TEPO)
2015-08-25 22:49:35
再び所用から戻り今録画を見たところです。

薩長同盟がテーマとなり、美和が主人公でなくなってしまわないかが心配でした。
しかし、宿敵だった薩摩と結ぶことを美和が受け入れられるのかという課題を設定し、椋梨と父の死をいう契機を通して「許し」へとまとめる展開はおっしゃる通り上手いと思いました。
もはや美和も御前様や若殿夫妻から意見を求められるまでに信任されるようになったのか、と思うと百合之助のような感慨も持ちました。

>でも、この<憎しみを捨てて許す>というテーマでは、『八重の桜』の方がよかった。

これもおっしゃる通りなのですが、おそらくそれは美和の「憎しみ」が十分視聴者-少なくとも私-に伝わってこないからではないかと思いました。
さらにその原因をたどるならば、久坂と美和(文)との関係が心の通った夫婦として描かれることがほとんど無かった-それらしい場面はほとんど今回用いた回想シーンで尽きていた-からだと思います。

単発のドラマとしては結構まとまっていたとは思うのですが、大河は連続ですのでこんなところにも合作の弊害がでてしまっていますね。
全体で見ると…… (コウジ)
2015-08-26 09:18:15
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>単発のドラマとしては結構まとまっていたとは思うのですが

まさにこれに尽きますよね。
今回のエピソードは、主人公も上手く絡んでいますし、これだけ見れば、まとまっていて十分に面白い。
でも、連続ものとして見ると……。
夫婦の関係もおっしゃるとおりですし、歴史観や人物像もバラバラ、結果として全体のテーマもぼやけている。
個々のエピソードの積み重ねもできていない。

前回も書きましたが、3人の脚本家体制はよくないですよね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

花燃ゆ 第三十四回 (レベル999のgoo部屋)
『薩長同盟! 「薩長同盟最悪の敵と手を組み明日を希望に変える!」 内容 高杉(高良健吾)による挙兵で、長州藩は幕府との対決へ向け動き始める。 一方、美和(井上真央)は、都美姫(松坂慶子)の了承を得て、 晴れて、元徳(三浦貴大)銀姫(田中麗奈)の長男・興丸...
【花燃ゆ】第34回 「薩長同盟!」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
世継ぎの養育係として忙しく働く美和(井上真央)。その頃、高杉晋作(高良健吾)が、幕府と戦うためには宿敵・薩摩と手を組むべきだ、と藩に提言する。小田村伊之助(大沢たかお)も桂小五郎(東山紀之)とともに坂本龍馬(伊原剛史)と会い、「薩長同盟」成立に向けて...
大河ドラマ「花燃ゆ」 #34 薩長同盟! (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
気がついたら薩長同盟ですか。 その過程はあまり描かれていないので、唐突な感じがします。
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹34責任は私1人にある!椋梨の最期の言葉に美和は考えを改め龍馬は薩摩と長州の同盟を成立させた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第34話は政権交代により再び幕府と戦う事になった長州藩はまず下関開港に向けて奔走していた。しかしそこで坂本龍馬が現れて薩摩と同盟を組んで幕府討伐を ...
花燃ゆ #34「薩長同盟!」 (昼寝の時間)
公式サイト 世継ぎの養育係として忙しく働く美和(井上真央)。その頃、高杉晋作(高
【花燃ゆ】第34回プチ感想と視聴率「薩長同盟!」 (ショコラの日記帳・別館)
「薩長同盟!」 再来年(2017年)の大河ドラマの主演、柴咲コウさん(34)が務
珍大河『花燃ゆ34』と史実◆久坂玄瑞と高杉晋作 (郎女迷々日録 幕末東西)
珍大河『花燃ゆ33』と史実◆高杉晋作挙兵と明暗の続きです。 花燃ゆ メインテーマクリエーター情報なしVAP  本題に入ります前に、私のこのブログ、簡単なアクセス解析がついています。どのページにどの程度のアクセスがあったかはわかるのですが、どういう経過でアク...