平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒10 「罪と罰」~「君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」

2012年03月22日 | 推理・サスペンスドラマ
 「存外ずるいですねぇ君は……。君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」

 右京(水谷豊)さんって、「存外」って言葉を使うんだ。
 なかなか使わない新鮮な言葉。

 まあ、それはともかく、法に厳格だった右京さんが自分を曲げた。
 人類のエネルギー問題を解決する<バクテクロリス>(エピソード「あすなろの唄」)の時は見逃さなかったのに。
 それは相棒・神戸尊(及川光博)に「人殺し」をさせないため。相棒への愛情ゆえ。
 生まれたクローン人間が怪物として迫害されるという神戸の考えへの理解もあったのかもしれない。

 しかし右京は同時に失われたものがあることも神戸に語る。
 それは殺された兄・隼斗(窪塚俊介)。
 隼斗は<誠実な愛情深い宗教者>であったのに告発しないことで<狂的な宗教者>になってしまった。
 何かが救われれば、一方で何かが失われるのだ。何かを得れば何かを失うのだ。
 だから神戸の主張は一見正論のように見えるが、一方で隼斗を<狂的な宗教者>にしてしまうというマイナスももたらしたことを右京は語る。
 このテーマの深化はさすが『相棒』。

 そして事件の本当の解決。
 これは神の手に委ねられた。
 クローンの赤ん坊の命が失われたことで、母・嘉神郁子(真野響子)は自首を決意する。
 クローン人間を作ろうとしていた罰を法的に受けようとする。
 右京が望んでいた事件の解決だ。
 クローンの赤ん坊の存在を許さないことが<神の意思>だとしたら、郁子の自首は<神>がもたらしたものであるとも言える。

 そして<杉下右京>という刑事のアイデンティティもかろうじて保たれた。
 右京さんは、あくまで<厳格な法の執行者>でなければならないんですね。
 情に流されて妥協してしまっては、今まで真実を暴くことで不幸にしてしまった人間たちに言い訳が出来ない。
 一度妥協を許してしまったら、妥協は今後も繰り返されていく。
 情に流されるのは探偵の<マーロウ矢木>であって、<杉下右京>であってはならない。
 エピソード「逃げ水」でも右京はこんなことを言っている。
 「それ(真実を明らかにすることの残酷さ)に耐えられないようなら、人に罪を問うべきではない。僕はそう思っています」
 今回は右京が唯一妥協してしまった事例ですが、その解決を<神の手>に委ねた所が面白い。
 推理ドラマとしては、事件の全容・犯人の動機が見え見えで今ひとつなんですけどね。
 面白かったのは、黒いコートのくだりかな。

 最後に神戸尊。
 尊は本当に心優しい人物だった。
 最初は冷たい官僚タイプの人間かと思っていたが、人一倍他人の痛みに共感できる感受性の持ち主だった。
 エピソード「贖罪」の城戸の死もずっと背負っていたし。

 お疲れ様でした。
 将来、警察庁の官僚として右京をバックアップする時も来るんでしょうね。
 どんなふうに再登場するのか楽しみです。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 「運命の人」から学んだ3つ... | トップ | 最後から二番目の恋~未来に... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
殉職じゃなくてよかった (megumi)
2012-03-22 13:39:47
コウジさん

神戸尊は結構好きなキャラだったので
殉職での卒業とならずホッとしましたよ
「太陽に吠えろ」なんて 
テコ入れのたびに
殉職&2階級特進でしたよね

神戸の言う理屈も分りますが
杉下の「罪は罪」の考えも理解できます
コウジさんがおっしゃるように
守るべきものに 例外を作ってはいけません

夫と子供を同時に亡くして自殺念慮満々の茜に
振り回された母親と兄でした
茜が赤ん坊を流産したあとで 
母親の頬を伝う二筋の涙が印象的でした
息子を死なせた原因を作ったのは
自分ですものね
茜の頼みに乗ってしまった自分が許せないと
思うのが普通でしょう


どうでもいいことですが
真野響子さんが 梶芽衣子さんに見えてしまって・・・若い頃は全然似て無かったんですがねぇ~
ラストシーン (コウジ)
2012-03-22 19:19:09
megumiさん

尊の卒業。
殉職など、お涙ちょうだいの湿っぽくない所が「相棒」らしいですね。

ふたりのラストシーンは<歩く右京とその脇を車で通りすぎる尊>。
なんと乾いた描写でしょう。
それでもふたりの思いが伝わってきて感じるものがありますね。
そう言えば、亀山の時もラストは電話での会話。
右京さんは、やはりひとりで歩いていく。

これらの右京さんの心情を想像すると、右京の孤独みたいなものも感じます。
ほっとした (ミント)
2012-07-17 15:07:56
何がなんでも事実を公表する気でいる
右京を見たときこの人は冷酷な人だ。
ホントにそう思った・・・
「君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」。
折れてしまったわけですよね。
人としての心があったのかとほっとしました
許されない命ってあるんですか?
ないでしょう。
母親の心労もしくは、赤ん坊自身に生きる力がなかった。
そのどちらかです。
相棒 (コウジ)
2012-07-18 08:29:29
ミントさん

コメントありがとうございます。

この作品での相棒(亀山・神戸)の役割って、右京さんの極端な正義感に対する歯止めの役割なんですよね。
法に忠実なあまり時として暴走する右京さんを止めるのが神戸たち。
その意味では、神戸も亀山も人一倍やさしい<人の心>を持っていた。
右京さんも彼らに感化されて、<人の心>で判断するようになった。

>許されない命ってあるんですか?
難しいテーマですね。
クローンベイビーは法律では<許されない命>。
宗教的にも神の領域を侵す<許されない命>。
原子力を含め、禁断の神の領域にたどりついた科学をどう考えるかは、現在の重要なテーマでしょうね。

コメントを投稿

推理・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

相棒ten (AKIRAのドラマノート)
最終回スペシャル「罪と罰」の感想&総括
『相棒season10』 最終話 「罪と罰」 (英の放電日記)
 クローン赤ちゃんを巡る様々な思惑、そして、尊君(及川光博)の退場劇がメインで、推理モノとしては、殺害状況と黒いコートの移動の謎ぐらいで物足りなさであったが、却って焦点がはっきりしてよかったのではないだろうか?  あと、切羽詰った状況で、尊に右京(水谷....
相棒 ten(season10)最終回スペシャル「罪と罰」 (のほほん便り)
最終話は、随分、チャレンジ精神。大胆なテーマをもってきましたね。“クローン人間”の是非とは… (同局の「聖なる怪物たち」は代理母・問題だったので、それ真っ青) でも、オハナシ自体はシンプル。クローン技術に対する、倫理的問題、見解の相違がストーリーの柱...
「相棒 ten」第19話(終) (日々“是”精進! ver.A)
神戸、異動… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203220000/ 相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック 池 頼広 avex io 2011-11-30 売り上げランキング : 29679 Amazonで詳しく見る b...
相棒ten(Season10)第19話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
最終回特別拡大2時間超スペシャル「罪と罰」2012年3月21日(水)8:00~10:09pm ※いつもより1時間早いスタート シーズン10もついにクライマックス! 神戸尊が特命係を卒業する最終回は絶対に見逃せない! バイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子(真野響子)が...
相棒 SEASON10 テレ朝(3/21)#19終 (ぬる~くまったりと)
第19話 最終回 罪と罰 公式サイトからバイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子(真野響子)が、文科省に呼び出され、娘の茜(浅見れいな)を使いクローン人間を作っていることを認めた。何者かが告発文を文科省に送り付けたらしいが、クローン人間が誕生すると...
相棒season10 第19話最終回スペシャル 罪と罰 (レベル999のgoo部屋)
『罪と罰』 内容 何者かが、バイオテクノロジー研究所でクローンを研究している研究者を告発。 文部科学省の但馬は、嘉神郁子(真野響子)を問い詰めていた。 娘・須賀茜(浅見れいな)が再婚もしていないのに妊娠をしていると。 1年ほど前に夫・貴明と息子・瑠偉を事....
相棒感想 相棒 Season ten 最終話スペシャル「罪と罰」 (往く先は風に訊け)
「存外ずるいですねぇ君は・・・君に人殺しをさせる訳にいかないじゃありませんか」
【相棒 Season 10】 最終回スペシャル:「罪と罰」 (仙丈亭日乘)
尊:「では、またいつか・・・どこかで」
ドラマ「相棒season10」最終回スペシ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
私がドラマを見ていて、感想を書いてないシリーズの代表作(^^;)でも、今回はシリーズ10の最終回ですし、いよいよ及川さんの卒業ですからね。感想だけでもということで。なの...
ドラマ「相棒season10」最終回スペシャル「罪と罰」感想 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
私がドラマを見ていて、感想を書いてないシリーズの代表作(^^;) でも、今回はシリーズ10の最終回ですし、いよいよ及川さんの卒業ですからね。 感想だけでもということで。 なので詳しいあらすじは今回は書きません。 序章のあらすじは公式サイトでどうぞ....
相棒10最終話(3.21) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
『罪と罰』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 嘉神隼人@窪塚俊介という青年の刺殺体が発見され、 隼人の母嘉神郁子@真野響子が自分が殺害したと自首してくる。 郁子はバイオテクノロジー研究所でクローンの研究をしていた人物、 一方、隼人はクローン人間が誕生しよう...
相棒season10 (最終回特別拡大2時間超スペシャル・第19話 3/21) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
10/19からテレ朝で始まったドラマ『相棒season10』(公式)の最終回特別拡大2時間超スペシャル『罪と罰』の感想。 予想以上の肩透かし… 前回が右京(水谷豊)と尊(及川光博)の相棒コンビとして...
【相棒ten】最終回感想と視聴率最高&ストロベリーナイトと比較 (ショコラの日記帳・別館)
最終回(第19話)の視聴率は、シーズン10で初めて20%を超え、20.5%(関東
「相棒season10」最終話 (またり、すばるくん。)
最終話「罪と罰」 視聴率20.5%    
相棒season10:第19話 感想 (ホワイト・メモリー)
『罪と罰』 3日遅れの最終回スペシャル感想です。遅れた理由はもうめんどくさいので言わない。だって言い訳になるから。 気が向いたらどこに出掛けてたかは別の記事設けて語ろうかなと思いますが。 ではさっさと今週の感想行ってしまいましょう。 ...
神戸の相棒も・・・ (笑う学生の生活)
ドラマ「相棒」シーズン10を見ました。 テレ朝にて 水曜9時にやってました もう 10回目となると毎話のストーリーも安定感 そして 杉下・神戸のコンビは良い感じになっきて 今回は過去キャラの再登場が目立った感じがありましたね おなじみ陣川くんや映画版米沢の相棒...