平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

ウトウヨにはなりたくないっ!~つーか、今、闘うべきは『右と左』でなく『上と下』の闘いだよな

2020年02月05日 | 事件・出来事
 以前、評論家の上念司が次のようなことをツィートして話題になった。

『左翼が嫌がることを列挙します。
 皆さんだけでなく、周りの人も巻き込んでガンガンやりましょう。
 ・初詣、地鎮祭、〇〇祈願
 ・お盆と正月に帰省して墓参り
 ・法事
 ・盆踊り
 ・節分に豆まき
 ・七五三
 ・運動会、学芸会
 ・入学式、卒業式で君が代熱唱
 ・A新聞縮小団入団』

 これが上念の左翼の認識なのかよw
 いったい、どこの世界に住んでるんだ?
 いったい、誰と戦ってるんだ?
 左寄りの人でもこれらをフツーにやってると思うぞw
 まあ、確かに君が代熱唱はしないと思うけどw
 あの曲をどう熱唱するんだ?
『A新聞縮小団』ってのもなあ……。
 おそらく朝日新聞以外に戦うべき敵はいると思うけど。

 上念司はネトウヨの親玉のようなものだが、こんな言動を見てるとネトウヨにはなりたくないと、つくづく思う。
 こんな上念が安倍晋三を必死に応援しているのを見ると、安倍もやっぱりヤバいやつだと思う。
 …………

 さて、ネットには在野のすぐれた論客がたくさんいる。
 たとえば、ネトウヨを論評したこんな言葉。

『夜寝て朝起きて脳の立ち上げのしょっぱなから物事の判断基準が韓国か否か、
 反アベか否か、親日か反日か否か、パヨクか保守か否か
 こんなキチガイマインドで一日過ごしてるようなキチガイどもがいる限り
 日本はマジでよくならんわな。こういう低脳使って同じような低脳だますやり方で
 為政者やりたいほーだいなってるし』

 これにはパヨク批判も入ってるんだけど、
 特にネトウヨの『韓国憎し』の闘いって、ほんと人生の無駄だと思う。
 人生は短いんだから、もっと他のことに時間を使えよ。
 憎しみの中で生きるのはそれなりの存在意義を感じるものだが、消耗するぞ。
 こんな言葉もあった。

『左右の硬直した二分率で日本社会を語りたがるやつは、上級下級という本来の格差を隠蔽しようとするやつ。
 典型的な安倍一神教』

 僕もそう思う。
 今、闘うべきは『右と左』ではなく『上と下』の闘い。
『上』とは具体的には、大資本(たとえば経団連)であり、既得権者であり、新自由主義者。
 上の連中が上の体制を擁護するのはわかるが、下の人間が上の体制を賛美するのは滑稽以外の何ものでもない。
 その上の連中の利益のために働いているのが安倍晋三。
 上の連中は自分たちを擁護している下の人間を見て、
「バカだ」
「一生俺たちの奴隷として奉仕しろ」
「韓国は嫌いでも私たちを嫌いにならないで下さい!」
 と笑ってるぞ。

 まあ、これも僕の妄想かもしれないんだけどね。
 安倍晋三や上の連中がこんなことを言っているのを聞いたわけではないので。
 気をつけよう。
 上念司みたいなバカにはなりたくない。

 とは言え、
 現在が『右と左』でなく『上と下』の闘いであることは確かだ。
 現に上の連中はますます肥え太り、庶民はどんどん貧乏になっている。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 麒麟が来る 第3回「美濃の... | トップ | 相棒18 「善悪の彼岸~深淵... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネトウヨは自業自得 (半沢)
2020-02-05 18:08:57
コウジさん 今晩は。

記事の作成 、 お疲れ様です。

私も ネトウヨにはなりたくないです。
ネトウヨは 何時も嫌韓と安倍晋三応援ですから、まったく意味が無いと言いますか
的外れの人間ですよ。 安倍晋三なんか 野党議員に対して 「人間としてどうか」 とか
「噓つき」 呼ばわりする訳ですからね。 あんたもそうなんだよ! と言いたいです。
この 嘘誤魔化し、はぐらかし、開き直り、あるものを無いものにする、隠蔽
野郎って言うのは 安倍晋三だ! と突き付けてたいです。

そう言えば、上念司もネトウヨですが 高橋洋一、青山繫晴、百田尚樹なども
同類項ですよね。あ、竹田恒泰と武田邦彦もそうでした。 よくまあ こんな連中が
いるものです。

子供総理 (コウジ)
2020-02-06 09:59:10
半沢さん

いつもありがとうございます。

安倍晋三の国会答弁を聞いていると、頭がおかしくなりますよね。
論理的な説明を出来なくて(というか何を言ってるかわからない)、ムッとすると感情的にわき散らす。
完全に子供です。

こんな男が総理大臣かと思うとあっけにとられると同時に哀しくなるのですが、自民党の内部にこれではダメだと考える人間はいないんですかね?

以前は国会中継を録画で見ていたのですが、頭がおかしくなるので見ていません。

コメントを投稿

事件・出来事」カテゴリの最新記事