平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

サウンド・オブ・ミュージック

2009年05月05日 | 洋画
 ひさしぶりに「サウンド・オブ・ミュージック」を見た。
 20代の時にリバイバルを劇場で見て圧倒された作品だったが、それは今でも変わらない。
 そう言えばこの作品の舞台であるオーストリアのザルツブルグにも行ったっけ。
 DVDを買いに行こう。

★まず思うのはジュリー・アンドリュースの歌の凄さ!
 彼女の歌声には<快>がありますね。
 聞いていると気持ちよくなる。元気になる。
 「私には自信がある」「ドレミの歌」でザルツブルグの街を飛び回るジュリー・アンドリュースのマリア先生。
 躍動感があって本当に素敵です。

★トラップ家の長女リーゼルとその恋人が歌う「もうすぐ17歳」は青春の歌。
 「君には分別のある年上の男が必要だ」と歌う恋人にリーゼルは「私には分別のある年上の男性が必要だ」と返す。
 庭のテラスでふたりで踊る姿も青春そのもの。
 若さの喜びに溢れている。

★楽曲「エーデルワイス」は作劇の中で効果的に使われている。
 ひとつはトラップ(クリストファー・プラマー)が7人の子供たちと心を通わせる瞬間。
 それまでは厳格だったトラップ。子供たちには笛で命令。軍隊の様な家族。
 そんな父と子が「エーデルワイス」という歌で結ばれる。
 歌は人を繋ぐ。
 歌をいっしょに歌うことは人と人を繋ぐ。
 なおこの「エーデルワイス」は物語のクライマックスでも効果的に使われている。
 ネタバレになるので書かないが、この歌が繋いだものとは?
 実に感動的だ。

★楽曲「すべての山に登れ」はこの作品のテーマ。
 この歌を歌う修道院の院長はトラップへの気持ちに迷うマリアにこう諭す。
 「神に愛を注ぐだけが信仰ではありません。あなたの豊かな愛をどこに注ぐのかを考えなさい」
 「立ち向かうのです。自分の道を探しなさい」
 そして歌い始める修道院の院長。

 ♪ すべての山を登れ 
   谷や川を越えて
   すべての山を登れ 
   脇道も試してみなさい
   虹を追っていけば夢は見つかるはず 
   あなたの愛を注げる夢を
   あなたの人生を捧げられる夢を見つけなさい ♪

 実に見事なメッセージです。
 この作品を見ると元気を与えられますね。
 音楽の力で、物語の力でエネルギーを充てんされる。
 ザルツブルグやアルプスの山々もきれいだし。
 未見の方はぜひ見てほしいです。
 これを見ないのは人生の損。

※追記
 場面転換も見事。
 幸せなマリアの結婚式の後に続く映像は、ザルツブルグの街に掛けられたナチの旗。
 幸せから一転、暗い世界に突き落とされるのだ。
 山から谷へ。
 見事な作劇です。



コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 天地人 第18回「義の戦士たち」 | トップ | 小島よしお復活!? »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マリアと子供たち (TEPO)
2009-05-06 11:35:30
コウジさん、大河以外で再びこんにちわ。

>ひとつはトラップ(クリストファー・プラマー)が7人の子供たちと心を通わせる瞬間。

「サウンド・オブ・ミュージック」は私がセレクトしてハマった映画の一つです。ご指摘の父子の心の通い合いもそうですが、主人公マリアが、亡き実母を愛する余り家庭教師を拒絶し続けていた子供たちの一人一人と、そして遂にはトラップ大佐とまでと心を通わせてゆく、という物語全体が「心の通い合い」のドラマだからです。

名作劇場のアニメでも「トラップ一家物語」がありましたが、こちらもハマっておりました。

マリアさんもトラップ一家も実在の人たちですが、子供たちの名前など(実在の人名が使われているようです)から見てアニメの方が事実に忠実に作られているようです。
修道院長と大佐の婚約者 (TEPO)
2009-05-06 12:53:57
>この歌を歌う修道院の院長はトラップへの気持ちに迷うマリアにこう諭す。

修道者の上長にとって、自分の指導のもとにある人、特に若い修道志願者たちに、自分が歩むべき道(「神の意志」)を正しく見出せるように導くことは何よりも重要なつとめとされています。

しかし、トラップ大佐の側では、彼のマリアへの気持ちをはっきりさせたのは、皮肉にも彼の婚約者(映画では「シュレーダー男爵夫人」、アニメでは「ベルベデール伯爵令嬢イヴォンヌ」)でした。映画でもアニメでも、一見マリアにとっては敵役に見えながら、結局二人を結びつけるという、自分自身にとっては悲しい役回りを実に聡明に果たしていたのが印象的でした。
カーテンで洋服を作る (Nolly Chang)
2009-05-06 21:39:52
こんばんは。
私もこの映画大好きです。
こまかいところはすっかり忘れていて、コウジさんの記事を読んで思い出してました。
私はマリアがカーテンで洋服を作って、子供たちが目を輝かせて喜ぶシーンが好きです。
GW中にちょうどこの映画を思い出していたので、私も記事を書きました。TBはちょっとためらわれましたが、してしまいますね。
心の通い合い (コウジ)
2009-05-07 09:42:53
TEPOさん

大河に続き有難うございます!
ハマりますよね、この作品。

トラップと子供たちの心通わすシーンでは言葉や理屈はないんですよね。
「エーデルワイス」の歌のみ。
子供たちの歌にトラップが入ってくる。
それだけで心を通わせてしまう。

また「あなたはこの家に音楽を取り戻してくれた」とトラップはマリアに言いましたが、きっとお母さんが生きていた時は音楽に溢れた家庭だったんでしょうね。
そんなことを感じさせてくれるいいシーンでした。

男爵夫人は子供たちとボール遊びをして拒絶されても「楽しい」と言って遊びを続けた所が可哀想でしたね。
自分になつかない子供たちを「寄宿学校に入れる」と言いながら結局は自分が身を退く。
男爵夫人の人物造型も見事でした。


カーテン (コウジ)
2009-05-07 09:52:47
Nolly Changさん

Nolly Changさんもお好きでしたか。
カーテンで遊び着を作る。
マリアらしい行動ですよね。
父親の用意した服との対立にもなっている。
見事な小道具です。

この作品にはこうしたイメージがいっぱい詰め込まれている。
子供たちとマリアが嵐の日に歌う「わたしの好きなもの」も好きです。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

カーテンにまつわる話 映画「サウンド・オブ・ミュージック」 (オレンジの太陽)
GW中、少なくとも1日は大掃除にあてるのが恒例。 今年は前半にがんばりましたよ!