平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

おんな城主直虎 第30回~綿布、木材、気賀があるのに、井伊家の財政はまだ盤石じゃなかったのか

2017年07月31日 | 大河ドラマ・時代劇
 井伊の財政は徳政令が出れば破綻してしまうほど、まだ盤石じゃなかったのか……。
 <綿布の商い>
 <木材の商い>
 <気賀>
 財政的には、結構、潤っている感じだったんだけど。
 直虎(柴咲コウ)の経済政策は道半ばだったってことなのか?

 利で動く者は利で転ぶんですね。
 瀬戸方久(ムロツヨシ)のことだ。
 まあ、NOと言えば殺されてしまうかもしれない状況だったので、仕方ないと言えば仕方ないのだが。
 だけど、氏真(尾上松也)にはYESと言っておいて、直虎には「実は……」と打ち明けてほしかった。

 一方、〝利〟で動かなかったのは領民たちだ。
「徳政令は望まんに!」「徳政令は望まんに!」
 蹴られても小突かれても、この言葉を叫び続ける。
 直虎と領民たちは〝信頼〟で結ばれている。

 〝信頼〟で結ばれていると言えば、政次(高橋一生)もそう。
「俺を信じろ、おとわ」
 政次が「おとわ」と呼ぶときは、彼の本音が表れる時。

 直虎と政次の囲碁は毎回の定番。
「井伊が潰れれば、民たちは今川の兵になる」
「戦う相手は武田、いや徳川」
「だが井伊はその徳川とは通じておる。ならば……」
「敢えて井伊を潰して今川の懐に入る」
「そして関口の首を上げる」
「それを徳川に差し出せば」
「井伊は……」
「井伊はよみがえる」

 彼らは将棋の藤井聡太四段のように何手も先を読む。
 しかし、これは定石ではない、かなりリスキーな手。
 些細なミスで崩れてしまう。
 同時に、読みどおりに行かないのが人の世でもある。
 実際、領民たちが「徳政令は望まんに!」をやってしまった。

 これから話が暗くなっていきそうだな~。
 直虎の真価が試される時でもあるんだけど。

 さて、「俺を信じろ、おとわ」と言った政次にはどんな策があるのか?

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ版「心が叫びたがって... | トップ | 籠池砲炸裂!~「逮捕後公開... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ストイックな恋愛ドラマ (TEPO)
2017-08-04 17:31:37
「缶詰め状態」の出張から戻り、先ほど録画を見ました。

>これから話が暗くなっていきそうだな~。

いよいよ政次が原田甲斐・スネイプになるときが来たようですね。もっとも酒井忠清・ヴォルデモートのように敵(寿桂尼・氏真)を欺き切れていない分、味方にも理解者がいるように思いますが。

ここに来て森下さんの構図がかなり見えてきた気がします。
第一に「軍事よりも経済」というコンセプト。
今川による井伊「粛正」もこの手できましたね。

第二に「ストイックな恋愛ドラマ」。
「Jin」では仁先生には現代に「(友永・橘)未来」という本来の伴侶がいるという設定で、ダブルヒロインである咲・野風との間にストイックな恋愛関係を展開させ、さらには咲と野風との間にも美しく揺るぎない友情を描いていました。
本作は男女を入れ替える形で、「尼僧」という立場でストイシズムを担保しつつ、直親、政次、龍雲丸というトリプルヒーローを三段式ロケットのように登場させてゆく作戦のようです。

史実に詳しい方のところで、実在する龍雲丸のモデルはれっきとした武将だった、という記事を見た記憶があります。
これは、清純な「お武家のおひいさま」(咲)と最高位とはいえ「遊女」(野風)という形で二人のヒロインに対極的な性格付けを与えたのに対応しているのかもしれません。
毛並みのよい「若殿」(直親)と対比させるために敢えて龍雲丸を「盗賊の頭目」としたのでしょう。
また、直虎今後の雌伏期間を支えるためにはアウトロー的な人物の方が好都合なのかもしれません。

今回の二段目(政次)と三段目(龍雲丸)との協力プレーは27話での伏線回収ですが、これも政次の余命が少なくなってきた兆候かもしれません。
ただし、ここ1~2回という雰囲気でもなさそうなので、ざっと見積もって「あと一ヶ月」というところでしょうか。

ただ、何度も繰り返していますが、仁先生に現代医学があったように、主人公の直虎に何か強力な「取り柄」がほしいところです。
本作では「戦国武将」としての合格点がつけられるのは政次(あとは南渓和尚?)くらいで、直虎も井伊家の人々も戦国の世を生き抜くにしては何とも「甘ちゃん」。
まあ、本来は「尼さん」なのだから仕方が無いのでしょう(笑)。
作家と過去作品 (コウジ)
2017-08-05 11:49:08
TEPOさん

いつもありがとうございます。

>直虎も井伊家の人々も戦国の世を生き抜くにしては何とも「甘ちゃん」。
>まあ、本来は「尼さん」なのだから仕方が無いのでしょう(笑)。

上手い! 笑いました!
確かに直虎には何か「取り柄」がほしいですよね。
ちなみに同じ森下佳子脚本の『天皇の料理番』の主人公は、村の鼻つまみ者でしたが、料理の腕だけは一流なんです。

>清純な「お武家のおひいさま」(咲)と最高位とはいえ「遊女」(野風)
>毛並みのよい「若殿」(直親)と対比させるために敢えて龍雲丸を「盗賊の頭目」
作家というのは、過去の作品を何らかの形で引き継いでいるんでしょうね。
ご指摘の(咲)(野風):(直親)(龍雲丸)の構図はまさにぴったり。
物語に〝経済〟の要素を入れたことは、今作の斬新さですが、「JIN」「天皇の料理番」を越えるプラスアルファをつけ加えることが出来るかどうかが今後のポイントでしょうね。

コメントを投稿

大河ドラマ・時代劇」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

【おんな城主 直虎】第30回「潰されざる者」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主直虎 第30回 潰されざる者 (事務職員へのこの1冊)
第29回「女たちの挽歌」はこちら。 前回の視聴率は11.9%と下降。そしてもう30回に達している。このままだと低調な大河との烙印を押されて終了か。よく考えたら今回は回想でしか浅......
大河ドラマ『おんな城主直虎』第三十回 (レベル999のgoo部屋)
「潰されざる者」内容武田との戦が避けらぬ状況となり、氏真(尾上松也)は国衆に戦備えを命じる徳川と通じつつも、直虎(柴咲コウ)は戦支度をはじめる。 一方、気賀に新しい蔵......
おんな城主 直虎 30話「潰されざる者」 (昼寝の時間)
公式サイト武田との戦が避けられない情勢となった駿府では、今川氏真(尾上松也)が国
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #30 潰されざる者 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
今川が滅亡へのカウントダウン。 その前に、今川の最後のあがき。