平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

『即位礼正殿の儀』を見て、「大日本帝国は、萬世一系の天皇皇祖の神勅を奉じて永遠にこれを統治し給う」にならなきゃいいなと思った

2019年10月25日 | 事件・出来事
 そう言えば、『即位礼正殿の儀』というのがありましたね。

 十二単とか高御座、御帳台とか文化的には面白かった。

 安倍晋三は「天皇陛下萬歳! 萬歳! 萬歳!」
 これに併せて自衛隊の礼砲が21発!
 なるほど、これが保守と言われる右派の見たい風景なのか。
 ちなみに、万歳三唱は英語で「Three Cheers」と訳されるらしい。

 一方、安倍昭恵氏はドレスコードをわきまえない袖がラッパのようなドレスを着て大ひんしゅく(笑)
 夜の『饗宴の儀』では訪問着の和服を着ていたとか。
 昭恵、なかなかロックだぜ!

 安倍晋三も敷居を踏んで「萬歳」をしたとか。
 確かに写真で確認すると、安倍が踏んでいる場所の先には戸があるから敷居だよね。
 坂東眞理子さんの『礼儀作法としきたり』によると、敷居を踏むのは「その家の主人の頭を踏みつけること」らしいから、晋三もなかなかロックだぜ!
 この夫婦、何だかんだでツッコミ所満載だ。
 ……………

 昭和12年に文科省が刊行した『国体の本義』という156ページの冊子がある。
 ここに書かれているのは──
「日本文化は西欧文化に優る」
「個人主義を排し皇民一体となる」
「武は文化をつくってきた」

 冒頭にはこんな記述。
「大日本帝国は、萬世一系の天皇皇祖の神勅を奉じて永遠にこれを統治し給う。
 これ萬古不易の国体である。
 而してこの大義に基づき、一大家族国家として億兆一心聖旨を奉体して、克く忠孝の美徳を発揮する」

 つまり『日本は天皇の統治する国』であり『国民は天皇の臣民である』という内容だ。
 これが戦前では当たり前のこととされ、教科書にも書かれていた。

『天皇機関説』という論もあったが、
「国体の本義を明徴にし人心の帰趨を一にするは刻下最大の要務なり。
 政府は崇高無比なるわが国と相容れざる言説に対し直に断乎たる措置を取るべし」
 という衆議院の決議のもと潰された。
 国民の中も、
「天皇陛下を機関車にたとえるなんてとんでもない」
 と怒る人がいたらしい(笑)

 かくして戦前の日本は、この『臣民意識』に変えられていくわけだが、2020年の現在は大丈夫かね?
 これに共感する人が結構いそうな気がするんだけど。
 たとえば『即位礼正殿の儀』の時、皇居に虹がかかり、富士山が見えたことを神々しい特別なことと考えた人がいたらしいし。

 まあ、現在の天皇陛下も上皇陛下も天皇がそのような存在になることを望んでおられない思うけど、戦前回帰を望む人たちは一定数いて布教活動に余念がない。
 令和日本、どこへ行く。


※参照
 保阪正康著『昭和史7つの謎』講談社文庫

コメント (4)