平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

いだてん 第38回 「長いお別れ」~すべての言葉が「バンザイ!」に塗り替えられるファシズムの時代がやって来た……

2019年10月07日 | 大河ドラマ・時代劇
 オリンピックが国や政治に侵食されている。
 なぜギリシャから火を運ぶのか? 聖火リレーではなく神火リレーにしよう!
 1000トンの鉄骨は駆逐艦などに使うから競技場は木造にしよう!
 かなりズレている。

 今の2020年のオリンピックもかなりおかしくなってるけどね。
 熱中症対策で降雪機で雪を降らせよう!←機械の熱風と湿度で熱くなるだけ!(笑)
 朝顔の鉢を置こう!(笑)
 早朝の競技のボランティアの方はどこかで徹夜してくれ!
 待機場所は用意するけど、地べたで寝てね!
 …………

 個人の言葉や思いが封殺されるのもファシズムの時代だ。

 出征する小松勝(仲野太賀)の壮行会。
 りく(杉咲花)の父親・増野(柄本佑)は「娘を幸せにできなかったじゃないか!」と乗り込んでくるが、最終的には、
「小松勝君、バンザイ!」
 四三(中村勘九郎)たちも『自転車節』を歌っていたのに、最後には「バンザイ!」
 しかも、この「バンザイ!」は心からの叫びではない。
 皆、心の中で泣いている。

 それは学徒出陣の神宮外苑競技場でも。
 皆がさまざまな思いを持っているにも関わらず、
「バンザイ! バンザイ! バンザイ!」
 の一色になる。

 完全に『言葉の多様性』が失われた時代ですね。

 朝日新聞の壁にはこんな言葉。
『新聞報国』『新聞は兵器なり』
 すごい言葉だな。

 そんな中、気を吐く人物がふたりいる。

 志ん生(森山未來)は『禁演落語』の演目を見て、
「お上の顔色うかがいながら芸人やってられるか!」

 現在、愛知トリエンナーレの件でアーティストが怒っているけど、要するにこういうことだ。
「お上の顔色うかがいながら芸術やってられるか!」

 田畑政治(阿部サダヲ)も──
「総理大臣に頼むんだったら戦争じゃないの!?
 戦争やめてくれって言えないの!?」

「こんなに入るのならオリンピックできたじゃねえか!
 オリンピックやってりゃ、こんなことには!」

 しかし、こんなふうに緒方竹虎(リリー・フランキー)からたしなめられることも。
「田畑、ウソでも喜べ」

 国家は時として、個人に牙を剥く。
 個人の思いや言葉を踏みにじる。

 牙を剥いてからでは手遅れなので、そうなる前に対処しておかなくてはならない。

コメント (2)