えんたんと読書

2015年開設。当初は書評用ブログとして始めましたが、読書法や日刊コラムなど、読書関連の思いを自由に発信しています。

水滸伝 3巻 輪舞の章 北方謙三

2017-04-25 17:10:58 | 水滸伝


前巻では、梁山泊が形になったところで終わり、本章で集結するのかなぁと思ってましたが
まだみんなばらばらのままです。

二竜山や少崋山などなど、梁山泊外のネットワークを緻密に描かれているのが他の作家の水滸伝にない面白さなのだろうなと思います。

これらがどう連携していくのか?

そして遼に向かった魯智深は何をしでかすのか!?(こんなシーン原作にあったっけ?)

次巻のお楽しみ。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 営業の赤本 ジェフリー・ギ... | トップ | 水滸伝四 道蛇の章 北方謙三 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水滸伝」カテゴリの最新記事