ハシケンの写真日記。

四季おりおりの草花、風景のあふれる
自然を写真日記にしてみたいと思います。




希望ヶ丘団地(郡山市)

2009年11月21日 15時25分40秒 | 地元を語る

希望ヶ丘団地(旧住宅地)


戦後、引き揚げ者の住宅がなく、軍事施設跡地を住宅として住ませた。
それが希望もって戦後の困難を乗り越えようと言う事から「希望ヶ丘」
という地名がついた。戦後60数年経った今でも、だいぶ古い住宅は
壊され整備が進んで中高層の団地に変わってきた。でも今でもまだ住ん
んでいる住民がいます。皆高齢者が住んでいる。その模様を見て来た。
昔の公営の住宅は小さいマッチ箱みたいです。一戸建てで庭もあり狭い
庭に野菜など栽培している。軒下に干し柿をつるしている懐かしい子供
の頃を思い出します。でも住んでいない住宅も結構ありました。
もう数年で完全にこうした住宅は無くなるでしょう。


昔の住宅は一戸建てで小さい造り。

住宅の玄関。

住宅に貼り付けたコーラの広告。年代物に感じます。

住宅に納屋などたし増ししている壁面に公明党のポスター。


庭先に植えられた柿の木で住宅が覆い被された。

空き地に野菜畑を作っています。

軒下に干し柿が吊るされています。

空き地に花など植えらられて花壇にしている。

住宅の通り道。空き地に車を止めている。

空き地に咲いていた。


近年跡地を整地してこのように中高層団地になりました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磐梯熱海散歩その2. | トップ | 寒くなりました。(11月2... »
最近の画像もっと見る

地元を語る」カテゴリの最新記事