遠藤雷太のうろうろブログ

何かを観たら、とにかく400字または1000字以内で感想を書きつづるブログ。

ミュージカルユニット もえぎ色『海賊ブラボー』

2017-02-19 00:21:47 | 演劇を見てきた

2017/2/18

街のチンピラが、元海賊の父親に憧れて、自らも海賊となり起死回生の宝探しに挑む話。

タイトルのキャッチーさがすごい。

出演者はほぼ女性で歌って踊る宝塚形式。

札幌サンプラザには初めて入った。近所なのに。

かでる27と同じくらいのサイズ。

大きな会場で大勢のキャストが客席も積極的に使って盛り上げる。

小さな子も出てくるけど、わかってて踊っている子と、あんまりわかっていないで手足を動かしている子が両方いてかわいい。

どっしりした装置に、華やかな照明や音楽、大勢のキャストが派手な衣装で歌って踊る。

各セクションで必要なやりとりの量を想像すると気が遠くなる。

大人の役者さんも、しっかりしたスタッフワークに堂々と乗っかっていいて、祭りを盛り上げている。

高めのヒールで殺陣はかなり大変。

社会人と演劇との付き合い方として、こういう形もあるんだなと思いながら見る。

話が終わった後のレビューが結構なボリューム。

コメント   この記事についてブログを書く
« スイス銀行『おっぱい博士』... | トップ | Pityman『けいすけくん地獄』... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇を見てきた」カテゴリの最新記事