遠藤雷太のうろうろブログ

何かを観たら、とにかく400字または1000字以内で感想を書きつづるブログ。

2010北海道マラソン⑦

2010-09-04 21:20:24 | 北海道マラソン
40kmの関門を閉鎖30秒前に抜けたと思い込んでいたので、興奮しながら走る。興奮しながら歩く。また走る。
あと2.195km。でも、関門はもうひとつある。
41.6km地点。交通制限の関係だと思うんだけど、ここで切られたら、泣くに泣けない。
ペースも制限時間もまったく分からない。もうすでに40km走っているという達成感はなく、早くゴールしたいという一心でビクビクヨタヨタしながら前に進む。
赤レンガのあたりに例のデジタル時計があったので、「たぶんこれが関門かな?」と思いながら通りすぎる。
確証のないまま、ついに大通公園へ。
自分にとっての「遥かなるセントラルパーク」に到着。
遠くの方にまた黄色いデジタル時計が見える。
それがゴールのような気がするけど、関門だったらイヤだなと思いながら走る。ここまできても半信半疑。
それでも残り100mくらいになると、そこに設置されたモニュメントの「FINISH」の文字が見えてくる。緑に白抜きの文字。疲労がふっとぶ。ここで歩くのはかっこわるい。走る走る走るはしるはしる…。
大観衆(自分を見てるわけじゃないけど)の中、両手をあげ、はにかみながらゴール。
5時間57秒。
勝った、自分に。
ボーイスカウトの人に完走メダルをかけてもらう。
ひたすら水飲んで、おにぎり食べて、荷物受け取る。わざわざ川崎からいらしたというランナーの方に、タイガーバーム(タイ製)を分けていただく。
着替えテントの中で形だけのストレッチをして、しばし放心。日が落ちてくるし、周りの人は減ってくるし、永遠に放心できるわけじゃないので、よたよたテントを出る。
周囲はすっかり撤収モード。
自分は所詮8861人いたランナーのうちの一人だし、今日の興奮だって数日過ぎれば消えてなくなる。完走したことで何かが劇的に変わることもないが、それでも、このタイミングで走っておいて良かった。
このあと、中島公園まで歩いていって「間奏曲」という芝居を観る。完走したあとに間奏曲なんてしょうもないなあと思いつつ、それで走ってる間ちょっと気がまぎれた。
関係者の皆さま、どうもありがとう。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2010北海道マラソン⑥ | トップ | 2010北海道マラソン おまけ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジャスミン)
2010-09-05 00:10:46
ドラマを見ていたような気がします。遠藤さんの経験から生まれてくる言葉は心に響くものがあります。たくさんの感動を頂きました。ありがとうございました。
完走おめでとうございます。 (runrarun)
2010-09-05 07:07:51
最後のランナーのゴールを放送で聴いたのは芝生の上で横になりながらだったか、ふくらはぎがつって動けないでいるときだったか。あの3分前にゴールされてたんですね。
遠藤さんの話をしたらまた家内が悔しがると思うので内緒にしとくかな。
完走おめでとうございました。
ジャスミンさま (エンドー)
2010-09-05 12:20:52
きわめて主観的な文章で恐縮ですが、
喜んでもらえてうれしいです。
コメントというわかりやすい形でかかわってくれたので、励みになりましたよ。
こちらこそありがとうございました。
runrarunさま (エンドー)
2010-09-05 12:32:38
ありがとうございます。
なんとかギリギリ間に合いました。
たしかに最後尾の方とは3分差くらいです。
40km関門10分前に過ぎているなら、もう少し時間のかかっている人がいてもいいような気もするんですけど。
というわけで、なんとか完走できました。
夫婦関係はよくわかりませんが、奥さんにはよろしくお伝えください(笑)

コメントを投稿

北海道マラソン」カテゴリの最新記事