遠藤雷太のうろうろブログ

何かを観たら、とにかく400字または1000字以内で感想を書きつづるブログ。

ひとりごと

2011-09-28 16:57:58 | ひとりごと
2011/9/28

通販で2万円弱の自転車を購入。
CR-7006R-BK(レイチェル700c)。
どうせなら末永く乗りたいし、遠出もしたい。
ただ、慣れないクロスバイクなのでブレーキや変速機などに細かい欠陥があったら気づけない。そんなことを伝えて、近所の自転車屋A店へ点検を依頼すると、「その型番はウチでは扱っていないから」とあっさり拒否。
街中のB店も、あっさりではなかったが断られる。
近所と言うには遠いC店では、「2300円からできるけど、安い部品を使っているので、それらを取替えた場合は1万円近くなるかも。いくらかかるかは見てみないとわからない。取り替えないんだったら見なくても一緒」と言われたので、やめる。
せめて防犯登録をと思い、D店に行ってみると、「防犯登録は買った店でないとできない」と言われ拒否。
通販サイトの説明では、「販売証明書」「身分証明書」「登録料」を持って最寄の自転車販売店へ行くように書いてある。
A店でも防犯登録は可能と言われていたが、最初の印象が悪かったので、別のE店に行ってみると、815円で登録してもらえた。用紙に必要事項を書いて、お金はらっただけ。「販売証明書」「身分証明書」の提示はなし。
ついでに、自転車の手入れ方法を世間話がてら聞こうとしたら、「それは販売店に聞いてください」とのこと。
理由を聞くと、「アフターサービスになるから」との回答。
オイルの差し方聞こうとおもっただけなんだけど、そこまで話をさせてもらえず。しかたないので、自分で調べますと答えて退却。
点検や防犯登録の可否がバラバラなのもたいへん気になるけど、B店以外は、どこも「断る」というよりも「拒否」という感じ。世間話もさせてくれない。
今まで自転車屋さんにお世話になったのは、パンクしたときくらいだったので、そんな気持ちになったことはないけども、これからはそのパンク程度でも自転車屋に行くのがこわい。
それくらい、どの店も対応が冷たい。
通販が悪いのか、買った自転車の種類が悪いのか、自転車屋さんの人間性の問題なのか、あんまり考えたくないけど自分の人間性の問題なのか、よくわからない。
なんなんでしょう、これ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 増島みどり「高橋尚子 夢に乗... | トップ | 黒井克行「夢はきっとかなう」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事