遠藤雷太のうろうろブログ

何かを観たら、とにかく400字または1000字以内で感想を書きつづるブログ。

BLOCH PRESENTS「PROJECT WALTZ」

2019-12-08 23:29:27 | 演劇を見てきた

2019/12/8

・25分くらいの3人芝居を5本。

・合計2時間をこえるものの、どの作品もコンセプトがしっかりしているので、時間ほどの長さは感じない。

・「栄光の~」とタイトルにつけるだけあって、装置凝っている。高村由紀子さんデザイン。

・劇団しろちゃん『ビッカビカ』。いじめの加害者側の話。

・自分の記憶の何かに結びついたらしく「えびせん」で頭に血が上る。

・不快表現がうまかったんだけど、どこまで意図的にやっているんだろう。

・炎上企画『398』。

・どうして三人芝居でシャークネードやろうと思ったのかは謎だけど、わかりやすい。

・もともとB級映画モチーフなので、多少チープに見えてもコンセプトどおりになるのずるい。

・大人の事情協議会『バンドやろうぜ☆77』。

・タイトル的に一番心配だったけど、ここ数年で一番笑った短編演劇かも。自分と完全に同じ世代なのもある。

・裏方能力の高さゆえに、あんまり役者姿を見ることのない濱道俊介くんの一発ギャグがふわっとしてスタート。

・三人が出会う瞬間のリズムの良さ。

・大柄な濱道くんに頭を鷲掴みにされ、長い手足を振り回す三島祐樹くん。言葉じゃないところの掛け合いもいい。

・バカバカしいやりとりの中に差し込まれる、身につまされる具体的なこと。

・それらを、おもちゃの楽器を使った、ヘタウマ一歩手前という絶妙な加減の演奏でまとめている。

・謎場転かわいい。

・星くずロンリネス『スイッチスイッチ』は、ある科学者が人格入れ替わり装置を作った話。

・断片的な情報から全体の構成はわかるものの、三人の入れ替わり、声アテレコで、設定以上に複雑に見える。

・もうちょっとシンプルに役者さんの演技を見たかったかも。

・っぽいけど違う音楽好き。

・えれきとろんどん『アクティブな犬』。

・仮通夜を故人の飼っていた犬とすごす疎遠な親族三人の話。

・思ったより犬がアクティブだった。

・悪趣味の加減が好み。

・一番貫禄のある小林エレキくんがアルバイトというギャップ。

・5作通して、終始、えげつない笑い方をしているお客さんいた。

・「三人芝居らしさ」は、もうちょっと数見ないとわからないかも。今後も期待。

(2019/12/7 19:30の回)

コメント