遠藤雷太のうろうろブログ

何かを観たら、とにかく400字または1000字以内で感想を書きつづるブログ。

メロトゲニ『こぼれた街と、朝の果て。 ~その偏愛と考察~』(TGR2019)

2019-12-03 21:38:26 | 演劇を見てきた・TGR2019

2019/11/27

・気がつくと鎖に繋がれていた男女が、原因究明や脱出を目指して右往左往する話。

・まず、雑な感じでそのへんにいる人たちの記憶を飛ばして一か所に集め、鎖に繋いでみた、という感じの不条理な状況。

・見た目も登場人物の目的もわかりやすく、不条理のオープニングとしても、とても優れている。

・いかにも意味ありげで、目下何の役にも立たなそうなアイテムが箱に入っている。やったことないけど、リアル脱出ゲームってこんな感じだと想像。

・不条理な状況だからこそ、演技はリアル度高め。

・各人が意識を取り戻してから、状況に戸惑い、記憶をたどり、混乱する。そのリアクションを丁寧に描いているので、臨場感を持って楽しめる。

・これだけ設定が強いと、その説明で手一杯になりそうなところ、役者さんの気の利いた演技でエンタメとしての強度も高い。

・氏次啓くんの床ドンとか、白鳥雄介くんのギョッとする姿勢からの話の割り込み方、廣瀬詩映莉さんと片山英紀さんとの掛け合い、「タピッ」などなど。

・深刻な空気を壊せない中でも、うまくスキをついて面白いことを差し込んでくる。

・手数の多そうな演者たちなので演出の取捨選択がいいのかも。

・早めに構造をほのめかしていくのもクレバーな方針。

・食事やトイレの話がうやむやになっているのも、ソフトな伏線。

・情報の小出しの仕方がうまい。設定的には、それこそ「どこにでもある話」なので引っ張る意味がない。

・そして、盛り上がりどころは別にちゃんと用意している。

・コマ切れのセリフが重なっていくところのスピード感。かっこいい。

・判明した状況そのものよりも、判明のさせ方が良かった。

・アキラさんの最後の行動、自分だったら書けない生々しさ。

・多くの人が経験するであろう「どこにでもある話」を、どこにもなさそうな方法できれいに組みなおす。

・遠くの不条理と思って楽しんでいたら、いつの間にかすぐ隣に座っていた感じでヒャッとなる。

2019/11/29 20:00の回)

■CAST
コマチ:原彩弓(メロトゲニ)
アキラ:まちだまちこ(メロトゲニ)
マルカワ:白鳥雄介(メロトゲニ)
ナオユキ:戸澤亮(NEXTAGE)
タカノ:青地洋
サリ:廣瀬詩映莉
アヤメ:西澤香夏(ソラカメ)
ナギ:山田桃子(ブルドッキングヘッドロック)
ハマタニ:片山英紀(劇団ピーチロック)
ショウ:田畑賢人

札幌公演限定キャスト
ユキノ:五十嵐穂
マミコ:泉香奈子(パインソー)
サノ:氏次啓


■STAFF
作・演出:村田こけし(メロトゲニ)
音楽:森脩平(本棚のモヨコ)
振付:めんたいこ(メロトゲニ)
舞台監督(東京):中野雄斗(株式会社ステージワークURAK)
舞台監督(札幌):上田知
照明(東京):川島唯
照明(札幌):高橋正和
音響(東京):島村幸宏
音響(札幌):奥山奈々(Pylon inc.)
舞台美術・宣伝美術:金子ゆり(メロトゲニ)
宣伝写真:金子ゆり(メロトゲニ)奥山奈々(Pylon inc.)
映像:22エモン(トウキョウトガリネズミ)
制作:白鳥雄介(メロトゲニ)岩間麻衣子(大人の麦茶)中野莉久 午来有彩
札幌制作:寺地ユイ(きまぐれポニーテール)鎌塚慎平(木製・ボイジャー14号)主催:メロトゲニ 

※当日パンフ参照(なにぶん手入力なもので誤りがあればご指摘ください)

コメント

OrgofA『Same Time,Next Year -来年の今日もまた-』(TGR2019)

2019-12-03 06:47:48 | 演劇を見てきた・TGR2019

2019/11/28

・既婚者男女の年に一度の逢引を、1951年から25年間、5年ごとに抜き出して見せる二人芝居。

・有名な戯曲だけど未見。コンセプトを聞くだけで想像が広がる。去年のTGR大賞作品『TEA FOR TWO』の元ネタでもある。

・普通の演劇は役者間で協力し合うものだけど、二人芝居は対決要素も強い。役者と役者の演技合戦。

・出演は遠藤洋平さんと飛世早哉香さん。札幌演劇に詳しい人なら、多くの人がワクワクできるマッチメイク。

・こんな感じで見るほうはのんきに盛り上がっていたけど、想像するまでもなくやるほうは大変。

・10分の休憩を除くと130分ちょっと。長い。しかも二人しか出てこない。セリフを覚えるだけでも重労働。

・「絶対笑える」というところもそんなに多くないので、稽古期間中の暗中模索感を想像すると恐ろしい。

・最初のうちは「おまえ(ら)は続けたいのか別れたいのか続けたいのか別れたいのか」というバカップルの痴話ゲンカを見守る楽しさ。

・細かい仕草や言い回しがいちいちおもしろくクスクス笑いながら見ていたので、変なところで笑うタイプの客になってしまった。

・序盤は比較的笑い要素が多いけど、初日だからなのか慎重な入り方に見えた。会話のリズム優先。

・終始会話が心地よく、何なら上品な感じもする。こういうベース作りは演出の増澤ノゾムさんの調整だと思う。

・WS受けた人ならもうちょっと深く見られるのかな。

・基本的に、「笑い」要素は長時間持続させられないけど、「心地よさ」なら可能だと思っている。

・かと言って簡単にできるわけじゃないのは言うまでもなくて、愛聴するラジオ番組のようにいつまでも聞いていられる掛け合いができるのはすごいこと。

・結局、対決というより、支えあうように、二人で難局を乗り越えたような感じ。公演期間中にもう一伸びしてそう。

・あと、最後の年、ピアノの上に花瓶を置くドリスが照明の加減もあって油絵みたいな美しさだった。

・年を重ねたことを老けメイクではなく、より美しく見せることで表す演出の方針におののく。

・理屈で考えても、お互いの主観で見ていると解釈すればおかしくない。ゆったりとした動きもきれい。

・当時現地の世相がわかると、もう少し深く楽しめるんだろうなとちょっと悔しい気持ちになった。

(2019/11/28 20:00の回)

※OrgofAは「おるおぶえー」と読む。三回くらい続けて音読すると覚えられます。
 

■CAST
ジョージ:遠藤洋平
ドリス:飛世早哉香

■STAFF
舞台監督:植津恵
制作:小川しおり(劇団fireworks)
舞台:高村由紀子
照明:秋野良太(秖王舎)
音響:大谷岱右(DACT)
衣装:丹野早紀
小道具:大川ちょみ
宣伝美術:後藤カツキ 飛世早哉香
アドバイザー:町田誠也(劇団 words of hearts)
著作権代理:株式会社シアターライツ

作:バーナード・スレイド
訳:青井陽治 堤孝夫
演出:増澤ノゾム

※当日パンフ参照(なにぶん手入力なもので誤りがあればご指摘ください)

コメント