漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)
http://kampo.no.coocan.jp/

トウネズミモチ(女貞子)と二至丸(にしがん)

2009-12-22 | 薬草・生薬
今日は冬至。
冬至のころに収穫される生薬として有名なのが、この『女貞子』
「おんな、さだこ」ではなくて、「じょていし」と読みます。
モクセイ科のトウネズミモチの成熟果実。

その昔の中国で、百歳を超えているにもかかわらず、
耳鳴りや目のかすみもなく、髪も黒々として足腰も達者な老住職がいたそうな。
長寿の秘訣を聞くと、寺の庭にある女貞という樹を指さして
「女貞の実を蜂蜜とお酒に混ぜてから蒸して食べるとよい」と答えたとか。

寺の庭でなくても、公園の樹木として植えられていたりするので、
今頃ちょっと目を凝らせば見つけることができます。

そして、
『おんなさだこ』と『タカサブロウ』を合わせた、粋な(?)処方があります。
冬至に収穫する「女貞子」と、
夏至に収穫される「旱蓮草(かんれんそう)」
(日本ではタカサブロウという名で知られている。)
まるで「ロミオ&ジュリエット」のように運命を感じる組み合わせ。
(というよりやっぱイメージは「お富と与三郎」って感じ?)

冬至と夏至を合わせたのでその名も『二至丸(にしがん)』

女貞子:肝腎を補い、腰膝を強める。
めまい、耳鳴り、頭髪やひげの白くなるのを抑える
など『肝腎陰虚』症状に用いる
旱蓮草:血を涼め、止血作用がある。
髪の毛を黒くする。肝腎陰虚に用いる。

この二つを合わせた二至丸は、
更年期の不快症状や不妊症対策にも用いられています。
早期の白髪にも。
日本では、サプリメントとして『二至丹(にしたん)』の名前で発売されています。
360粒 4,200円(税込)

漢方周期調節法を行っている当薬局の経験では、
たとえば、低温期が短め、卵胞の発育がしっかり行われにくい、おりものが少ない、といった状況に、二至丹を利用するとなかなかいい結果がでています。


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
女性のための漢方対策
肌トラブルの漢方対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« のだめカンタービレ最終楽章... | トップ | パソコン修理入院中。来年も... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういわれると・・・ (よの字)
2009-12-23 17:29:07
あはは!そう言われると「おんなさだこ」としか
読めなくなってきました(笑)。

それにしても二至丸、人間の叡智を集めたような
漢方ですね!
実は30台後半から、すでに白髪がひどい私。
飲んでみようかしら?
まだ間に合うかしら?
よの字さん、まだまだ (やく)
2009-12-24 17:33:41
人生まだ先が長い。
ずっと若々しくいたいですよね。

「おんなさだこ」と入力すると一発変換なんです
おかげでばっちり覚えてしまった生薬名です。難しそうな名前の生薬が、思いのほか身近にあるって楽しいです。
貞子にあやかりたいです ()
2009-12-24 18:50:41
女・貞子・・・怖いですねー!

ハンパなく白髪があり、段々と染める間隔が短くなっていて、なんというか・・・めんどくさーい!

漢方のアンチエイジングは、仙人にもなれそうな気がします。
あっ、仙人は白髭だから、やっぱり貞子の方がいい!?(意味不明ですが)
サプリメントでとれるのは、手軽でいいですね。
翠さん、貞子のほうが (やく)
2009-12-26 18:50:22
たしかに、貞子のほうが髪が黒々してましたー!
仙人と貞子、結構怖い比較ですね。
この二至丹に限らず、漢方薬を服用して髪が黒くなったりコシがでたりといった報告はよいただきます。
口から入れるもので体調は改善されそしてそれが肌や髪に現れるんだなあと実感します。

コメントを投稿

薬草・生薬」カテゴリの最新記事