漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)
http://kampo.no.coocan.jp

エビのニンニク炒め(薬膳、食育)

2006-02-10 | 薬膳・食育
中医学的にいえば、冬が『陰』で夏が『陽』。そして春は『陰』の中から『陽』がどんどんあふれ出てくるときとでもいえるでしょう。

体の『陽』の気をぐんぐんアップしないと、気候の変化についていけず、眠気やだるさがあらわれたり、気分がイライラしたり、腹痛やさしこみを覚えたりします。

春の養生法

気が停滞すると

そこで、エビ。
エビは、元気をつけ体を温める働きがあります。
手足が冷えたり、寒がりの方にお勧めです。

香ばしいエビのニンニク炒め(香蒜対蝦シアンスワンドゥイシア)
(すごく簡単、5分でできます!そして美味しい)

【材料】4人分
ブラックタイガー 12匹
ニンニク     1~2片
サラダ油     大さじ2
塩、こしょう、旨み調味料

【作り方】
エビの頭を取って軽く水洗い殻つきのまま背中に包丁を入れて開く
背わたを取る
にんにくをみじん切りにする
中華なべにサラダ油大さじ2を入れて熱しエビを炒める
色が赤くなったらいったん取り出しておく
その中華なべにニンニクを入れきつね色に炒める
先のエビを再び加え、塩コショウ旨み調味料などで味付けする

【盛り付け】
炒めたエビの開いた背を上にして皿に盛る
開いた背のなかにニンニクを盛り付ける
サラダ菜やブロッコリーなどを周りに飾る

エビを殻ごと炒めるので思った以上の味が出ます。
この日は、黄色いパプリカがあったので添えてみました。エビはブラックタイガーではありませんが(たぶんブラックタイガーのほうが赤い色があざやか)。
気のめぐりをよくするショウガのみじん切りも一緒に炒めたので、香りも体の温まり方もとてもよかったです。

イライラする人は、やわらかい香りを持つ野菜を添えて。たとえばセロリや春菊、レモンなど

追伸:料理の写真を初めて撮ってみたけど、蛍光灯の白っぽい明かりだけだと、出来立てのホカホカでも冷めた感じに見えますね。
オレンジ色の光源を探して次回チャレンジしてみます。


漢方の空間ファインエンドー薬局HP

ジャンル:
食と健康・美容
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 生命力がアップするとき(不... | トップ | ミュンヘン(映画) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しております。 (spa)
2006-02-12 22:12:21
ブログにコメントありがとうございました!

エビおいしそうに撮れていますよ

殻つきのままなんですね。おいしさがギュッとつまっていそう!今度挑戦してみようっと
お久しぶりです。 (薬剤師)
2006-02-14 13:54:04
>spaさん、ようこそ。

そう殻つきで炒めるとぜんぜん水っぽくなく美味しいです。申し訳ないくらい簡単ですが、お勧めです。

コメントを投稿

薬膳・食育」カテゴリの最新記事

トラックバック

食育の本質を語る 食事は愛のハーモニー (食育で健やかに)
食事で子どもは変わる / 栄養、食の安全性といったポイントから、すべての教育の基礎、根幹をなす「食育」の重要性を訴える。