ラパロスコピストの夢

大阪梅田で子宮内膜症と闘うラパロスコピストのblog
子宮内膜症、子宮筋腫に対する腹腔鏡下手術はどこまで進歩できるか?

はじめにお読みください

健保連大阪中央病院に勤務するラパロスコピスト(腹腔鏡術者)のブログです。婦人科腹腔鏡下手術、子宮内膜症、慢性骨盤痛等の治療を専門としています。

このブログでは腹腔鏡下手術、子宮内膜症、子宮筋腫に関する基本的な事柄については解説していません。まず、下記のウェブサイトをご覧になることをお勧めします。
日本子宮内膜症協会
子宮筋腫・内膜症体験者の会 たんぽぽ

手術を希望される方はこちらをご覧ください。

医療相談、ご質問にはお答えしませんのでご了承ください。

おすすめの本はこちら?ブックス・ラパロスコピスト

こだわりのTLH

2021-05-21 | 腹腔鏡

最近、手術書の分担執筆の依頼が多くありまして、その中でもかなりぶっ飛んだ『こだわりのTLH』が出版されます(6月2日)

アマゾンではすでに予約可能になっております。腹腔鏡下手術に興味を持つ産婦人科医の皆様、ぜひ、ご覧ください。来月には、出版記念のZoomセミナーも行います。

そのほか、昨年3月出版の『いきなりTLH』、今年3月の出版の『子宮内膜症・子宮腺筋症-診断アトラス&新たな治療戦略-』でも分担執筆させていただきました。

コメント

メディカルノート

2021-03-30 | 腹腔鏡

メディカルノートという医療検索サイトでご紹介いただきました。

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの疾患、腹腔鏡下手術の情報なども載せています。

メディカルノート の記事はこちらです。

 

コメント

3つの法則

2021-03-23 | 大阪日記
明後日(3/25)、テルモ株式会社の主催で中四国の産婦人科医師を対象にZoomで講演の予定です。レジメを公開します。少しぶっ飛んだ内容になるかもしれませんね。
コメント

STRAY SHEEP

2020-08-04 | 大阪日記

楽しみにしていた米津玄師 2020 TOUR/HYPE、中止になってしまいました。

でも、今日、STRAY SHEEP届きました。

米津くん、美しい音楽をありがとう。

また、会いましょう。楽しみにしています。

コメント

第2回オンライン西梅田婦人科ラパロセミナー

2020-07-08 | 大阪日記

2020年6月13日午後9時より第2回オンライン西梅田婦人科ラパロセミナーを開催しました。

第2回のテーマはMyoma Pseudocapsule(MPC)、我々はエム・ピー・シーとか、ミオーマ・シュードカプセルといいますが、日本語だと、うーん、偽被嚢とかというのかな?

子宮筋腫の周囲に生じる結合織のことをいいます。子宮筋腫核出術のときに子宮筋腫と子宮筋層の間すなわち境界になるものであり、最近ではこのMPCをきちんと温存することが妊孕性にとって重要であると言われています。また、この中には血管が豊富に含まれておりMPCをできるだけ傷つけないようにすることが大事であると考えられています。

腹腔鏡下子宮全摘術は術者の技術が高ければ、術中出血についてはコントロール可能であり、ほとんど出血のない手術も可能ですが、子宮筋腫核出は、巨大なものや数の多いもの、変性していたり、境界の不明瞭な筋腫だとどうしても出血量が多くなる可能性があります。そこで、最近、MPCについて優秀な研究をしている先生をお招きしてZoomで講演していただくことになりました。

プログラム

1. Myoma pseudocapsuleを意識した筋腫核出と縫合 〜Bottomを拾わない〜

南長野医療センター篠ノ井総合病院産婦人科 西村良平先生

2. Intracapsuler Hysteroscopic Myomectomy

高木病院産婦人科 野見山真理先生

3. 総合討論&追加発言

 Myoma Pseudocapsuleについて 富山県立中央病院産婦人科 谷村悟先生

 名手達のLMトロッカー配置 大阪中央病院婦人科 松本貴

講演1の西村先生は、この演題で昨年の日本産科婦人科内視鏡学会ビデオ部門で学会賞を受賞、また、講演2の野見山先生は九州ではおそらく子宮鏡ではナンバー1の術者だと思います。谷村先生は西村先生の指導医であり、MPCについて、詳細な解説をしていただきました。

(ファシリテーターを務める私)

参加者は150名を大きく超え、懇親会(という名のZoom飲み会)も盛り上がりました。参加者が多かったのも嬉しかったけど、勉強になりました。ああ、またオペが上手くなってしまうかもな。

第3回は8月、テーマは『卵巣に優しい嚢腫核出術』です。これも楽しみですわ。

コメント

ウェビナー初体験

2020-07-05 | 大阪日記

ジョンソン・エンド・ジョンソン E-live 『境界線を見極めるー The microsurgical dissection for Total Laparoscopic Hysterectomy ー』でお話させていただきました。

学会のランチョンセミナーや研究会などでの講演はいくつもやってきましたが、企業主催のウェビナーは初体験です。自宅からですので、セットアップがもう面倒!グリーンスクリーンを用意したり、LANをWi-Fiから有線に変えたり。また、スライドを共有してスライドショー にすると実際に放映されている画面は見えないので確認用のもう一台のPCを用意したりと。

1時間半くらい前には、打ち合わせを開始して実際の放映画面をチェック、途中で投票を入れたり、スライドショーやムービーの見え具合、作動の具合をチェック。なんか、エンジニアの役までこなして、「なんか、割りに合わんなあ」と思っているころに、司会役の谷村先生(富山県立中央病院)登場!谷村先生と話しているうちに気分も盛り上がり打ち合わせ終了。緊張しながら開場を待つことになりました。

7月3日午後7時ちょうど、ウェビナー開始です。谷村先生の紹介の後、講演を開始することになりました。

(↑スマホから見たウェビナーはこんな感じです。)

(生殖器と泌尿器の境界線の解説)

ウェビナーは視聴者の顔が見えないので、演者はすごく孤独感を感じるということでしたが、谷村先生がところどころ質問やコメントを入れてくださったので、孤独を感じる暇もなく、むしろ対談や座談会のような雰囲気でスムーズに講演は進みました。

学会のランチョンセミナーなどはスケジュールがきっちり決まっていて時間オーバーは許されませんが、ウェビナーの場合は多少の融通が効きます。時間は気にせず、ムービーをもう一度再生して、細かなところを再度分かりやすく説明してみたり、ちょっと講演を止めて質問に対して答えてみたり。これってウェビナーならではの利点かもしれません。

無事終了し、Q&A。かなりマニアックな質問もありましたが、まるで、学会の懇親会で雑談してるような、どこかのサロンでくつろぎながら臨床解剖談義をしてるような気分でした。ああ、楽しかったわー。

ほんと、今までで講演してきた中で一番楽しかったかもしれません。これからもこんな楽しさを追求してみたいと思いました。

谷村先生、ジョンソン・エンド・ジョンソンの皆様、視聴していただいた先生方、ありがとうございました。

 

コメント

かの如く2

2020-06-24 | 腹腔鏡

『患者さんに見守られているかの如く手術をする』

手術中、患者さんは麻酔がかかっているので意識はありません。(手術中に覚醒してしまう『アウェイク』というスリラー映画がありましたが)でも、患者さんが起きているかの如く、手術をする。これは、見張られているかの如くではありません。つまり、「患者に見られてるから変なことは出来んで。」という意味ではないです。

手術は職人技のように思われていますが、術者というのはアーティストやアスリートに喩えられることがよくあります。もし、私たちがアスリートだったら、ファンには感謝するはずです。誰が一番応援してくれるでしょう?そりゃ、当事者である患者さんに違いありません。もし、患者さんが起きていたら、手術のことは分からなくても阪神ファンの応援どころではないはず。

そうであれば、自然に患者さんには感謝の気持ちが湧き上がってきますよね。

感謝するのは、オペやらしてもらえるから?(おいおい、お前の練習台かよ?)売り上げ上がるから?(おいおい、金儲けのための患者さんかよ?)学会発表や論文のネタ?(おいおい、あんたの自己顕示欲のために患者さんは存在してへんで)患者さんに見守られているかの如く手術する、すなわち、患者さん本人が応援してくれているかの如く手術する。その応援に対して、自然に感謝の念が湧いてくるはず。

いつも見守ってくれて、ありがとうございます。これからもそういうつもりで手術室に入ります。

コメント

かの如く

2020-06-23 | 腹腔鏡

『麻酔がかかっていないかの如く手術する』

腹腔鏡下手術をしているときには、患者さんには当然のことながら麻酔がかかっています。もし、麻酔がかかっていないのに手術操作をしたらどうでしょうか?痛いですね。臓器や組織をむやみやたらと引っ張ったら、、、とてつもなく痛い!でしょうね。年長の外科医なら必ず知っている「ゲバルティッヒ」という言葉があります。ドイツ語で乱暴なという意味です。そういう言葉があるのは、乱暴な手術というのが昔からあったからでしょう。

でも、臓器や組織に優しく手術していたらどうでしょうか?不必要に引っ張ったり、押し込んだり、臓器や組織が動かされることなく手術操作が淡々と進んでいくビデオを観ると、「これ、ひょっとして麻酔覚めてたとしても痛くないんじゃない?」と錯覚してしまうかもしれません。できることなら、そんな風に見える手術がしたい、と思います。そういう手術は実際に麻酔科医は麻酔を深くしすぎる必要もなく、結局は患者さんにとって負担のない手術になると思います。

麻酔がかかっていないかの如く手術する。腹腔鏡下手術の場合、鉗子操作にはどうしても制限がありますから手術操作はついつい乱暴(ゲバルティッヒ)になりがちです。優しい手術をしたいのなら、もし、患者さんが起きていたとしても痛くない手術をする、そういう配慮があってもいいですよね。

 

 

 

コメント

オンライン西梅田婦人科ラパロセミナー5

2020-06-13 | 大阪日記

 オンライン研究会が終わっても、参加者はすぐにZoomから去らず、しばらく残ったままであることが多いです。演者やファシリテーター、また、ご意見番のような人たちがコメントしたり、雑談したりや裏話が聴けるからでしょう。終了したからと言ってZoomから離れてしまうと参加者は自分の部屋で急に一人になるため、孤独感を感じてしまうのかもしれません。実際、ウェビナーなどを視聴したあと、そういう感覚におちいったことがあります。

 通常、集合型研究会では、終了後、立食形式の意見交換会や懇親会がありますが、この時の会話は数名で輪になって話していることが多いです。また、その後に座長や主催者、講演者等で慰労会が行われることもしばしばですが、そういう場でのお酒が入った時の話は、楽しくて、面白いアイデアをいただいたりすることが多いです。オンラインでは、そういう会話を参加者全員が聞くチャンスがある。これは、今までの集合型研究会ではなかったことだと思います

 主催者としては、これを逆に利用してセミナー終了後に雑談やこぼれ話・裏話・講演中には話さない本音のようなところを引き出して、参加者に楽しんでもらう演出ができるかもしれません。それが上手くいけば、人気のある研究会(セミナー)に成長させることができるんでしょうね。

コメント

オンライン西梅田婦人科ラパロセミナー4

2020-06-07 | 大阪日記

Zoomでスライドの画質が極端に悪くなったのは、左下の『ビデオクリップに対して画面共有を最適化』にチェックを入れていたからのようで、このチェックを外した途端にキレイな画像が見られました。

やっと発表できるぞ

自分のスライドとチャットの両方を見ながら発表してると、発表中にコメントが上がってくるので、それに答えながら発表を続けます。これ、面白いですね。ただの一例報告なのですが、トラブルシューティングも含めて、大きな学びを得た経験でした。

 

コメント