ラパロスコピストの夢

大阪梅田で子宮内膜症と闘うラパロスコピストのblog
子宮内膜症、子宮筋腫に対する腹腔鏡下手術はどこまで進歩できるか?

はじめにお読みください

健保連大阪中央病院に勤務するラパロスコピスト(腹腔鏡術者)のブログです。婦人科腹腔鏡下手術、子宮内膜症、慢性骨盤痛等の治療を専門としています。

このブログでは腹腔鏡下手術、子宮内膜症、子宮筋腫に関する基本的な事柄については解説していません。まず、下記のウェブサイトをご覧になることをお勧めします。
日本子宮内膜症協会
子宮筋腫・内膜症体験者の会 たんぽぽ

手術を希望される方はこちらをご覧ください。

医療相談、ご質問にはお答えしませんのでご了承ください。

おすすめの本はこちら?ブックス・ラパロスコピスト

動く骨(コツ)手眼足編

2018-03-11 | 腹腔鏡

手術にはセンスが必要だとか言われます。上級者のオペを見てるだけで上手くなっていく人もいれば、なかなか上手くならず、いつまで経っても同じことやってる人もいます。じゃあ、そのセンスって何や?って言われるとなかなか説明できるものではありません。

私は手術のセンスというものを10年以上研究してきましたが、いまだに『こういうものです』とは説明できません。 この本『動く骨(コツ)手眼足編』は、ヒントになると思います。もう10年ほど栢野先生からご指導いただいていますが、最近、「ああ、なるほど、こうやってるから出来るんだ」というのが身体では理解できるようになってきました

手術に限らず動作をする上でセンスアップを求める人には役に立つ本だ思います。ただ、言葉や図による説明では、どうしてもイメージは伝わりにくいので、少し読んだくらいではどういうことなのか分かりにくいかしれませんね。本当に動作を改善(快然)させたいのであれば、この本を読んだ上で栢野先生のコーチングを受けたりセミナーに参加するのがいいかなと思います。

 

 

 
 

動く骨(こつ) 手眼足編―重力と調和した動きを究める

ベースボールマガシン社

ちなみに、この本の中で、私も紹介されています。(p238-241)

もう、発売されて2年になるそうです。大きな書店なら置いてあると思います。ご覧になってください。

コメント

まらしぃ

2017-05-28 | 大阪日記

ビルボードライブで、ヒューガルテンホワイトを飲みながら開演を待つ至福のひととき。


先日、“まらしぃ”さんのライブに行ってきました。“まらしぃ”さんは、動画投稿サイトでのアニメやゲーム音楽のピアノ演奏で有名な人ですが、私は年甲斐もなく結構好きなのです。

ライブでは、主に新しいアルバム“PiaNo Face"からの選曲でしたが、CDで聞くような正確でパワフルというよりは、少し遊び心が入った楽しい演奏会でした。

開演前に誰かがピアノを調律しているようで、何度も同じ音を出して何かを確認しているので、「あれはなんだ?」と思っていたのですが、実は、1回目のライブで弦を切ってしまったそうです。(多分、あれは、“まらしぃ”さん本人だったと思う)
まあ、あれだけ力強い演奏だったら仕方ないでしょう。

で、2回目のライブでもラスト前で、“まらしぃ”さんから、「悲しいお知らせが
、、、」、で、やはり弦が切れてしまったそうで、キーとアレンジを変えて、演奏、アンコール1曲と(弦が切れたお詫びに)もう一曲も無事終了。


メドレーの中に、「残酷な天使のテーゼ」や「太陽曰く燃えよカオス」もあり、演奏にトークに楽しいライブでしたが、欲を言えば、千本桜もやってもらいたかったかな。まあ、約80分、力強い演奏を楽しませていただきました。ああ、楽しかった、また、行きたい。

コメント (1)

『お返し』

2017-05-02 | 大阪日記

「人に害を与えようとして、結局自分に返ってくるような行為をすること」を『天に向かって唾を吐く』と言います。自分は決してそんなことはしてないと思う人は多いと思いますが、知らないうちに、そういうことをしてしまっていることは少なくないと思います。

そういう時に、吐いた唾が自分に返ってくるのは、実はラッキーなのかもしれません。それで、初めて自分が『天に向かって唾を吐いていた』ことが自覚できるからです。仮に、吐いた唾が自分に戻ってこなかったとしても、おそらく、いつかは全てまとめて自分に返ってくるのかもしれません。

そんなことになるのなら、唾を吐くたびに、自分に返ってきて痛い目に合う方がずっといいでしょう。そのたびに学ぶことができます。全ては必ず自分に返ってきます、たぶん。

無敵の経営(北川八郎著 サンマーク出版)より、
『若いときにはなかなか感じられないことですが、四十代後半から五十代前半あたりになってくると、人生の前半に自分が行ってきたことの「お返し」を受け取るようになります。どのようなことを思い、考え、言葉を口にしながら行動に移してきたのか…良きことも悪しきことも、これまで成してきたことが五十代以降の人生を形づくっていき、人生という道で見える景色を決めていきます。(中略)
『私たちは人生の前半に成したことを、人生の後半ですべて受け取る」
 今ある境遇も状況も、人に対する感情や対応、自分の考え方や健康まで、すべてそれまでに自分がやってきたことが、おもしろいくらいに人生の後半に反映されます。
 だからこそ、なるべく早い時期にその真理=法則を理解し、改められるところは改めて、人生の後半を過ごし、そのうえで経営にあたっていきましょう。』

 

無敵の経営 サンマーク出版

『歎異抄』第三章に、『「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」しかるを世の人つねにいわく「悪人なお往生す。いかにいわんや善人をや」この條、一旦、その謂あるににたれども、本願他力の意趣に背けり。その故は、自力作善の人は、ひとえに他力をたのむ心、かけたる間、弥陀の本願にあらず。』とあります。

ここでいう善人は、手術室でいうならば、自力作善、すなわち自分の技術や努力を励みとし何とかすれば何とかなると思っている人のことです。手術が上手くいったときは、それは、自分が頑張ったからだと思い、周りの人や手術室の神様が助けてくれていたことを気がつくことはありません。「自分の力で手術ができた」と思っているならば、それは単なる思い上がりであって、実際には、自分のできること、したいこと、しなくてはならないことだけを(周りの人や手術室の神様に)させてもらってきたことを自覚しなければなりません。

逆に悪人は、「他力をたのみたてまつる」人であり、自分のしてきた手術が実は『おかげさま』であったということがわかっている人のことです。(上手くいかなかった時に他人のせいにしてしまう人のことではありません。そういう人は自分だけが上手くやっているのに他人が邪魔してると思っている善人だといえます。)

善人であるならば、自分でも気がつかないうちに毒を吐いて周りの人を傷つけてしまうかもしれません。自分を省みることがなければ、いつか手術室の神様から『お返し』をいただくことになるのでしょう。悪人になるのは、実は本当に難しいのです。

コメント

手術室の神様

2017-05-01 | 大阪日記

私は、時々、手術室には『手術室の神様』がいると言ってます。これは、C.G.ユングのいうところの集合的無意識の一部からなるものなんだろうと思っています。大阪中央病院の手術室の神様は、優しく、厳しく、ときに不真面目で、ときに怖いです。

無敵の経営(北川八郎著 サンマーク出版)より、

『私たち人間の住んでいる社会は、一見、無秩序に構成されているように見えますが、昔も今も変わらない法則にのっとって成り立っています。それは、「人々の『心の思い』によって、この社会が成り立っている」ということです。(中略)人工的につくられて存在するものはすべて百パーセント、心の思いが行動となり、品物になって具現化されたものです。それは言い換えると、人が思わない人工的なものはいっさい存在しないということでもあります。社会は「心に思うことが形を成す」という実に簡単な仕組みでつくられているのです。』

『人生も四十歳を過ぎたあたりから、この世には目に見えない不思議な力があり、それが人生の成否に大きな影響を及ぼしていることを知っておいたほうがいいでしょう。その一つが、天が用意している「運の河」のことです。見えない透明な運の河が、人生の奥に流れているのですが、そのことを知る人と知らない人では、生き方に大きな差が出てしまいます。』

 
 
無敵の経営 北川八郎著 サンマーク出版
 
気をつけなくてはいけません。手術室の神様は、手術室だけにいるのではありません。外来や病棟にもやってくるみたいです。飲み会にもついてきたりします。上手くいった手術は、自分だけの手柄ではありません。手術室の神様が、こそっと陰で助けてくれてたりしていることをお忘れなく。
 
私はヨガなんかもしますので、おそらく、大阪中央病院の手術室の神様は、こんな感じなんじゃないかなと思います。
 
 
 

夢をかなえるゾウ

ども、みなさま、私の妄想にお付き合いいただきありがとうございます。お後がよろしいようで。

コメント

第69回日本産科婦人科学会学術講演会ランチョンセミナー

2017-04-30 | 大阪日記

4月15日日本産科婦人科学会学術講演会(広島)のランチョンセミナー(カールストルツ・ジャパン、エム・シー・メディカル)で講演をさせていただきました。

今回のテーマは、妊孕率向上ということでしたので、子宮筋腫・子宮内膜症に対する保存手術についてお話ししました。当日は、腹腔鏡のランチョンセミナーが並列で何件も行われていたので、けっこう厳しいかな?と思っておりましたが、約150名弱の先生方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 

 

コメント

堂島ホテルで講演会

2017-01-02 | 大阪日記

昨年の11月25日でしたが、大阪の若手婦人科医を対象に講演をさせていただきました。

Skill improvement of gynecologic laparoscopic surgery

"Can you learn laparoscopy?" 2 - the Next Chapter -

場所は、あの堂島ホテルです!ホテルの前で一枚!

控え室で一枚!なんとも言えない雰囲気です。 

 

20名弱の先生方にご参加いただきました。堂島ホテルは昨年末で営業終了しましたので、こんな素敵なところで講演できるのも最後でした。ご参加いただいた先生方、キッセイ薬品工業の皆さま、ありがとうございます。

コメント

第二回腹腔鏡下手術と身体操作の研究会 in 大阪中央病院

2016-12-03 | 大阪日記

手術というものは、頭だけでやるものではなくて、手・腕や眼を使って行うものです。頭で考えれば、身体が自由に動かせると思っている人は少なくありませんが、残念ながら身体が正確に動かせる人は実は多くはありません。また、モニター画面に映っているものを、すべて見ることができているかどうかも別の問題です。

そのようなことで、昨年に引き続き、腹腔鏡下手術における動作を改善させるための研究会を開催しました。講師には、東京から高橋なぎ先生、また、愛知県豊田市から栢野忠夫先生にお越しいただきました。まず、参加した先生方に腹腔鏡下での縫合結紮について、簡単にトレーニング。

ついで、なぎ先生のピラティスを2時間!

栢野先生の球動法を2時間!その後、もう一度縫合結紮を行って、動作の変化を見ます。短時間で改善することもありますが、プラクティスは続けることが大事です。

みんなで記念撮影

終わったら懇親会でしょう。

蕎麦会席、最高でしたね。

実は、前日、なぎ先生のプライベートを受けることができました。脊柱が伸びて、まるでキリンになったようなかんじです。

なぎ先生、栢野先生、ご参加いただきました先生方、ありがとうございました。次回を楽しみにしております。 

コメント

電動モルセレータについて 5 Semi-closed power morcellation 続き

2015-02-22 | 子宮筋腫

現時点で考えられる、アイソレーション・バッグを用いた電動モルセレータによる細切除去の利点と欠点は以下のとおりです。

利点

1.腫瘤の破片や血液が腹腔内に飛散しないので、万が一、癌や肉腫などの悪性腫瘍があった場合に予後が悪化するリスクが非常に小さい。

2.手術操作終了時の腹腔内洗浄が容易で迅速になる。

3.袋が膨らんで袋外の腸管が圧排されるので、電動モルセレーター操作中に腸管を巻き込んだりするようなトラブルのリスクが低くなる。

欠点

1.従来の方法より時間が少し長くかかる。1例につき、およそ20分程度手術時間が延長します。従来、1時間30分で手術できていたような場合は、1時間50分程度の手術時間になります。患者さんにとっては、あまり大きな問題ではないでしょう。

2.肥満女性・腹壁の固い未経産女性・巨大子宮筋腫などの場合、想定していたより時間が大幅に長くかかることがある。この手技ができないこともありうる。前述のようにできなかったことはありませんが、袋に入らなかった場合にどうするか考えておくことは重要です。

3.袋が破れる等のトラブルがおこる可能性がありうる。

(注)子宮筋腫核出術については現在検討中ですが、今のところ従来法による細切除去法を行なっています。もし、子宮筋腫が悪性であった場合、子宮筋腫を核出する操作そのもので腫瘍を拡散してしまう可能性が大きく、袋を用いた細切除去法を行なう利点が非常に小さいと考えられます。

コメント

電動モルセレータについて 4 Semi-closed power morcellation

2015-02-16 | 子宮筋腫

現在、私たちは、腫瘤を飛散させない方法として、アイソレーション・バッグの中で上図のように半閉鎖的に子宮筋腫を細切除去する方法を開発しています。これは腫瘤の飛散をほぼ完全に予防できる画期的な方法であり、今後、この方法で皆さんに安心して腹腔鏡下手術を受けていただくことができるだろうと考えています。当院の腹腔鏡下子宮全摘術は、開腹による子宮全摘術に比べても、出血量が少ない、他臓器損傷などの合併症も少ない、などの利点がありますが、電動モルセレーターの使用時における腫瘍の飛散リスクも極めて低くなり、真に安全性の高い低侵襲手術が確立できつつあると思っています。

なお、子宮全摘の際の細切除去の方法は、以下のように選択します。

1.子宮が小さい場合は、経腟的にそのまま取り出す。(腟内で子宮に切開を加える場合あり。)

2.子宮が大きい場合は、摘出子宮を回収袋に入れて経腟的に細切除去。

3.腟が狭い場合、子宮が大きすぎる場合には、摘出子宮をアイソレーションバッグに入れて、経腹的に電動モルセレーターで細切除去。

4.アイソレーションバッグに入らない場合、バッグを用いた場合にスペースが狭くて操作困難な場合には、従来の方法で電動モルセレーターで細切除去。

しかしながら、現在まで3の方法(Semi-closed power morcellation法)が出来なかったことはありません。おそらく、2kgくらいまでの巨大なものでも可能だろうと思います。

コメント

いとう女性クリニック

2014-12-23 | 大阪日記

12月20日、いとう女性クリニックの忘年会があり、京都に行ってきました。

いとう女性クリニックにもお邪魔してきました。

受付はこんな感じ

壁にこんな絵がかかってます。

待合室

マフィアの親分に扮した伊藤院長がお話ししてくれます。

じゃなくって、本当はこんな穏やかな感じです。

結構、手術の患者さんをご紹介いただいてます。
京都三条での診療が軌道に乗っておられるようですので、

来年の忘年会も盛大によろしくお願いします

 

コメント (2)