ノック無用の高齢者日記(パークゴルフ??)

令和に成って退職の日々の出来事

19日間一人旅の記録⑦ 岐阜市ロイヤル劇場

2019年06月09日 | 映画

6月8日

前に岐阜に来た時に

混んでる昭和専門の映画館が有った

何で昔の映画で満席なの?

正直興味のある映画でなかった

歴史物でしたね

それは岐阜市民に興味合有る物だったのかな?

。。。。。。。。

それはさて置き

岐阜の印象が悪いね

全部でないと思うけど

私の行ったところは全部

外見は素晴らしいんだけど

お客さんの方がお邪魔しましたと言いたくなる雰囲気

これって、岐阜以外に感じなかった事だね

肌で感じる物が?

東京でも感じない事が?

ま、全く個人の感想です

。。。。。。。。。。。。。。

ロイヤル劇場

http://www.tochiko.co.jp/royal.html

 

決してミニシアターでないんだよね

 

。。。。。。。。

 

展示物も

 

。。。。。。。。。。。。

ちょっと昭和の映画の観客動員数に興味が有った

土曜から金曜まで同じ映画を

しかも1日5回

行った日は最終日

10時台は10名ほど

 

12時台も同じ位

少ないと思うかもしれないけど

私にとっては多いです

同じ映画を35回やってるんですからね

それも古い映画を

。。。。。。。。。。。

ミニシアターとして有名な所に行って

2人・3人なんて光景は良く見ます

それは最近の映画で

。。。。。。。。。。

土曜日、初日からこれ

 

この手の映画はもう亡くなった人が出てる事が多い

で、初回に50名位入っていた

2回目も50名位

この現象を見ると

1本の昭和の映画に700名位は楽に来るんでは

一本500円も効いてると思います

客層は粗70歳以上

ただ、50代位の人も何故かチラホラ

夫婦で来てるより一人で来てる人の方が多い

。。。。。。。。。。

映画館が無くなる

つい最近も札幌では100年続いた映画館が閉館

。。。。。。。。。。

ビジネスって、大きな勘違いをしてる事が多い

映画好きなオーナーはこれは良い映画と自己主張

自己満足???

俺って素晴らしい??

。。。。。。。。。

忘れている事は時代の流れと

求められてる事を感じないと

。。。。。。。。。

懐メロって有りますよね

我々高齢者は何度もそれを見る

テレビ局はスポンサーを集めるのに必死だから

映画提供者より敏感です

。。。。。。。。。

高齢者時代と叫ばれていても

高齢者の生活の場ばかりに目を向けている

高齢者の求めてる物には無頓着

パークゴルフ場に行くと私より上の高齢者が

順番待ちをしてやっている

。。。。。。。。。。。。

少なく成っている若者に遊ぶ場所を?

それって時代遅れかも

その証拠に、学校は無くなり車も売れなくなっている

増えてるのは何?

その増えてる物に老人の住む場所ばかりに目を?

若い人より高齢者の方がお金持ってるんですよ

何故か?

。。。。。。。。。。。。。

例えば、廃校に成った所を高齢者が学ぶ場所にしたら

これ世の中バランスが取れるんでは

。。。。。。。。。。。。

高齢者が生き生きできる場所を

青春が蘇る場所を

。。。。。。。。。

自分の趣味を押し付けるのか

求めてる物を探し出すのか

ビジネスって社会貢献の筈です

こんな事に頭を使ってみませんか?

。。。。。。。。。。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 臨時増刊号?自分宛ての手紙... | トップ | 19日間一人旅の記録⑧ 巣鴨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事