goo

長野・富山紀行4

最後は芦峅寺(あしくらじ)。
この世とあの世をつなぐ布橋。立山が女人禁制だった時代に、
白装束の女性が橋の向こうの「あの世」に渡りお祈りする事で
立山信仰の代わりとした儀式。
真っ赤な欄干の向こうはあの世なのかと思うと畏れを感じてしまう。
また、閻魔大王とうんば様の像の怖いこと怖いこと。
こういった名所はまだまだ富山県民以外にはあまり知られて
いないようで、観光化、世俗化されていないその素朴さが
立山信仰の奥深さを感じさせてくれる。
翌日は小川温泉元湯に一泊。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )