goo

早朝の銀座

『東京カレンダー』10月号。
http://www.tokyo-calendar.tv/
早朝の銀座通り。東京の街に人がいない不思議さって
見る人よりも撮影者の快感が大きいことに気づいた。



日産JUKE。この時の色はグレーで若干地味だったが
イメージカラーの赤だと華やかで目立つ。
フォルムが斬新でかっこ良い。運転もしやすそうだ。
インテリアも高級感ある。価格を聞いてびっくり。
すごいぞ日産。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プラネタリウムの撮影

プラネタリウムに行って来た。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20100819-00003320-r25

夏休み真っ最中。家族連れでにぎわうお台場の未来館。
プラネタリウムは最新式の3D。天井は半円状で見渡す限り大宇宙。
3Dメガネをかけると目の前に次々と流星が飛び出して来る。
撮影は残念ながら3Dではなく普通の映像に変換していただいた。
どうせなら付録に3Dメガネを付けて立体画像にしたらよかったのに。
しかし地球の存在は奇蹟としか言いようがないですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日々雑記5

iPhone4の白はなかなか発売しないみたいだ。
すぐ携帯を見失う自分としては初代iMacみたいに
パステル色を出してくれると助かるのだが。
パステル色のケース付ければ済む話だけど。
いやそういうことじゃやっぱりない。

デジカメの撮影の場合は最終的にAdobeのPhotoshop で
作業をすることが多い。そのパソコン上での画像作業で
役に立っていると思うのがやはり実際の暗室作業の経験だ。
イーゼルに印画紙をはさみ比率を決めてテープで止めて
(サンダースのイーゼルの四枚羽根の部分の浮きを固定)
四角を作る。その中でネガを投影した画をわずかに拡大したり
縮小したりやり直したらテープで止め直したりとベストな状態を
探す。基本ノートリながら頭の上の余白部分はどのくらいか、
ヒザ下から切るかヒザ上からか、など色々考えながら最終決定
していたことはフレーミングを考える上でとても役に立った。
なんせパソコンと違ってやり直しが効かないのだから。
Photoshop 上で画像をモノクロにした場合にも焼き込みや
覆い焼きツールをよく使う。モノクロプリントの場合の
アナログタッチがそのまま使えて便利だ。
1枚1枚焼き込みたい部分のマスクをはさみで切って作り
眼~秒 右頬~何秒 ネクタイ結び目~秒などとノートに
記録していって最終プリントに仕上げて行く作業は
不透明度やマスター直径、固さの調節などと一緒だ。
何よりも明るいところで見ながら作業出来るのが助かる。
(暗闇で作業するのはとても疲れるので)
しかしWindowsの方はCS5入れたが普通はほとんどMacのCS3で
作業している。CS3の方が使いやすいんだけどなぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Atoms~,THOM YORKE フジロック

昨夜はトムヨークを観にフジロックへ。
『The Erasers』全曲と途中might be wrong など
アコースティックバージョンをはさみ後半は新曲を披露。
イベント用のソロプロジェクトと思っていたAtoms~だが
バンドとしてのまとまりを感じて今後の展開が
期待できる。
しかしグリーンステージはすごい人で事前に
異例のアナウンスが入るほどだった。前のバンドが
終わる頃を見計らって前に行ったのだが時すでに
遅し。終わっても全然人が入れ替わらない。
そうこうしているうちに周り人で固められ一歩も
動けずじっと待つ事50分。1時間半の演奏は
あっという間だったが終わった後はさすがに開放感が。
近かったけどよく見えないとう中途半端な場所に
なってしまって残念だったがパフォーマンスには大満足。
こんなペースで二年に一回くらいの割り合いで来て欲しい。
再来年のサマソニあたりにreadioheadで、を期待しよう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )