goo

秋田の大学

先週またまた秋田へ。
以前は行ったことのない県だったのに、
ここ1年ちょっとで早5回目。
今回はあの国際教養大学への取材。

東京は雪情報の厳戒態勢だったのに
逆に秋田は快晴。
腫れるのはめずらしいとの事。

学内の施設を見学させてもらったが、特に図書館が素晴らしかった。
外から差し込む光が館内全体に陰影を醸し出し、
新しい大学なのに長い歴史を感じさせてくれるような趣があった。
またこの図書館は二十四時間いつでも利用可能との事。
学内の寮に住む学生さんが一番利用する時間帯は夜11時台らしい。

学生は1年次は全寮制で留学生と同部屋との事。
学内施設の充実や秋田市の郊外というロケーションなど、
いろんな意味で学業を優先させる米国の大学の流儀を貫いている
ように感じた。


他国の大学生はよく勉強するといういう。一説には大学4年間で
学生の読む本の数は日本40冊に対して米国400冊との事。
以前訪ねたシンガポールや韓国の大学も、学生がすごく勉強熱心だった。
もちろん学校にもよるので一概には言えないが、
なぜ海外の大学生はそれほどまでに勉強するのか。
学生なのだから当たり前といえばそれまでだが、
主な要因はおそらく成績が就職に直結するからなのでは。
日本の場合は新卒で採用する企業側は大学の成績をあまり参考にしない。
社会で使える=学校の勉強ではない、という事では、学生は
勉強よりもアルバイト一生懸命やりましたというような方を
アピールしてしまうだろう。
他にも就活解禁日の設定や総合職一般職と分野別など色々とあるが、
こういった日本企業独特の採用慣習にも一石を投じているように思えた。

昼について夕方には帰るというスケジュール。
最後の写真は帰りの秋田空港。

#AIU #秋田 #国際教養大学



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )