いーなごや極楽日記

極楽(名古屋市名東区)に住みながら、当分悟りの開けそうにない一家の毎日を綴ります。
専門である病理学の啓蒙活動も。

大根(ほぼ葉っぱだけ)

2014年02月28日 | 極楽日記(園芸)

 大根は広い場所がないとなかなか大きくならないですね。間引きで何本か抜いてみましたが、とても控えめな大根です。大根葉もおいしいのでこれはこれで良しとしましょう。

 小松菜と春菊も込み合っていて大きくならないので間引きしました。小松菜は普通に使えそうですが、春菊は小さいので鍋よりは汁の実ぐらいがちょうどいいでしょう。菜園と言うと生き物を育てているイメージになりますが、実情は草取り、間引き、殺虫の連続で処分している命の方が遥かに多いです。猫の額のような菜園でこれだけ手が掛かるのですから、人間全体の生存を考えたら、食糧供給は本当に大変な問題だと思いますよ。個人でたいしたことはできませんが、せめて食材と生産者には敬意を払いましょう。
コメント

メゾンカイザー名古屋店

2014年02月27日 | 極楽日記(お店紹介)

 池下のセントラルガーデンにあるメゾンカイザー名古屋店です。デパ地下などでパンを販売しており、特にクロワッサンが有名。この店舗ではカフェ併設であり食事ができます。

 昼食用にサンドイッチやスープを販売しています。

 面白いのは、用意してあるサンドイッチの他にも、好きなパンを選んで200円追加するとチキンサンドにしてくれること。近くにあると楽しいでしょうね。

 残念ながら池下は極楽からかなり離れており、セントラルガーデン自体に縁がなくてこれが初訪問です。これは和食で人気の「賛否両論」さん。

 店名は挑戦的で顧客を選ぶ感じですが、信頼できる情報筋によりますと、料理は正統らしいです。ただし名古屋店はサービス面で問題があるとの指摘が。今は改善されていることを望みます。
コメント

夏みかん

2014年02月26日 | 極楽日記(豊川)

 恒例の夏みかん収穫です。極楽息子(大)の背が伸びたのでほとんど任せておけるようになりました。

 こちらもいろいろ手を出したいようですが、もう少し大きくならないと届きませんね。残念。
コメント

ばあちゃんの誕生日

2014年02月25日 | 極楽日記(豊川)

 豊川のばあちゃんの誕生日をお祝いしました。

 ケーキより孫の顔が何よりのプレゼントです。
コメント

第24回サタデープログラム クロマグロ完全養殖と将来展望~近大マグロ~

2014年02月24日 | 極楽日記

 恒例サタデープログラムに近大マグロの講演があったので聴講しました。演者の熊井英水(くまいひでみ)先生は戦後の食糧難の時期に養殖漁業の必要性を痛感され、近畿大学水産研究所で55年間に渡り研究を続けられた水産学者です。先生の率いる近大グループは「不可能を可能にするのが研究である」との創立者、世耕弘一先生の薫陶を受け、30年以上を掛けてクロマグロの完全養殖と企業化に成功しました。

 クロマグロの養殖を始めた当初は「飼っても飼っても死んでしまう」という失敗の連続だったらしいです。失意の中で地道な研究を続け、稚魚が死んでしまう原因を分けると、孵化して直後の浮き上がりによる乾燥死、逆に水槽底面に張り付く死亡、その時期を過ぎると激しい共食い、更に大きくなると水槽との衝突、スレによる死亡など多岐にわたる原因があることが判明しました。これに対して、

乾燥死→孵化から数日は油脂を使って水面に油膜を作り、乾燥を防ぐ。
張り付き→張り付かないように緩い水の流れを作る。この時期には浮き袋が形成されるように油膜は速やかに撤去する。
共食い→成長に応じて餌の大きさを小まめに変えて対応する。プランクトンでも何種類も用意し、必要なら石鯛の仔魚(しぎょ)なども餌として与える。
衝突、スレ→大型円形の生簀を採用。マグロは視覚が発達しており、衝突死は夜間に多いことがわかったので、照明でかなり避けられるようになった。

など、戦後の自動車の開発などを連想させる綿密な研究と実験、対策の繰り返しで難問を1つ1つ解決していきました。研究グループのみならず、研究を支援し続けた近大当局の粘り強さには敬服します。

 熊井先生が仰ってましたが、国は研究予算を出してくれますが数年で終わってしまうものが多く、その間に一定の業績を出せば、つまり論文が出ればそれで良しとなってしまいます。クロマグロ完全養殖の研究においては、黒潮の蛇行によって11年間にわたり採卵ができず、新規の孵化ができなかった時期があり、成果が出なくても粘り強く研究を継続させてくれた近大当局の理解なくしては成功があり得なかったのです。研究に目鼻が付く前の段階では、予算獲得をアピールするだけの業績がないため、予算を配分する側も非常に難しいわけですね。予めどの研究がモノになるかなんて、誰にもわからないのですから。ですからこの研究は国立大学ではむしろ不可能だったのではないか、というお話でした。昨今はどの予算もポストも短期の評価が主流になってしまい、息の長い研究が難しくなってきました。予算に制約がある中で評価が厳しくなるのは仕方がないのですが、単線的な評価だけではなく、いろいろな予算配分の形があってもいいと思わせる事例です。

 これだけの苦労の末に世界唯一の完全養殖に成功されたわけで、その後の事業家の順調な推移にも拍手を送りたいと思います。養殖漁業の場合、餌になるイワシやサバの資源が減少しているという問題があって、漁業資源全体を回復させるものではないのですが、まずは需要が高く採算の取れるクロマグロで研究が進んだことは当然の成り行きです。ここで培われた技術をもって、今度は広い範囲の漁業資源回復に繋げることができれば何よりの成功でしょう。近大グループの健闘を讃え、研究の更なる発展を期待します。
コメント

雪対策

2014年02月21日 | 自動車

 温暖な名古屋で、今年は2回も積雪があって交通が混乱しました。子供の頃はもっと頻繁に雪が降ってた記憶があるのですが、最近は雪の日がめっきり減っていたので油断していたのは確かです。こんな雪がまた降ったら車の運転をどうしよう、ということで対策を迫られています。

 私が運転する時はチェーンでもオートソックでも使えるからあまり問題にならないのですが、極楽妻がジャッキ作業とか脱着作業の経験がないためちょっと困ったことに。名古屋の雪はすぐ融けてしまうし、本当に滑り止めが必要なのは裏道だけで、幹線道路はいつもの速さで流れていることが多いので、滑り止めを装着したままでは走れません。オートソックなんて、あれ以上簡単にしようがないんですけどね。

 残った選択は着けっぱなしで走れるスタッドレスでしょうが、高価で置き場所が必要、しかも経年変化により「使わなくても数年で劣化する」スタッドレスを用意するのはかなり負担です。ウィンダムは今年で満12歳。走行距離も11万km近くになっており、最新の乗用車で標準化しつつある横滑り防止装置や自動ブレーキ制御、あるいは高機能クルーズコントロールなど、安全に直結する重要な機能が欠けています。古くなってこれから故障頻度も高くなることを考えると、積極的に長く乗ろうとは思わない状況ですね。冬場の保険としてスタッドレスを入れるにしても、何とか安く上がらないかと画策しています。
コメント

COOCOOのチョコタルト

2014年02月20日 | 極楽日記(お店紹介)

 CUBEであまり肌に合わないランチを食べてから4日後、やっぱりCOOCOOに戻ってきました。CUBEに行った日はCOOCOOが臨時休業だったのです。

 本日のサンドイッチプレートはハンバーガー。やっぱりワッフルよりパンの方がしっかり食べた気になります。野菜もたっぷり。

 デザートはガトーショコラとチーズケーキ。こうしてきちんと食べた後にデザートとコーヒーを楽しむのは結構だと思います。しかしワッフルみたいなお菓子を食事にしてしまうのはどうも馴染みません。世の中にはオートミールとかを使った「お食事ワッフル」もあるそうなので、CUBEさんのメニューはもう少し工夫が欲しいと思います。

 特別にチョコタルトを頂きました。極楽家は一家そろってCOOCOOさんのファンなので、嬉しい頂き物です。
コメント

Bake Cafe CUBE

2014年02月19日 | 極楽日記(お店紹介)

 誕生日ケーキで度々お世話になってきた日進市のキューブさん。外観は変わりがなさそうですが、中身がすっかり別の店に。

 「パティスリー」だったのが「ベイクカフェ」になってますね。繁盛してたケーキ屋をわざわざ改装して何がしたかったのでしょう。

 今の売り物はワッフルのようです。日本では一般的に甘いお菓子ですが、これでランチセットを出すのが今度の店のコンセプトです。もっちりした感じのワッフルで、甘さはごく控え目。でもこれだったら普通のパンで十分では。

 こちらはキッシュですね。業態が違うとは言え、いつも混んでいたカフェが昼間からがらがらになったのは確かですし、我々が食べている間にも、店の変化振りに戸惑って帰ってしまう人がいました。昔のようなケーキも少しはケースにありましたので、やっぱりケーキをメインにした方が受けがいいと思います。少なくとも今のところは成功と言えないような…。
コメント

剣道入門

2014年02月18日 | 極楽日記

 今度は兄弟そろって剣道の体験です。今回も名東区じゃなくて日進市のスポーツセンターにお世話になります。

 礼儀作法とか実演の見学の後、いよいよ竹刀を握って稽古です。受講資格もないので、参加者は幼児から大人までばらばら。

 こうして構えると少しは気合が入るでしょうか。少し下向いてますね。もうちょっと胸を張って、正眼の構えって言うんですか?あれの方が格好いいと思いますが。

 それでも剣士が丁寧に相手をしてくれます。

 重心が後ろにいってますね。これでは出足が鈍くなります。体験者は打つだけだから前に出ることだけ考えてればいいのに。

 極楽息子(小)の方は反対側で稽古していたので撮りにくかったです。 

 剣を振り回すのは好きなはずなので、楽しかったとは思います。日進剣友会の皆様、ありがとうございました。
コメント

山形あきたこまち

2014年02月17日 | 極楽日記

 山形の農家から玄米を直送してもらいました。以前にも米を通販で買ったことはあるのですが、玄米は初めて。米のような重量物は送料がばかにならないため、30kgまとめて購入しますが、白米でそれだけ買ってしまうと食べ切るまでに食味が落ちるので、玄米を試してみたかったのです。「精米したての米は最高!高価な炊飯器買うより精米機の方が効果あり」という体験談も聞きまして、これはもうやってみるしかないと。

 これが新兵器。福島県須賀川工場製の小型精米機です。最近の高価な炊飯器に比べたら、値段は無視できるほど。

 モーターでブレードを回転させて、金網の表面に米粒をこすり付けて精米する仕組みのようですね。糠は金網の外に押し出されて、下の容器に溜まります。原理は非常に簡単ですが、パネルを見るとかなりの多機能機に見えます。モーターの回転をかなり細かく制御しているようで、カタログには書いてないですが値段の高いブラシレスサーボモーターを採用しているみたいです。一度に処理できるのは5合まで。

 回転中の音は、同じ部屋にいれば気になるかもしれません。短時間なので実用上は無視できます。

 7分だとこんな感じです。ここまで3合なら2分弱。自動的に止まるのでスタートボタンを押すだけで完了します。

 電子レンジ加熱可能な冷蔵パックに手ごろなのがあったので、これで密封して保存することにします。

 容器の容量は800mlで、玄米3合を精米した米にはちょうどいい大きさです。

 左が7分、右が通常の白米です。白米の方を炊いてみましたが、普通の米の水加減で炊いたら軟らかくなってしまいました。次回は少し調節してみます。
コメント

眼鏡レンズを交換

2014年02月14日 | 比べてみよう

 老眼の度が進んで読書が辛くなったので、レンズを入れ替えてもらいました。フレームを買った店とは違い、近所のメガネーゼさんです。駐車場が狭くて車では行きにくい印象があったので前回は他の店にしたんですが、雪の朝なら空いているだろうと予想。正解でした。店舗は決して大きくありませんし、よく入ってくるちらしでは低価格が売り物のチェーン店という感じですが、検査の手際の良さや結果の信頼度からすると、スタッフは十分な経験をお持ちだと思います。病院の眼科でも検査したことがありますけど、メガネーゼの検査結果の方が実感に合いますね。視力検査はどうしても主観が入りやすいので、検査条件をうまく勘案してくれないと的確な計測ができないのだと思います。

 眼鏡の構造や使い方についても他店比較で優れています。遠近両用はあくまでも遠距離が主体なので、読書が主体なら近距離専用(あるいは中近両用)と遠近両用を使い分けるのがいい、という説明には納得がいきます。このアドバイスに従って今回は近距離専用に。遠近両用も試させてもらいましたが、やはり読書は近距離専用がずっとクリアだし、目線を動かしても安定して本が読めるので疲れません。これは嬉しい。やたらにフレームを売ろうとしない姿勢にも、継続的な商売をしようという意図が読み取れて好感が持てます。今度から眼鏡はここでお世話になろうと思います。
コメント

5代目オデッセイ(RC1)ABSOLUTE

2014年02月13日 | 自動車

 ごく短時間ですがオデッセイに触ってきました。2代目のV6 3Lモデルに興味があって試乗したことがあるのですが、縁がなくてご無沙汰していました。その頃はインテグラXSi(DA8)に乗ってたので、車検や修理などでホンダのディーラーに行く機会が多くて敷居が低かったのです。同じ頃に出た初代ハリアーと比べて、低速からがつんとくるようなトルクはありませんでしたが、息の長いモーターみたいな加速感はなかなか面白いと思いました。この時はどちらも買わずにヴェントVR6に換えて、その後にハリアーと同じVVT-iを搭載するウィンダム(MCV-30)に乗り換えています。

 そのウィンダムも途中でエンジンを載せ換えて、シャーシーの方は10万7000kmほど走ってますから、すぐに換えないにしても市場の動向ぐらい見ておいてもいいでしょう。今は2台体制になっていますので同じようなセダン2台を持つよりは、変化をつけた方が用途の幅が広がって便利だと思います。大きくしてミニバンにするか、小さくしてコンパクトにするかも決まっていませんけど。とりあえずオデッセイは最新のミニバンであり、ウィンダムの弱点である空間効率とハンドリング、燃費では改善が期待できます。

 雨の日なので後席の広さとかシートのアレンジとかは試せなかったのが残念。とりあえずその辺を一周させてもらいました。名東区の障害者スポーツセンター前のディーラーから名東消防署東、極楽の交差点を通って元に戻るルートで、あまり勾配のない片道1車線です。交通の流れは遅く、試乗と言ってもごく簡単なコースです。これでぼろがでるような車は売ってないでしょう。特にエンジンパワーは要求されないので、以前乗った1.3Lのフィットでも不足を感じませんでした。これじゃ試乗とは言えませんよね。

 それでも路面の小さな凹凸やちりめん状の皺がある箇所は足回りのチェックには好適です。後席の乗り心地が固い、と言われているアブソルート仕様だから先入観があったのかも知れませんが、やはり後輪がやや跳ねる傾向は感じます。これは後席を多用するならちょっと気になる点です。反面、路面の乱れに動じないフラットな安定感があり、運転していて目線が自然に遠くに行くのは美点です。こういう操縦性なら、長距離でも疲れにくいでしょう。ボディもがっちりしていて、昔のホンダ車のへなへなした印象は全くありません。

 旧モデルでは一般仕様がCVT、アブソルートは5ATと使い分けていたのが、今回は新型CVTで統一されました。CVTの問題であるレスポンスの悪さや、加速感とエンジン回転のずれによる違和感などが改良により払拭されたと判断したのでしょうね。少なくとも簡単な試乗で気になる点はありませんでした。本当は坂道や高速道路などでいろいろな状況を試してみないと何とも言えません。ヨーロッパ車に多いDCTや、マツダのスカイアクティブ6ATなどに比べればCVTの反応の悪さがわかるのかも知れませんが、どちらも試したことがないのでわかりません。MTに比べればダイレクト感がないのは明らかですが、ミニバンにそこまで求めるか、ですね。ホンダのエンジンは回したときが気持ちいいので、高速ではダイレクトパスのあるトルコンATが恋しくなるかも知れません。

 大雑把な印象は「よくできた乗用車」という感じです。すごく惹かれる点もありませんが、許容できない点もなし。ヴェントも最初はそんな感じで、試乗を繰り返すと噛めば噛むほど美点が出てきて、安心して身を任せられる乗用車(ただし故障してない時)という評価になったので、何回か状況を変えて乗ってみないと判断はできません。趣味や遊びで乗る車と違って、実用車というのはそういうものだと思います。
コメント

日進市体協まつり

2014年02月12日 | 極楽日記(日帰り)

 極楽息子(小)が日進市体育協会のイベントに参加してきました。

 場所は日進市スポーツセンターです。名鉄豊田線の日進駅からは少し距離があり、名古屋の東部からは自動車が便利です。広い駐車場は無料でした。

 日頃なじみのないスポーツを体験する日なので、できるだけ多くのスポーツに触れることが推奨されています。

 まずは体育館でバドミントン。指導の人に打ってもらって見る見る上達します。

 真面目にやるときついスポーツですね。

 続いて卓球。慣れないとバドミントンほど気持ちよくは打てないかな。

 最後に意表をついてレスリングです。タックルで相手を倒す練習ですが、姿勢を低くするのが難しくて、なかなか決まりません。受けてくれるのは日進レスリング倶楽部の皆さんです。

 ブリッジの稽古です。これも慣れてないと難しそう。

 次は押さえ込みなんですが、えーと、どうやるんだっけ?

 そうそう、これが袈裟固めですね。体を使うのは楽しいことですし、使い方を身につければ事故や怪我にも強くなります。テレビのレスリングや相撲も楽しめるようになるし、いいことが多いです。
コメント

名古屋の初積雪

2014年02月10日 | 極楽日記

 名古屋の初雪は去年の12月だそうですが、この時はちらついただけで、積もったのはこの週末が初めてです。2月はまだ油断できません。雪遊びを楽しみにしていた極楽息子(小)でしたが、あまりの湿雪で溶けかけのシャーベットのよう。残念ながらとても遊べるような雪じゃありません。

 花壇も埋まってしまいました。

 めったに積もらないので、名古屋は雪に弱い町です。雪を放置して凍結するのだけは避けたいので、何回か雪掻きして対応しました。水を多量に含んでいてすごく重い雪ですね。融雪剤も散布しましたが最初の雨で流れてしまいあまり効かなかったようです。また降った時のために今までの小型スコップ(青)に加えて幅の広い除雪スコップ(オレンジ)を装備しました。アイリスオーヤマの品で、柄の部分とヘッドが別売になっており差し替えができます。このヘッドはスコップと言うよりは持ち上げずに雪をまとめて押しのける器具で、プッシャーと呼ばれています。今回は使わずに済んだので使い心地は不明ですが、道路に積もった雪をむらなく除去するにはスコップより便利そうです。















アイリスオーヤマ PPプッシャー 着脱式セット(PPプッシャー+グリップ付棒)

コメント

小粒有田みかん

2014年02月07日 | 極楽日記

 今度は小粒のみかんだけ箱買いしてみました。濃縮した感じでさすがに甘いですが、小さいだけに汁気が少ない印象もあります。いろいろ混ざってる方が楽しめていいのかな。
コメント