いーなごや極楽日記

極楽(名古屋市名東区)に住みながら、当分悟りの開けそうにない一家の毎日を綴ります。
専門である病理学の啓蒙活動も。

犬山リトルワールド(その5)

2010年12月06日 | 極楽日記(日帰り)

 国民性が出ているのか、ドイツのおもちゃは地味で真面目そう。

 ブリキのおもちゃでは日本製が世界を席巻しました。たかがおもちゃ、という認識が根強かったため、いい状態のものが十分に収蔵されていないのは残念なことです。

 有名なメルクリンの鉄道模型。ドイツ人の生真面目さがよく出ています。

 ドイツのお土産として有名な陶器のビアジョッキです。何しろ重いので、日本でこれを常用している人はほとんどいないと思います。ドイツの自動車や電化製品を使ってみますと、日本とドイツでは想定されている平均筋力が大きく違うのでは、と思うことがしばしばです。クルマのドアでもステアリングでも、とにかく重い。

 ワイン売り場です。本物のドイツならともかく、わざわざ名古屋の酒屋やデパートじゃなくて犬山で買う意味はないと思います。

 ビールも事情は同じ。ビットブルガーもケストリッツァーも確かにいいビールですが、ここでなければ買えないものではありません。ただ、値段はデパ地下と同等で良心的だとは思います。

 外の屋台では同じビールがかなり高いので、あまり気軽に飲めない気がします。ハライコのソーセージは本場のブランドなので確かにおいしいですが、やっぱり少し高いかな。

 屋台でいろいろな国の料理を食べ歩く計画だったのですが、価格水準が高めで少し厳しいですね。

 南米エリアではフォルクローレの生演奏を楽しみました。

 たくさん歩いて少し疲れました。あとはバスで帰るだけです。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬山リトルワールド(その4) | トップ | 大井川鉄道補遺 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

極楽日記(日帰り)」カテゴリの最新記事