はしご湯別館

はしご湯のすすめは引っ越しました

金精峠を抜け日光湯元で濃厚硫黄

2017年12月03日 | 《温泉たび》関東・中部

土曜日は、12月25日で冬期通行止めに入る金精峠を抜けて日光湯元温泉まで行ってみました。紅葉が過ぎウィンターシーズンに入るまでの「谷間期間」で午前中は静かすぎる湯元温泉でしたが、午後になると土曜日の宿泊客なのか、中禅寺湖方面から車が続々とやってきてきてましたよ。



この日は沼田から入り、金精峠へ向けて車を走らせます。



・・・の前に、



お気に入りのコチラで朝のひとっ風呂。たっぷりと掛け流される熱めの湯が、冷えた体にサイコーに気持ち良かったな~。朝の7時過ぎに到着したんですが、目の前の国道を次々とボードやスキー板を積んだ車が通り過ぎてゆきます。どうやら皆さんこの先にある丸沼高原スキー場がお目当てのようで。


丸沼高原スキー場、まぁ、本格始動はまだこれからってとこですかね。


金精峠へ向かう国道は最初は雪はなかったんですが、徐々にこんな具合。9時30分頃で外気温は-5℃です。


金精峠トンネルを抜けると、ドドーンと男体山がコンニチハ。栃木側はまったく雪が無く、そのかわり群馬側には吹いていなかった強風がビュンビュン吹いていました。地形の関係ですかね。


せっかくなので戦場ヶ原へも行ってみました。


あと一か月もすればどこもかしこも真っ白な白銀の世界になるハズですが、いまのところまだ晩秋~初冬の装いといったとこでしょうか。


日光湯元温泉では濃厚な硫黄の湯をたっぷり満喫。


服が火薬臭くなってしまった~。


湯ノ湖です。


水面にはカモとか、バンとか。


近づいたら全力で逃げられました。ドヒューーーン!という効果音が聞こえるくらいの勢いでした。


案内板に少しだけ降雪の名残。


帰りは再び沼田へ戻ります。ちなみに沼田の国道120号線はとんかつ屋さんが軒を並べる事から「上州沼田とんかつ街道」と命名されたみたいですね。


というワケで、せっかくなので食してみました。とんかつ自体久々で、熱々で美味しかった。


〆の湯は15年ぶりに復活した塩河原温泉のみやた館。ONKENさんの情報で知りつつもなかなか訪問の機会がなく、ようやく立ち寄れました。宿は完全建て替えでピッカピカ、湯は源泉の性質上どうしても半循環にはなるものの、溢れ出しもあり状態もよくなかなかでした。


以上~、週末の報告でした~~っっ。
ジャンル:
温泉
この記事についてブログを書く
« アルパインダウンハガー800♯3... | トップ | 浅間温泉と乗鞍温泉 »