はしご湯別館

はしご湯のすすめは引っ越しました

燧ケ岳はメルヘンの世界

2012年08月06日 | 【山】尾瀬国立公園
前回登った至仏山。
ガスガスで眺望がイマイチの中、時折姿を現す尾瀬ヶ原が美しかった。

その尾瀬ヶ原を挟んで至仏山と対峙する燧ケ岳。

こうなると「燧ケ岳にも行ってみっか~」となるのが
人の欲ってもんでしょ。




その欲に素直に従って、週末は燧ケ岳へ行ってみた!!


金曜日の夜、車に荷物を積んでレッツらゴー。
途中、道路をウロつく鹿やウサギをかわしながら、
檜枝岐温泉の先にある御池駐車場(1000円)に到着。

「さぞや、前夜泊の尾瀬ハイカーさんで賑わっている事でしょう」
などと思いきや、実際に到着してみると意外にもガラガラ。
たぶん、首都圏からのアクセスが不便だからかもしれない。

この御池駐車場、登山口は敷地内にあるし、
トイレは綺麗なホット便座のウォシュレットだし、
前夜泊には最高であります。



8月4日(土)

まだ暗い早朝、ゴソゴソ起きだし、準備開始。
朝食とトイレもバッチリ済ませ・・


4:50、御池駐車場の登山口出発!




整備された木道から、樹林帯の岩ゴロ道を進みます。
まだ早朝なので蒸し暑さも少なくて快適。




5:32広沢田代。



一面にキンコウカが咲き乱れ、ワタスゲが揺れています。




柔らかな朝の陽に照らされて、その景色はもう・・
メルヘンの世界ですよーーー!




↑そんなメルヘンの中、
トンボがモウセンゴケに食べられていました・・。合掌。




いつまでもココに居たい気持ちを振り払い、
泣く泣く先へと足を進めます。


更に進むと・・




6:21熊沢田代。


うひゃーーっっ!またメルヘンの世界に来ちゃったよ。

しかも、澄んだ池のほとりには、
「ここに座りなさい」といわんばかりのベンチまで。




・・・というワケで、再び足が止まります。


あまりに静かで美しい景色に
「今日はここまででいいや・・」と一瞬、本気で思ってしまう。




泣く泣くメルヘンの世界に別れを告げ、


次に登場したのは・・・




岩ゴロ道。




途中から見えた熊沢田代。




7:27ザレた斜面を横切り、




石楠花の小道を進むと・・・




7:46俎ぐら山頂到着!
尾瀬沼、尾瀬ヶ原、至仏山・・360℃見渡す限りの絶景!



山頂の祠と、三角点。




すぐお隣は、これから向かう柴安ぐら山頂。




しばし景色を堪能した後、柴安ぐらへ移動開始!





8:13燧ケ岳最高峰、柴安ぐら山頂到着!!




至仏山とお揃いの御立派な山頂標識もありました。
ヘリコプターで運んだのかな?まさか人が担いで!?




尾瀬沼と、




尾瀬ヶ原を挟んで対峙する至仏山。
あちらは今日も大勢の人で賑わっているんだろーか?




遠くに御富士さん。



尾瀬ヶ原を眺めながら、ちょっと早い昼食。
柴安ぐら山頂は広いスペースもあって、休憩には丁度いいです。


昼食の後は、再び俎ぐらへ。




9:40下山開始。帰路は長英新道を歩きます。



草花をを眺めつつ。



あぁ、それにしても・・・盛夏の登山道は・・



むちゃくちゃ暑いなぁぁぁーー!!

下から来る人は皆、(暑さで)辛そうヨ。
早朝に登っておいてヨカッタ!!




この長英新道、樹林帯に突入してからが、とにかく長い。
緩い下り坂を、ダラダラ、ダラダラ、ダラダラと・・。
「飽き」との戦いに苦戦する。


尾瀬沼はまだか~~?




尾瀬沼は~~~っっ。


・・・・・。


・・・!!




12:13ヤッターー!尾瀬沼畔の分岐に到着ーーー!!

ちなみに、この長英新道は「ぬかるみ」で有名らしいですが、
季節柄か登山道は程よく乾き、
一度もぬかるみに足を入れる事はなかったです。




広々と爽やかな湿原に出ました。
ハイカーの皆さんが歩いているのが見えます。



花のシーズンは過ぎたらしく、広い湿原にポツリポツリ程度。




こんにちは、岩魚くん。




湿原の向こうに、さっきまでいた燧ケ岳の勇姿が見えます。


湿原を抜けた後は、退屈な樹林帯の木道を歩いて・・



13:31沼山峠バス停(休憩所)到着!
沼山峠からシャトルバス(500円)で御池駐車場まで戻り、
燧ケ岳無事終了!!


初めて歩いた燧ケ岳は、景色が変化にとんだ前半が特に楽しかった!
後半の下り(長英新道~沼山峠)は、ひたすら「飽き」との戦いだったなぁ。
次は御池~山頂~御池のピストンがいいかな。



燧ケ岳の後は、蕎麦と温泉を満喫。


「さぁ、明日は奥会津の温泉にノンビリ浸かって帰るかな」


などと思っていたら・・・




↑こんなチラシを発見。


明日は、どっちだ!?


・・たぶん、つづく。


はしご湯のすすめ(ホーム)
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« お花畑の至仏山 | トップ | 真夏の山開きだよ!唐倉山 »