はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

磐梯山と安達太良山・1 -磐梯山-

2011年10月03日 | 【山】磐梯・吾妻・安達太良


メタボ解消のため、週末は福島県の
磐梯山と安達太良山へ登って来ました。

最近は心を入替えて体を動かすようにしているのダ!
でも全然痩せないゾっっ!!わっはっは~!

山では紅葉を期待していたものの、
どちらも薄っすら始まりかけ。
・・・という事は、これから行く予定の人は、
まだチャンスあるよーー!

10月1日

ETCの土日割引狙いで夜12時過ぎに磐越河東ICを抜け
磐梯山登山口の八方台駐車場に到着。今夜はここで車中泊。
ちなみに到着時は一台も車なし。
周囲は真っ暗で少々恐いくらいだった。
(時折、悲鳴のような鳥の鳴き声が響く)

朝6時を過ぎると、モヤがかった中を
登山客の車が続々とやってきた。
他県からの団体大型バスもやってきて、
静かだった八方台駐車場がアッという間に大賑わいさ。
こりゃ~磐梯山って相当人気の山なんだね。


朝の男子トイレで交わされた会話。

オジサンA
「オレは食ってからしばらくしないと、クソ出ないんだよね」
「クソ、間に合うかナァ・・」

オジサンB
「まだ出発まで時間あるから大丈夫でしょう」

オジサンA
「山の途中でクソしたくなったら地獄だもんなぁ」


山の途中で便意=地獄。

誰もが大・共・感!




登山道が混まないうちに、
身支度済ませ(勿論トイレも済ませ)、6時30分出発。


本日の天気予報は、雨は降らないものの曇りとの事。
森の中はガスってます。そして少し薄ら寒い。


しばらくブナの森を歩き
6時50分廃業した中の湯旅館跡地到着。
周囲はガス臭たちこめ、ブクブクと湯が湧いています。
ここは、一部温泉マニアの間では
「野湯」して扱われてきたところらしい。
お湯遊びは下山のお楽しみにとっておくとして・・



中の湯を過ぎた後は登山道が続きます。

8時、お花畑の分岐。
季節柄、花は咲いていないと思いつつ
どんな所か興味がてらお花畑経由の道を選択。


枯れて色づいた草は、これはこれで綺麗。
青空だったら、もっと綺麗。
ここは、横風が吹きつけ、かなりの強風だった・・。



8時14分、弘法清水。水場と2軒の休憩小屋あり。
休憩小屋は、まだ開店していません。



ここから頂上目指して急な登山道。



グイグイと登りきった所で8時43分、山頂到着。

ここから見える360℃の大パノラマが凄いらしい。

がっっ・・

ガスで何にも見えましぇ~ん。


しかも強風がビュービュー吹き荒れております。
風はどんどん酷くなるばかりで、
しまいには立っていられず
山頂の祠の前で亀のように伏せてしまった。
知らない人が見たら、祠の前でひれ伏す姿を見て
「なんて信心深い人なんだろう」と思ったに違いない。

360℃のパノラマビューをおかずに
持参したオニギリをパクつこうという夢は
もろくも崩れ去り・・早々に撤収。
ちなみに山頂の温度計は5℃だった。


↑山頂には、温泉マニアをホイホイする誘導電波がっっ!


9時48分、再び弘法清水。


おぉっっ休憩小屋が営業しています。


ここで「なめこ汁300円」を注文し、
女将さんに了解を得て
図々しくも持参したオニギリをパクつかせていただいた。
弘法清水で淹れたというお茶が温かくて美味しかった~。
ここの小屋の方は韓流ファンなんだね。
あちこちにポスターが・・。

この頃から、登山客が続々と上って来た。
学生グループ多し。小学生の大グループまでいた。
ちなみに三昧も中学生の時に学校で磐梯山を登ったのダ。
学生=磐梯山登山が基本のようです。




10時38分、下山途中でようやく青空が!


森の中のポツンとあるエメラルドのような池は
五色沼のひとつかな。



そして・・たぶん、あれが、さっき登った磐梯山山頂。




11時8分、中ノ湯。

爽やかな青空が広がり、
行きのサスペンス舞台になりそうな
ガスがかった不気味な雰囲気は一切無し。

立入り禁止のロープはあるものの
山マダム、学生、その他数組入り混じり、
野湯は満員御礼大賑わい。



幾つかの湯溜まりがあり、ひとつひとつ触れてみた。
冷たい所、ぬるめのところ、適温寄りのところ様々。
一部の湯溜まりは凄いブクブクジャグジー状態で、
八幡平の藤七旅館みたいだゾ!
誰もいなかったら素っ裸で浸かっていたかもしんない。
ただし泥炭状の沈殿物が凄いので後が大変そうダ。

山マダム達は「足湯しながらお弁当食べよう」と言っていた。
泥炭を腕に塗り始めるオジサンもいる。


木漏れ日のブナの中を歩き
11時45分、八方台駐車場に無事到着。




着いてみると駐車場はほぼ満車状態。
警備員さんも出動している。
この駐車場はトイレもあっていいんだけれど、
お客さんの多さの割には少々狭い気も・・。
少し下った所にもちょっとした駐車スペースがあったものの
そちらは大型バスの待機場と化していた。


なかなか楽しかった磐梯山、次は別のコースも歩いてみたい。



その後は温泉で癒されたり、喜多方でラーメン食べたり。

そして、明日の目的地、安達太良山を目指します。

この日は奥岳登山口付近で車中泊。
満天の星空が綺麗だったものの・・
一晩中強風が吹き荒れ凄かった。

明日は大丈夫なんだろーか・・??


つづく。


はしご湯のすすめ(ホーム)
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 栗駒山(須川岳)とシラタマ... | トップ | 磐梯山と安達太良山・2 -安達... »

【山】磐梯・吾妻・安達太良」カテゴリの最新記事