JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノドが痛いときは・・

2007年09月25日 | 季節

びっくりするほど暑かったお彼岸(和尚様も「80年生きてて初めてだ!」
とおっしゃっていました)を過ぎて、ようやっと秋の気配が
してきたかどうか・・・・?でも相変わらず湿度は高いから、
エアコンがなかなかオフになりません。

 「歌手の方って、どんな風に喉のケアをされているんですか?」
という質問を時々いただきますが、そうですね、頻繁にうがいをすること。
それから、できる限り声高に話さないこと。それだけですね。 
普通の方が、カラオケのやり過ぎで喉を痛めた、という話を聞きますが、
つまり間違った発声で声を出していると、そういうことが起こります。
自分の許容量を超えた音量とテンションで声を出していると、
必ず痛めますね。
 そうは言っても、お酒を飲んで、楽しく盛り上がっている場合には、
ありがちなことです。 

 ある深夜、「ノドが痛い」と言ったら、五味さんが作ってくれたのが
コレ。一見、「ウォッカオレンジ」とどう違うの?という出来あがりなのですが。
“ベーレンイェーガー”という、蜂蜜のリキュールをオレンジで割って、
甘味とアルコールを調節(企業秘密?)したもの。エムズの色合いにピッタリ!


 今夜は小林洋(P)根市タカオ(B)広津誠(Ts)のトリオに
上様ことクラリネットの松平さんもご参加くださるとか。
ゴージャズな演奏で、連休明けの時差をふっ飛ばしましょう!


コメント   この記事についてブログを書く
« September Song・・・人生の... | トップ | エムズへの道・・・道に迷う人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

季節」カテゴリの最新記事