JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新橋駅

2013年12月24日 | 季節

SL広場のクリスマス・イルミネーションです
コメント

街場のクリスマス

2013年12月24日 | 季節

 12月23日が祝日になってから、クリスマス・イヴとクリスマス当日は
100%「休み明け」ということになりました。従って敬虔な信仰の徒は別として
一般人の感覚では、23日を含む、クリスマス前の週末がパーティーに最適、
ということになるのはいたしかたもありません。 もともとクリスマスには
多くの方がホテルやレストランの特別ディナーに張り切って予約をします。
その後ぶらりと街に出て、良い雰囲気で締めの一杯をやるか、という
大人の余裕を持つ方は、残念ながらそうそう多くないようで。

 なぜでしょうね?日本人。普通の「十年一日」のような営業だとあまり興味を
示さないのに「スペシャル何とか」には競って反応するような・・・。
サイトを見てアクセスして下さる方の中にも
「クリスマスの特別イベントとかメニューはないんですか?」
というお問い合わせが
「特にはなにもございません。静かなバーで生演奏で間近にクリスマスソングを
聴けるというくらいで」とお答えします。

今夜;24(火)深澤芳美(P)
 明日;25(水)小谷教夫(P)
それぞれにピアノ・ソロ&私のヴォーカルで

 特別を感じたい夜の締めは、いつも変らぬ銀座の雰囲気の中で
大人の時間をお過ごしください。
ただし最終ステージは22:15~23:00です。
それを過ぎてしまいますと、ただの飲んだくれの時間になってしまうかも・・・
コメント

大泥棒!?…河辺さんのお話より

2013年12月24日 | エピソード

 そういやあ、そのあたりは○○町ってことになるのかい?
その○○町の神社のワキにね、年代もんを扱う骨董屋があったんだが・・・
(いえ、今は○○何丁目、と言っていて、町名はなくなっていますし、
ビルになっていて谷間にお寺があるだけで・・・)
そうかいそうかい、万事ワケがわからなくなったなあ。
 その骨董屋にね、ある時大泥棒が入ったんだよ。
で、その泥棒が顔見知りだったの。イヤイヤ、友達ってんじゃないよ。
その頃ボクが出てた(ビッグバンドのリーダーとして)ナイトクラブにね、
毎晩のようにやって来ては豪遊してくれるんですよ。 
さんざお金を遣ってみんなに振舞ってくれてね、羽振りがいいわけ。 
で、あとから聞いたらとんでもない大泥棒だったっていう・・・
いや~~人なんざわかんないもんだね

 こんなお話がポロポロ出てくる河辺さんのステージトーク
「あたしゃこの曲はアービング・バーリンだと何十年も信じてて
お客様にもそう紹介し続けてきたんですよ。 そしたら去年ピアノの
小林洋ちゃんが『オマエね、これはガーシュウィンなんだよ』って教えてくれてね」
驚いて立ち上がる洋さん
「河辺さん待ってください。オレ言ってないですよ河辺さんに向かって
『お前ね』なんてそんなエラそうな口きいてないです
必死に否定する洋さん。 客席爆笑河辺さんは気にも留めず
「いや~~この歳になって永年の大間違いに気づくなんざアナタ、恥ずかしいやら
申し訳ないやら、死んでお詫びをってなもんだよ

 歌の段になってマイクを持ち、初めての方のために少々私からご紹介
「河辺さんはビッグバンド時代の大変偉いリーダーだった方です。
そんな大先輩がこうして私達若輩者と一緒に現場で演奏してくださる、
そういう機会は・・・(途中で気がついて洋さんとベースの大津さんを振りかえり)
あ、どうもいっしょくたにしてしまって失礼いたしました。
だけどこの際2,3歳の差は2,30歳の差に比べればどうってことないかと思いまして
洋・大津「いやいや、おっしゃる通りです

 そんな河辺さんは私を紹介して下さるとき、ステージのたびに
「それじゃ“ご真打ち”登場です」と高らかに言ってくださいます
コメント

臨機応変・・・「間」がいいか悪いか?

2013年12月23日 | つれづれ


 昨日の河辺トリオの「Twilight Xmas Special」今年最後のご出演ということで
ファンの方々に囲まれた大きなホームパーティーのようになり、
ネット経由で初めていらした方々も「いや~~楽し雰囲気ですねえ」と
感心しきり。 良いイベントの締めになりました
で、いつものように「3000円で1ドリンク付きです。お代わりは\500のキャッシュオンで
お願いいたします、」と触れまわりつつ、飲み物をサーブしていたのですが、
ある方が「え?今日は4000円飲み放題ってスケジュールに書いてあったような気が」
なにしろ一人で考えて書いたり言ったりしていて、イベントによっては「特別サービス」
というのをふと思いついたりするので、もしかしてそう書いたのかも??と
私も疑心暗鬼になり、「えっと、3杯以上飲まれる方はそのほうがお得ですよね。
自己申告制で、どちらでも構いません!!」とアナウンス。 実際に飲み放題で
お喜びになった方は、20数名中5名様でした。
 20名を超えると、ステージを務めながらのひとりでのサービスには限界があり、
伝票を書いているヒマもありません。そこで自己申告制のキャッシュオン。
「飲み放題にしちゃいますか?」というのも、現場の状況しだいで、お互いにその方が
よければ、ということにさせていただいています。 
もちろん、初めてサイトを読まれる方には、基本的にこういうやり方です、というのを
明示しなければなりませんが、それはあくまでも基本です。 ご了承くださいますよう。

「カードOKですか?現金のみですか?」と機械的に聞かれることがありますが、
基本は書いてある通りです。ただ、お勘定受付が立て込んでいる場合に
カード決済をしていると、店主である私が一番大事な出入りのご挨拶がおざなりに
なってしまう場合があり、これだけはどうしても避けたいことなので
「申し訳ありません。少しお待ちいただくか、もし可能でしたら現金で
お願いしたいのですが・・・」ということはあり得ます。
 これもすべてはタイミングです。 周りの状況を見計らって、スムーズに全体が
流れていればほとんどのことはうまく運びます。ですが、実情はなかなか
そうもいかないようで・・・。  改札を出たところやエスカレーターを降りたところで
いきなり立ち止まって次の行動を思案している人いますよね 
あれだけはなんとか現場では避けたいところです。

 ちなみにサイトのスケジュールを確認したところ、いつもどおりに
「\3,000(1drink)」となっていました。

 河辺さんの次のご出演はたぶん3月初旬くらいでしょうか・・・
春めいてくるころがいいな、ということで調整中でございます
コメント

愛好会活動=「♥Standards[E]」

2013年12月17日 | 生ジャズ

 ずいぶん冷えてきましたね

12月14日(土)「Standards[E]」の演奏曲目:
1st.
Easter Parade
Everything I Have Is Yours
Estrellita
Everything's Coming Up Roses
End Of A Love Affair, The
(歌)
Ellie My Love
Everything Happens To Me
Everything Depends On You
Everything I Got
Easy Living
2nd.
Emily
Ebb Tide
Ev'rything I Love
Eternally
Esetate
(歌)
Early Autumn
Everybody Loves Somebody
Everything But You
End Of The World,The
Everytime We Say Goodbye
Edelweiss

 ヨウ・パクリンこと小林洋さんが「パクリ・フレーズ」の多用なしにひたすら美しく
演奏に没頭するステージは限られています
 この愛好会シリーズでは、そればかりか音楽家ならではの曲についての蘊蓄、
さらにこれまでの数限りない共演者の丸秘エピソードなども山盛りで、
話し出すとご本人もそれからそれへと芋づる式に思い出してしまうらしく、
「小林洋トーク・ショー」の趣に 門外不出企画その2、です

 いつも洋さんと話し合うことですが、ふだん私達が好んで現場で演奏している曲、
また、いつもはやらないけれど、こういう機会に思い出したり覚え直してみたりする
古くからのスタンダードの数々には「さすが」「う~~ん、深い
とつくづく感心させられる何かがあって、永年残ってきている曲というのは
やはりそれぞれにスゴイんだな、と思います。
 次回「F」の日程はまだ未定ですが、歌物のお好きな方にはぜひお聴きいただき、
ご一緒にスタンダードへの愛を深めていただきたいと思っております



コメント

冥利な一夜

2013年12月14日 | エピソード

 五十嵐トリオをめがけてたくさんのファンにお越しいただきましたが
セカンドステージに、前夜ご出演のトランペッター下間さん登場
下間「最近エムズで流行っているらしい『通りすがり』してみようかなと」
大歓迎の五十嵐さん、10月末江東区で行われた『ジャズミー横丁』のコンサートで
共演したのだそうで、初の二人のコンビネーションとなりました。
下間さんも日頃から大尊敬する先輩とのステージで「今日は興奮しっ放し
「何かバラードを」と言われて吹いてくださった'What's New?'
素晴らしく沁み入りましたねえ
 管楽器同士というのは、普段常にフロント(ステージ前線に立つ歌手とか
手持ち楽器の人を言う)にいるリーダーだったりゲストだったりする者同士なので
それぞれの分担を書いてある譜面での演奏ではなくてその場でのセッションとなると
お互いにとても気を遣うでしょうし、相性というのもあるわけです。
けれどもそれぞれの歌(演奏で歌う、ということ)を気に入って尊重し合うと
一人の時とはまた別の好ましい雰囲気が生まれて聴く人の幸せ感は倍増します(きっぱり)
このことを肌で感じるようになったのは、エムズという小さな現場で
文字通り肩をすり合わせての共演を何年も日々体験してきてからです。
 一曲ごとに大喝采の客席
お酒を作ってサーブするのも半端でない大変な状況だったのですが、その中で
五十嵐さんの「それじゃあ女将さん、お願いしますよ」というMC
に迎えられてそのステージに混ざる・・・まさに歌手冥利・女将冥利でございました

 下間さんとの掛け合いで"I'm Gonna Sit Right Down~"と"It's A SIn To Tell A Lie"
・・・コード進行の同じ二つの違う歌を重ねて歌ったり(昔は先輩後輩の歌手同士で
よくやったものですが)とにかく本人たちも大いに楽しいステージ、
私にとってはある意味懐かしいノリでした。
(「通りすがっただけなのにこんなに働かされるなんて(@_@;)by下間さん」)

 締めは"Have Yourself A Merry Little Christmas'
いい雰囲気のまましんみりと和やかなエンディングを、思ったのですが、
メガネを鼻の上に載せて譜面を眺めるピアノの森田さん
「ミキさん、このバースぼく知らない。」
私「え?去年もやったでしょう?」(客席失笑)
森田「(再びじっくり眺めて)いや、初めてです!(きっぱり)」
私「あ、そうですか、どーも。それではお送りします!(きっぱり)」(再び失笑)

 ささやかでも楽しいクリスマス
 明るい気持ちで過ごそうね
 今この時からは悩みや苦しみははるか彼方に追いやられ
 信頼し合う親しい人たちが集まって来る
 佳き時代のように また一緒に過ごそう
 ツリーのてっぺんに輝く星を載せて
 ささやかでも幸せなクリスマスを

 そんな気分を噛みしめられた一夜になりました(*^_^*) 
コメント

大盛り

2013年12月13日 | つれづれ

 さらにこちら、産地直送の柚子、青レモン、すだちもまだイケます

 今夜は「泣く子も黙る?」五十嵐トリオのご出演
この籠盛りに負けず、お楽しみ満載の一夜になるかも・・・
コメント

みかん山のサンタ

2013年12月13日 | 季節

瀬戸内の島から今年も届きました。
小さいけれどとびきりジューシーです
今夜はこれを使ったオリジナルカクテル;
「OTラム」・・・みかん、ティーリキュール、ゴールドラム
「OGクーラー」・・みかん、ジン、ジンジャーリキュール、ソーダ
などもお造りできます。
コメント

お知らせ

2013年12月10日 | Information
12月14日(土)16:30 Open
17:00~、18:30~ \3,000(1drink)お持ち込み自由
『♥Standards[E]』小林洋(P)&影山ミキ(Vo)
・・・とにかくスタンダードの歌の数々を聴いてください
19:30終了予定、その後の営業はございません

12月21日(土)『御殿山ガーデンレストランXmas Dinner Show』
影山ミキとXMX(クリスマスミックス)2013
影山ミキ(Vo)小林洋(P)酒井一郎(B)鈴木直樹(Cl,Ts)
Dinner;17:30~ Show;18:45~19:45 \8,000
詳細はこちら→
 どうぞ奮ってご参加くださいますよう

鬼が笑いますが
一月のスケジュールをアップいたしました

コメント

魔除け?

2013年12月06日 | 季節

 これ、ご存知ですか? 柊です。
「ヒイラギモクセイ」とも言って、キンモクセイのような、水仙のような
典雅な香りがします。

 葉っぱの縁があまり尖っていませんが、いろいろな種類があり、
雑種も多いとのこと。 節分にイワシの頭と一緒に門口に飾るには
もう少しアグレッシブなやつがいいですね

今夜はエムズでは珍しいドラムス入りのトリオ
江草啓介(P)成重幸紀(B)近藤和紀(Ds)

週末の一夜をスカッと過ごしにお越しください
コメント