自転車に乗ろう♪

自転車のこと、ロードレースのこと、庭のこと、日々の暮らしのことなど。    HN:Emmy(えむえむ)

分割統治(分断統治)

2017年09月20日 | 社会、読書
分割統治(分断統治)とは、
ある者が統治を行うにあたり、被支配者を分割することで統治を容易にする手法。
被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避けることができる。(wikiより)

英語では
Divide and conquer(分断して征服せよ)あるいは
Divide and rule(分断して支配せよ)
というもので、
欧米列強による植民地支配ではこの手法が広く用いられた。

特にイギリスはインドや東南アジアの植民地で
宗教や民族によって扱いに差をつけることを徹底して行った。
1945年以降それらの国々が独立した後も
このことが内紛の種として残り、現在まで深刻な問題を引き起こしている。

インドとパキスタンは元々言語も通じる共通の文化圏なのに
イギリスが去るときに「ムスリムはムスリムの国がいいだろ?」
と何者かが誘導して(そそのかして)
別々の国として独立する結果となった。
今のバングラデシュは初め東パキスタンで
小学校でパキスタンは東と西があると習ったときに「変だなあ」と思ったものだ。

最近のニュースで人権問題として取り上げられるロヒンギャもまた
イギリスが残した分断統治の負の遺産である。

ビルマ(現ミャンマー)は仏教徒であるビルマ人のほぼ単一民族国家だった。
イギリスが征服して
北部からは山岳少数民族のカチン族などをキリスト教に改宗させた上で
連れてきて、警察官などの役を担わせビルマ人を間接支配した。

西では現在のバングラデシュ地域からイスラム教徒を連れてきた。
ビルマ西部のラカイン州のラカイン族(仏教徒)は
土地を奪われ命を奪われ悲惨な目に遭わされた。
そのイスラム教徒の子孫がロヒンギャと呼ばれる人々である。
侵略者の手先として自分達を弾圧したロヒンギャは
同胞どころか「親の敵」なのである。
ミャンマー政府がロヒンギャに国籍を与えない、
つまり国民とは見なさない理由は、
こうした歴史的な背景による。

イギリスが去ったのだから、
その手先であったイスラム教徒(ロヒンギャ)達も元の自分の国へ帰れ。

ミャンマー人がそう考えるのは当然だと思う。

深刻な民族対立を抱えたミャンマーで
ついこの間まで軍事政権が続いた理由も
国がバラバラにならないために強い軍事力で抑える必要があったからだ。
山岳少数民族との紛争がようやく落ち着く方向がみえて
アウンサンスーチー氏の民主政権が発足できた。

その中で最も深刻な民族問題として残ったのがロヒンギャの問題である。

それだって、現地とのパイプを持つ有本香さんによれば
報じられているほど大規模な武力弾圧はなされていないとのこと。
ロイターが大々的に流している「人権弾圧・人道問題」は
今流行のフェイクニュースと見た方がよさそうだ。

いずれにしても
ミャンマーの民族対立は、元を質せば全てイギリスの罪であって
マララ・ユスフザイさん辺りにミャンマー政府への非難コメントを出させる前に
イギリスが十分な金を出して
ロヒンギャの人達に安住の地を提供するのが筋だろう。

それをせずにミャンマー政府を非難する資格は無い。
正に「お前が言うな!」である。


付け加えると、この分断統治は
GHQによる我が国の占領政策でもおおいに活用された。

悪い大日本帝国政府と軍部が
よい一般国民を騙して戦争に引きずり込んで酷い目に遭わせた。
アメリカが日本国民を開放して、初めて日本に民主主義をもたらした。

この嘘のストーリーを
7年間の占領期間中に繰り返し繰り返し日本国民に刷り込み(WGIP)
日本国民を分断することに成功した。
独立(主権回復)から65年経っても
まだ日本国民は一つに纏まれず
自分の国は自分で守るということができないまま
国際社会の荒波に揉まれ彷徨っている。

自分達が選挙で選んだ政府を
「倒すべき権力者」と誤認識しているメディアや学者や少なからぬ日本国民には
一日でも早く真実に気付いてほしい。

それにしても分断統治とは、なんと効果的で恐ろしいものだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 山葡萄の季節 | トップ | 秋の景色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事