小室みえこのブログ

日々のくらしと市政をつなぐ

議会の前ですが💦

2018-08-22 00:27:31 | 日記

小室みえこです。

昨日、午後になって急にインターネットが繋がらなくなり原因が分からず今日も一日外出しており、対応がで来ませんでした。携帯で代用しながらなんとかやりくりしておりますが、結構不便です。議会の開会も近く早急になんとかしなければと。

今朝は、清水公園駅で市民ネットワーク通信を配布して来ました。ずいぶん遅くなってしまいましたが、なんとか9月議会が始まる前に、、と。朝6時25分から一時間くらい。乗降客は少ない駅ですが、受け取ってくださる方は結構多い駅です。ありがとうございます😊

朝からお散歩の元気なご婦人お二人が「あら?また選挙なの?」と。「いいえ、私たち市民ネットワークは、選挙の時だけではなく、議会ごとや県の情報誌も配っていますので、駅に立たせてもらっています。」と、伝えますと「あら、そうよね。選挙の時だけって、ねー。ご苦労様」と言っていただきました。日頃の活動が伝わればいいのですが、中々難しいですね。でも、誠意を持って取り組んでおります。

 

さて、、、これはCAPを実施するために大事なシナリオです。

   

今日は、その後柏に移動してCAPのミーティングに参加して来ました。木曜日には、我孫子市の学校で教職員を対象としたワークショップを担当することになっています。久しぶりの現場です。話し合いは二時間半以上かかり、ワークショップで担当する劇の練習をしたり。。。子どもを取り巻く暴力の環境を最新の情報とともに色々情報をいただきました。特に、思った以上に性暴力の加害者らを対象としたプログラムが進んでいること。無論、被害者への回復らプログラムも新たな方向性を感じさせるものもありました。加害者がいなければ、被害者を生まないわけですが、加害者の背景には、被害者であった過去もあることが少なくないため、それぞれの回復に向けた取り組みはいっそう大事になって来ます。

議会を前に、現場に出る余裕があるわけではありませんが、やはり、現場の声は大事です。

 

 

 

 

 

 


この論理で通るの?いや、通しちゃいけない。

2018-08-21 00:22:57 | 日記

小室みえこです。

総裁選のニュースが聞こえて来ます。本当に何故?と思うような状況です。

さて、その自民党の総裁選にも関連して、、、そうそう‼️と、思わず声に出してしまうくらい、言い当てていると思いました。

どうですか?

     

 

       

 

 

 

 

 

 


市民会議傍聴 in湖西市

2018-08-20 11:34:41 | 日記

小室みえこです。

18日(土)13:00~16:15に湖西市(新)市民会館等複合施設建設検討市民会議 第3回 の傍聴に行ってきました。

        

今回は、 埼玉県草加市 副市長 中村 卓さん が、「地域経営」の視点から「どう創る、市民活動施設」について  のお話と、  地元大学生の「人と人をつなげる空間づくり」の提案もあり、時間はあっという間に終わてしまいました。

傍聴の前に湖西市の決算カードを確認し、財政的な視点からどんな街なんだろうと事前に調べていましたので、草加副市長の中村さんが「地域経営」を視点としたお話はタイミングよく響いてきました。湖西市さんは、財政的には恵まれている?(不交付団体です。財政力指数は1.034 因みに野田市は0.87:平成27年度)と思います。

しかし、中村さんが財政的なことを言うと、湖西市長は「財政的にはいい自治体だといっていただきましたが、しかし、不交付団体としては、なんでも自分たちでやらなければならないので、決して余裕があるわけではないんです。」というようなことを仰っていました。

私も、中村副市長と同じように思っていましたが、やはり「隣の芝生は青く見える」と云う事でしょうか?

この日も、市民皆さん(委員)のご意見も活発でした。次回は、財政的面から説明をしてもらい、市民の皆さんの判断材料となるような議論が展開されそうです。市民会館を作るのか、作らなくてもいいのか?作る場合は、どんな施設にすべきなのか?今後の市民活動が活発になるような複合施設の案も発言がありますので、楽しみです。(なるべく傍聴に参加できるように調整したいと思います)

また、当日は傍聴者の中に千葉県我孫子市議会の議員さんがいらっしゃいました。ナビゲーターの伊藤さんが紹介してくださり、・・・そういえば数年前に中央学院大学での研修でお会いしたことがある方でした。千葉県内の方と静岡県でお会いする偶然にお互いにびっくりでした!!


遺伝子組み換え&除草剤

2018-08-16 00:06:01 | 日記

小室みえこです。

          

今日、たまたまつけていたテレビのニュースで報道していた。遺伝子組み換えのイベントに参加し金銭を支払った学生27人に対して、ツイッターに遺伝子組み換えについてのコメントを肯定的な感想を投稿を促したというような内容でした。

ツイッターには、

「遺伝子について楽しく学べた」

「遺伝子組み換えって危険なイメージがあったけれど、変わった」などと投稿したというのです。

これに対して内閣府「平成28年度食品安全モニター課題報告」

遺伝子組み換え食品について 『不安を感じる」  35%  「不安を感じない」  62%というのですが・・・・・・

このニュースの中でのコメントを紹介:日弁連消費者問題対策委員会の板倉陽一朗弁護士のコメント

「社会を二分するような問題に『こちらが良い』となんとなく思ってもらうための手法。」違法ではないが、難しい問題をみんなで議論しないといけないときに、簡単にどっちかに誘導しようというのは、簡単にどちらかにしないとどっちかに誘導しようというのはみんな不幸だと思う」と。

というニュースの内容でした。

このタイミングで、山田正彦さん(元農林水産大臣)のFBに昨日投稿されていた内容が、、、、、日本のメディアは、ボクシングアメフト等のスキャンダルの報道に熱心ではあるが、本当に大切なことを報道しなくなった。・・・・・・・かつてあれほど、報道していた遺伝子組み換え食品についても、日本は遺伝子組み換え農産物承認309種、米国ですら、179種類だという。と重なりました。

そして、偶然にも・・・・もう一つ思い出したのが・・・・・

昨日見たBBニュースです。、、、、、、、、、、、このことに絡めて、アメリカにおける除草剤でがんになったとした裁判について次のような陪審評決が出たというニュースを思い出したので併記します。

そのタイミングで、山田正彦さん(元農林水産大臣)のFBに、日本のメディアは、ボクシングアメフト等のスキャンダルの報道に熱心ではあるが、本当に大切なことを報道しなくなった。・・・・・・・かつてあれほど、報道していた遺伝子組み換え食品についても、日本は遺伝子組み換え農産物承認309種、米国ですら、179種類だという。

この遺伝子組み換えにおいては農薬大手モンサントに関連したBBニュースで

・「除草剤で末期がんに、米裁判 モンサントとに約320億円の支払いを命じる陪審評決」

これにより同様の訴訟が相次ぐおそれ・・・と。

実は、モンサントは、最近ドイツの製薬大手バイエルが買収して親会社となったため、この陪審評決が出たことを受けて、バイエル社は11日にランドアップ(今回訴訟となった除草剤)は「安全」と主張し、評決をはねつけた。とありました。

さて、種子法廃止、TPP11等々、このモンサント社との攻防の行方は、決して他人ごとではありません。よくよく、しっかりと目を光らせないといけないと思っています。

遺伝子組み換えと除草剤の話が交錯してしまいましたが、伝わったでしょうか?本当に色々なことが絡んでいて、市民生活にも大きな影響が出ている。そしてその事実をしっかり踏まえたうえで、遺伝子組み換えも、農薬も考えていかなければいけないんですね。グローバル企業が儲かるために、世界中の農業、作物が危険にさらされていることに気づき、農業や食の安全に取り組んでいきましょう。

 


朝は水やりからスタート

2018-08-15 10:03:15 | 日記

小室みえこです。

今日は、終戦の日。

ここから始まった苦難のあり、まだその苦難が続いているという方もいらっしゃるでしょう。

73年目を迎え、暑くも静かな朝です。

今朝は・・・・・・

8時40分に家を出て、今少し前に帰ってきました。

            

 梅郷駅前ロータリーの水やりから始まりました。

今年はなかなか水やりに参加できませんでしたが、ここのところは続けて参加しています。少し風に秋の気配を感じるようにもなりました。

たっぷりとは言えませんが、明日以降の雨に期待したいところです。