川越の税理士♪ 小澤恵美税理士事務所

小澤恵美税理士事務所が発信します
税金の事・経営の事
そして税理士のつぶやきなど

会社の種類 (合同会社を調べていての話 その1) 

2018年01月03日 | 日記
明けまして おめでとうございます
本年もよろしくお願い致します
川越の税理士 小澤恵美です


さて、正月は2日から仕事しておりますので
正月ぅという気分ではありませんが
合同会社について色々と調べておりまして
「会社について」を
ブログに書いてみようと思います

今日は 「会社の種類」についてです


〔会社の種類〕

   日本の会社形態は、今までは株式会社、有限会社、合名会社、合資会社の4つでした。

内部の組織に高い自由度が認められるかどうかという点では、合名会社と合資会社がそのような組織です。
また、これらの組織は、多くの点で民法の組合の組織と類似します。
合名会社や合資会社は、社員(構成員)の相互の結びつきを重視し、会社と社員との関係が密接で
あるため「人的会社」と呼ばれます。

「人的会社」は、出資者の個性が重視され、出資者の能力・信用力や出資者間の人的信頼が重視される組織です。
例えば、気心の知れた仲間でビジネスをする場合に、仲間うちで出資し自分たちで経営をします。
商法上の概念では、「所有と経営は一致している」と言えます。
対内的には定款自治が原則であり、商法規定による干渉は少なくてすみます。
商法もこのような会社では、出資者による総会(社員総会)しか規定していません。
その他のルールも少なく、原則として会社の内部組織については、自由に作り自由にマネジメントができます。

一方、株式会社と有限会社はそれらの結びつきが希薄なため「物的会社」と呼ばれます。
これはどういうことかというと、商法は、株式会社では、所有者(オーナー)と経営者(マネジメント)は
異なる(「所有と経営の分離」といいます)という前提を置いて規制を決めているのです。
そのため、経営者が「オーナー」から預かったお金を「オーナー」の目的に従って忠実に活用しているか、
勝手に自分の私腹を肥やしていないかなどをチェックするために、いろいろな組織やルールが必要になるのです。

商法は、株式会社が問題を起こさず適切に経営するために、たくさんの規則や組織を定めています。
株式会社の組織には、株主総会、取締役、代表取締役、取締役会、監査役、監査役会など、
いろいろな役割を果たす方々(これらは商法上「機関」と言われます)がいます。「会計参与」という機関も登場します。












最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。