emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

ストロベリーナイト 第4話

2012-01-31 22:39:33 | 2012冬ドラマ
第4話 「過ぎた正義」

監察医・國奥(津川雅彦)より、2件の死亡事案について「事件性があるのでは」という連絡が入る。
2件とも男性で、過去に少年時代に殺人事件を起こしているものの、心神耗弱あるいは情状酌量等により、無罪あるいは比較的軽い刑により社会復帰していたという共通点があった。
その共通点を用いて過去の少年犯罪者をピックアップしていたところ、そのうちの一人がまた死亡。
そして、姫川(竹内結子)が3人の共通点を発見、それは同じ刑事が逮捕・送検していたということだった。
その刑事は、ガンテツ(武田鉄矢)すら「関わりたくねぇ、アイツはイカレちまっている」というほどの刑事だったが、息子が殺人事件を起こしたことで退職していた。
今は所在不明の元刑事・倉田(杉本哲太)を調べ続け、姫川は遂に接触。
そして、更なる犯罪を防ぐことを倉田に宣言するが・・・


・・・ということで、今回も「次回に続く」ということで、2話またぎ。
ノリ(小出恵介)の捜査一課デビューについてや、菊田(西島秀俊)の姫川への思い(といっても、恋心ではありませんが)が盛り込まれていて、これまでの視聴者の疑問を少しだけ解決していましたね。
そして、姫川が前髪をギュッとつまむ仕草が強調されていましたが・・・何かが閃いた時の癖なのでしょうか。

ガンテツが、姫川にしっかりと話していたのが少し意外でした。
そして、ガンテツの口から「アイツはイカレちまっている」という言葉が!!(笑)
あなたも相当イカレていると思うのですが・・・でも、ガンテツは「人は殺さない」→倉田は「人を殺しかねない」ということで、ガンテツの心の奥底はイカレていない、ということなのでしょうか?(^^;)

姫川は、倉田の起こしたかもしれない3件の死亡事案については立件できないかもしれないが、倉田の今後起こしそうな殺人については全力で防ぎ、それによって倉田自身も救いたい、とのこと。
倉田の最後の口パク・・・何回かリピしたけど、最初の数文字が分からない!!
まぁ来週の楽しみにします~。

前回の「右手では殴らない」もパート1では犯人の分かる見せ方だったけど、今回は更に「これから起こすであろう犯罪」についてどう対峙するかということで、なかなか新しい見せ方だなぁ、と思いました。



コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ラッキーセブン 第3話 | トップ | 「西行と清盛」を読む »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう! (まこ)
2012-02-01 15:21:48
今回はやけに姫川が髪の毛をかき上げる仕草が
クローズアップされてたけど、閃いた際の
癖なのだとしたら、ちょっと唐突ですよねぇ。
前回までにそんな仕草してるシーンあったっけ?

そして、倉田という人物もほとんど登場シーンは
なかったにも関わらず、あのガンテツが不気味に
思うくらいの人物だって事で、ひどく恐怖を
感じてしまいましたわー。
そんな人物を相手に姫川がどう奮闘するのか、
楽しみです!!!
>まこさんへ (emi)
2012-02-01 17:20:12
コメントありがとうございます!
そうなんです、姫川の髪をかき上げる仕草、今まで強調していなかったですよね!今回は何回もあったので、なぜだろう?と気になって、本件と関係があるのか考えたけど、今のところ思いつかず・・・。次週以降に分かるのかどうか(笑)
>あのガンテツが不気味に思うくらいの人物
→ほんと、一体何者!?って感じですよね。
まこさんのブログの冒頭にある「本当に倉田の犯行?」という言葉、私もチラッと思いました。まだ証拠が何もない状態ですからね。
次週が楽しみです♪

まこさんに1か月前TBの送受信を教えていただき、まこさんのブログにTBを入れさせていただいているおかげで、いろんな方のブログを知ることができました。
本当にありがとうございます!これからもお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします
Unknown (IDEA)
2012-02-02 18:59:11
今回も深い内容でした。ガンテツと玲子は少し関係性が変わりつつあるかな?という感じです。
私も最後の口パクはわかりませんでした。「じゃあまたな」かなあ。。。なんて思って見ましたけど。今回はいろんな事がわかりましたよね。今泉係長がパンチパーマだった事!菊田も最初は玲子にムカついていた事、葉山のトラウマは昔の刺殺事件にあった事。今後の展開の布石がたくさん見えました。玲子と菊田はますます接近してますね。犯人から守り暴走を止め、葉山との間に立ってと大活躍。少々ネタばれですが次週は玲子が放り投げた缶コーヒーの缶を拾って捨てるというシーンが登場します(笑)安井に尋問するシーンで二人並んだカットを見て「絵になってるなあ」と思いました。今、もっともお似合いのコンビかもしれませんね。難しいテーマを含んでいましたが、次週も楽しみです。
>IDEAさんへ (emi)
2012-02-02 23:03:20
コメントありがとうございます!
今泉係長のパンチパーマ、私もびっくりしましたよ(一瞬スルーしそうになりましたが 笑)。
姫川の胸を触ろうとする被疑者の手をサッと掴んで守る菊田も、本当にカッコ良かったですよね。カメラのアングルも良いのかもしれませんが、菊田(西島さん)の絶妙なタイミングが素晴らしかったです。
姫川が「菊田が『お肌』!?」と言うくだりにしろ、オンオフも良いコンビですね。
ストーリーも深みがあって面白いのですが、そういう細かい描写も楽しいドラマですね!
同感 (IDEA)
2012-02-03 18:27:24
あのシーンはかっこよかったですね。「菊田がお肌?」のところも面白かったですけど、菊田がドアにぶつかったのってNGだったのか演出だったのか?
>IDEAさんへ (emi)
2012-02-03 19:38:48
>菊田がドアにぶつかったのってNGだったのか演出だったのか?
→どちらとも取れますよね~
ぶつからない設定でぶつかってしまっていたら、NGで取り直すような気もするので、「ぶつかっても面白いね」という感じで歩いていたとか?
どうなんでしょうね(笑)
わたしは (IDEA)
2012-02-03 23:35:29
NGテイクをそのまま本編で使用したと考えます。西島さんがぶつかったとき思わず笑っていたので、たぶんカットの後爆笑でしょう。このドラマ未公開素材がかなりあるような気がします。たくさん撮って凝縮して出してる感じがするんですね。NG大賞とかで公開してくれたらいいですねえ。
>IDEAさんへ (emi)
2012-02-04 00:11:48
確かに笑っていましたよね~
裏話知りたいですね。NG大賞とか、特番を組んでもらえると、また色々と楽しめそうですよね。
たまにフジテレビは特番を組みますよね。北海道は、ローカル番組に阻まれて放送されない場合もありますが(涙)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

6 トラックバック

ストロベリーナイト 第4話:過ぎた正義 (あるがまま・・・)
本当に倉田の犯行?( ̄~ ̄;) う~ん そしてその過ぎた正義感ゆえ、殺人を犯した自分の息子までも殺そうとしてるらしい 前回の事件も最初は勇み足で、犯人では無い人物に任同かけてしまった姫川なので 今回も思い込みの捜査で突っ走らなければいいけど・・・ だけど、心...
ストロベリーナイト 第4話の感想 (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」第4話の感想など。過ぎた正義公式サイトから、あらすじを引用します。姫川玲子(竹内結子)は在庁勤務時、少年刑務所をたびたび訪れていた。目的は、収監されている英樹と面会することと、彼の父、倉田修二(杉本哲太)に会...
ストロベリーナイト 4話 感想 杉本哲太 (ドラマとアニメの感想日記)
「ストロベリーナイト」第4話「過ぎた正義」の感想いきまっすv ネタバレ要注意☆ 少年刑務所の外で倉田修二(杉本哲太)と出会う玲子。 ノリが玲子の下に配属された三ヶ月前、監察医の國奥から届いたラブレターが、玲子が倉田に話を訊きたい理由。 コンビニ前の少年...
「ストロベリーナイト」 第四話 過ぎた正義 その1 (トリ猫家族)
 う~む・・この内容の濃さ・・役者の演技レベルの高さ、SPドラマ並の充実感スョ・・・  今回は特に脚本、演出ともに冴え渡っていたような・・・( ̄ー ̄)b  話は葉山(小出恵 ...
《ストロベリーナイト》★04 (まぁ、お茶でも)
倉田秀樹は会いたくないと言っています。そう刑務官から言われ、川口少年刑務所を何度も面会のために姫川玲子は訪問した。倉田が収監されてから2年になるが、父の倉田修二は一度も面会していなかった。 外に出ると、菊田から、今泉が捜していると連絡が入った。だが男が...
『ストロベリーナイト』 第4話「過ぎた正義」 (英の放電日記)
 今回は、少年法や心神喪失などによる責任能力の無いことによる無罪や刑の軽減に関する不条理が根底にある。  ただ、これをテーマとするのなら、姫川班が事件を「こんな美味しいヤマ」と表現したことに、どうしても引っ掛かりを感じてしまう。  それはさておき、今回....