emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

おかしの家 第4話

2015-11-12 19:56:22 | 2015秋ドラマ
第4話 「痛み」

※感想のみ書きます。

とてつもなく大きな問題について、どうしたらいいのだろう?と考えたり不安になったりすることは、私にもよくあるし、
「そうじゃないだろ!自分自身の事も、もっと考えなきゃいけないだろ!」と自分自身にツッコむこともあるし・・・
桜井太郎(オダギリジョー)が知恵熱を出してしまう気持ち、よく分かります

でも、金田剛(前野朋哉)に八つ当たりして殴るのは、いけなかったですね~
剛まで太郎の祖母・明子(八千草薫)を頼って、慰めてもらって・・・。
明子が「大変だったのね。詳しいことは分からないけど剛君、一人っきりで寂しかったでしょ」と声を掛けた場面には、ジワッときました。
何気ない言葉で救われる事ってあるのかもしれませんね。
励ましの言葉より、そういう寄り添う言葉の方が必要な時もあるのでしょうが、私には自分が声を掛ける場面となるとその加減がなかなかまだ分からなくて

太郎が明子の後押しを受けて、剛に電話で謝っていましたが、
それを聞いた剛が「ぶってくれてありがとうございました」と返した時には、爆笑してしまいました
言いたかった意味が、分かるようなw分からないようなww
でも、剛も太郎が言われたくない事を言ってしまったという、そういう悪かった点はありましたからね。

「さくらや」の常連である、風呂屋の島崎明(嶋田久作)の経営状態は、いよいよ危ないようですね
意を決して三枝弘樹(勝地涼)が「こういう時、俺たちどうすりゃいいの?」と聞いたところ、明は「そっとしといてくれ。でも、近くにいてくれ」と。
そういうものかもしれませんね・・・。
一番今必要なものはお金だけど、それはどうにもならないことだし、なぐさめの言葉をかけてもらっても、どうにもならない事だし。
でも、ただ寄り添ってくれる人がいるというだけで、それだけでまだ心が救われる部分があるのかもしれませんね。

木村礼子(尾野真千子)は、過労で入院してしまったけど、大丈夫なのかな?
礼子の方が太郎よりも、当面の直面する問題に切羽詰っていそう、というか、思いつめすぎているような感じがしますが、
太郎の「正直、どうしていいか分かんない。取りあえず、お前んちに向かいまーす!」で、取りあえず私も良いと思いますよ(笑)
急いで結婚はするものでもないし・・・
でも、考えすぎてタイミングを逃してもアレだから、自分に合うと思ったら勢いも必要だと思いますが


最近、私も色々と悩む事が多かったので、今回はいつもにも増して「あー、そういうことある!ある!この間も、そんなことあった!」と思いながら観ていました。
見守ってくれるダンナや、時々気にかけてメールをくれる友達たちに感謝の今日この頃です
←web拍手です。
※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話
※公式HP(こちら
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 無痛~診える眼~ 第6話 | トップ | 遺産争族 第4話 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ~ (きこり)
2015-11-12 21:12:01
>桜井太郎(オダギリジョー)が知恵熱を出してしまう気持ち、よく分かります
太郎なりに「さくらや」の問題点と今後の展開について探ってみたようですが・・・意味があったのかなかったのか・・(笑
>一人っきりで寂しかったでしょ」と声を掛けた場面には、ジワッときました。
私もなんだか泣きそうになりました。
明子の言葉ってごくごく普通なんだけど温かく染みてくるんですよね。年輪と人間性なのかな。
ホント、なんとか力になりたいと思っても、どう声をかけたらいいのかわからない時ってありますよね。
自分自身も話を聞いてくれたり、そばに居てくれるだけですごく救われるから、そんな感じでいいのかな・・
太郎の「とりあえず」には笑ってしまいました。
正直ですなぁ・・誰かおせっかい焼いてくれる人がいないと結婚まではいかないかもね・・・(笑
>きこりさんへ (emi)
2015-11-13 16:30:02
きこりさん、コメントありがとうございます!
私の住んでいる所は郊外にあるせいか、街中より雪が多く降って、街中は積雪ゼロになったけど、うちの周りはまだ雪がうっすら残っています(^_^;)
降り始めの雪は特に重いから、腰など色々と気を付けていきましょうね(^^)v

太郎と弘樹、えらい大きい問題まで広げすぎて考えていましたよね~。
こういう世界的な問題を考えるのも重要ではありますが、太郎たちのようにやみくもに首をツッコむのは、あまり良い方法ではなかったかと・・・(笑)

>自分自身も話を聞いてくれたり、そばに居てくれるだけですごく救われる
そういう時、ありますよね!
話は聞いてもらいたいのだけど、それに対してアドバイスをもらいたいというのではない時っていうか・・・
そこで「こうしたらいいよ!」なんて言われると、かえって「う゛ーーーん」ってなってしまう時とか・・・。
年輪や人間性もあるかもしれませんね。
私、結婚したての頃、ダンナが悩んでいる時にアドバイスしようとしたら「今はアドバイスが欲しい訳じゃないから言わないで」って言うような事を、よく言われてました(^_^;)

でも、太郎と礼子の結婚問題については、おせっかいな人が必要かもしれませんね(^m^)

コメントを投稿

関連するみんなの記事

3 トラックバック

「おかしの家」 第四話 痛み (トリ猫家族)
 さて・・・いつもの朝でございますが・・・ 『さくらや』売上減少の理由解明でしょうか・・・ 太郎は『将来推計人口の動向』に関する考察を行っております。 2050年には人口が今 ...
おかしの家 各話あらすじ (ドラマハンティングP2G)
第一話「濃いと恐怖」 2015.10.21 OnAir  東京・下町の片隅に、昔ながらの小さな駄菓子屋・さくらやがひっそりと存在する。両親を早くに亡くし、大のおばあちゃん子の主人公・太郎(オダギリジョー)は、祖母・明子(八千草薫)が営む経営状態の苦しいさくらやを守ろうと奮...
おかしの家「痛み」 (のほほん便り)
決して儲けにはならない、親の代からの駄菓子屋。太郎(オダギリジョー)、を筆頭に、いつものメンバーで、ダベリング。大きなオハナシで、現実逃避するつもりが、ついポロリ出てしまいます、それぞれの抱える問題や、痛み… また、太郎、弘樹(勝地涼)が、束の間の癒...