emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

鍵のかかった部屋 第6話

2012-05-21 22:25:25 | 2012春ドラマ
第6話 「舞台を密室にした犯人の話」

警備会社の社員・榎本径(大野智)と弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)は、水城里奈(能年玲奈)が出演している舞台を観に行く。
里奈は、弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)の事務所で事務員をしている傍ら、学生時代から続けている演劇を続けていた。
舞台終了後、里奈に挨拶しようと楽屋を訪ねると、楽屋で劇団員・薬師寺が死亡していた。
薬師寺の死亡推定時刻にアリバイがないのは、里奈の恋人の井岡(桐山照史)、演出の畑山(堀内敬子)、脚本兼役者の鬼塚(坂本昌行)の3人。
しかし、薬師寺のいた楽屋から移動するには、店員のいる売店を通るか、舞台上を横切るしか方法はなかった。。。


ということで、「犯人はどうやって現場から去ることが出来たのか?」という謎解きでした。
いちおう密室だったのか?
密室っぽい、ということで(笑)

犯人づいている堀内敬子さん(失礼!)
「絶対零度2」と同じ「畑山役」というのは、ワザとかしら?
キャストだけで見たら、犯人は堀内さんかな~と疑いましたが

ゆっくり舞台上を移動していく動作は、本当に気が遠くなりますね。
でも自分の保身を考えたら、そんな苦労は厭わないのでしょうね。
ただ、床に擦り傷がつくほど練習するものなのかな?

刑事・鴻野(宇梶剛士)から捜査の進捗状況をしっかり聞いている榎本。
「警視庁」の封筒からUSBメモリを取り出した榎本。
・・・今日は、特に鴻野と榎本の間には怪しげなところは無く(笑)
一番最後の、鍵を開けてニヤリとした榎本は、何かの伏線か?単なるサービスショットか?

うーーん、今日の感想は「普通」だったかな
面白くないわけではないけど、事件の内容自体は榎本が解決するほどのものでも無かったような。
まぁ、序盤のセリフに「チーム榎本」っていうのが入っていたりとか、脚本自体はしっかりつながっていて良いとは思うんですけどね~。

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 平清盛 第20話 | トップ | リーガル・ハイ 第6話 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

4 トラックバック

鍵のかかった部屋 第6話 (ドラマハンティングP2G)
Story#6「舞台を密室にした犯人の話」05.21 Mon On-Air 榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に誘われて、水城里奈(能年玲奈)が出演する「密室に囚われた男」という舞台を見に来た。里奈が途中でセットにぶつかり転倒するハプニングもあったが、榎本も純子もト...
鍵のかかった部屋「舞台を密室にした犯人の話」 (のほほん便り)
とくに、今回の密室が舞台劇だった関係、舞台形式の導入が、レギュラー・3人にスポットが当たり、物語のヒントを与えるあたり、まるで古畑任三郎みたいでしたね。この演出は続くの… かな? 今や、芹沢(佐藤浩市)、完全にお笑い担当というか、そのお茶目さんぶりと...
『鍵のかかった部屋』 第6話「密室劇場」 (英の放電日記)
 今週は視覚の死角を突いたトリックだった。  人間は超低速の動きや変化を知覚できないらしい。映像クイズでもよく出題されていて、「アハ体験」と言うと思い当たる方も多いかもしれない。「アハ体験」というのは、今まで分からなかったことを、いろいろ頭を働かせて分....
《鍵のかかった部屋》#06 (まぁ、お茶でも)
(榎本)人は一つのものに集中していると 他のモノが見えなくなります。 必死になればなるほど、周りが見えなくなり 一番大切な事を見失ってしまうこともあります。 真実は、人の目線によって行く通りもの 答えを持っています。でも 現実に起きている 事実は、一つです。...