暇人おじさんのにゃんにゃんブログ

飲水思源、水を飲みて源を思う、今日も本物を求めて一万歩

ドイツ旅行9 ダイデスハイム

2017-07-12 11:01:12 | 旅行
ホテルで少し落ち着き、夕方から結婚カップル彼氏の方のお父さんが自宅でウエルカムパーティをやってくれることになっていましたが、まだ時間があるので、しばらく街を散策しました。

ホテルのすぐ隣は、明日結婚披露宴のあるワイナリーです。この辺りでは一番立派なワイナリーに見えました。
この建物の裏側は山の麓に連なっており、そちらがブドウ畑になっているようです。
この前の道はWeinstrasseワイン通りと言って、この町の基幹通りのようです。



この道伝いに街の方へ行ってみました。
道の両脇はワイナリーが並んでおり、それらは入口から奥には中庭があり、食事が出来るようになっているところが多いようです。
ワインが飾ってあるところも。







街の中心にある次の写真のホテル兼レストランは、かつてコール元首相が各国の首脳を接待したところのようです。



裏道に入ってみると、閑寂な街並みに変わります。



ワイン通りの外れはこんな感じに、畑が広がっていました。



さて、ウエルカムパーティは、いわゆるホームパーティで、親戚とごく親しい人達が集まったものでした。
それでも30人くらいは来ていたでしょうか、賑やかなパーティでした。
お庭の綺麗なバラが迎えてくれました。



新郎のお父さんが庭でバーベキュー用コンロでソーセ-ジを焼き、それをパンにはさんで食べるのが主食でした。
それを庭にしつらえられたいくつかのテーブルを囲んでの立食でしたが、
途中雷雨に見舞われ急遽室内に移動、向こうは室内も下駄履きですから、こんな時は便利でいいですね。
雷雨がやんだら再度庭へ。
パーティは4時半に始まったのですが、我々は9時に引き上げました。
向こうの人にとってはこのようなホームパーティは日常のものでしょうから、慣れたものでした。

ホテルに戻って風呂に入って、と言いたいですが、このホテルはシャワーだけのものでした。
SPAが付いていましたのでそちらへと言うことでしょうが、やめました。

部屋はまずまずで、シャワールームは立派なのがついていました。
中庭で食事が出来、ここで朝食を摂ると気分爽快です。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ旅行8 ダイデスハイム | トップ | ドイツ旅行10 ダイデスハイム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事