エミリーのつれづれ

日々の暮らしぶりを紹介します。

暑い毎日が続きます

2016年08月21日 | Weblog

8月17日ー20日

 

今夏は殊の外、暑い日が続きます。奈良公園の鹿さんたちも涼を求めて、木陰に隠れるように身を潜めています。

今、奈良国立博物館では特別展「忍性」が開催され、暑い中、大勢の方が来館されています。その特別展に併せ、博物館主催の夏季講座「律宗の歴史と美術ー鑑真から忍性へ」が、奈良文化会館(3日間)であり、参加しましたが、冷房の効いた静かな知的空間ゆえ、時々、居眠りをする始末。夏バテの性かな・・・、。

お隣の県立美術館では富本憲吉生誕130年を記念して「富本憲吉 憧れのうぶすな」展が開かれています。彼の「うぶすな」は奈良県の安堵町です。その、うぶすなの近くで見た草花から、風景から独創的な模様を生みだした天才的な陶芸家の作品は何時見ても新鮮な感動を覚えます。

 文化会館で特別演奏会「華をかこみて」がありました。私の大好きなソプラノ歌手とピアノ演奏家です。夏バテを忘れる時間でした。

コメント

お盆

2016年08月16日 | Weblog

8月15日

  

興福寺 万燈会     浮見堂から見た高円山に浮かんだ「大文字」送り火

  

  東大寺の万灯供養会

 

春日大社の中元万燈籠

娘家族がお盆に併せて来てくれました。遠方なので墓参りはできませんでしたが、我が家の仏壇で、亡き先祖を偲びました。夜、8時からの送り火の点火にあわせ奈良公園へ。3か寺で手を合わせ、日々の平安に感謝しました。

コメント

歓迎・送会

2016年08月08日 | Weblog

8月6日       

息子を軸にした中学時代の吹奏楽クラブ員たちと仲間家族たち。息子家族の一時帰国の再会を祝って集まってくれました。皆でワイワイガヤガヤ、そのにぎわいたるや、外の花火(郡山城花火大会)の音も聞こえない程の盛況ぶりで、本当に息子を愛してくださる皆様に感謝あるのみの会でした。

7日

27日から滞在していた息子と途中合流した嫁と孫が関東に向けて出立しました。この10日間時間が許せば「母同伴 」で親孝行をしてくれた息子と、またの再会は1年後になります。駅まで送って静かになった我が家に戻ってきた私、涙ポロリです。息子家族は13日まで日本滞在をし、ベルギーへ戻ります。

コメント

京都へ

2016年08月08日 | Weblog

8月3日

      

京都の姪の店で懇親会。次男の嫁と孫(実家での休暇を終え)、娘家族、バカンス旅行で日本に来ているベルギー駐在時代の友人夫妻の子供たち家族と友人家族(スイス人)も合流しました。私と腕を組んでいる彼は私が知っている中学時代そのままですが、5か国語を話す立派な紳士になっていました。20年ぶりの再会です。 皆でワイワイガヤガヤ 楽しい一夜でした。 

コメント

詩吟の錬成会

2016年08月08日 | Weblog

7月31日

 

年2回の詩吟の錬成会。普段の多忙を言い訳に練習をせぬままに臨んだ錬成会。私は菅原道真の「9月10日」を吟じました。成果は・・・・・。

コメント

再び伊勢、志摩へ

2016年08月08日 | Weblog

7月28日

勝手に3男坊と称して可愛がっているトロンボーン奏者は昨日、一時帰国した次男の幼な友達の一人です。彼のお母さんもお誘いし、御在所岳の麓にある湯の山温泉と伊勢志摩へ4人、彼の運転で2泊旅行に出かけました。

   

湯の山温泉は湯質が良く、温泉嫌いの息子が喜んで入湯し、温泉に好印象を持ってくれたのが一番嬉しかったことです。部屋からの夜景も美しく、のんびりできました。

29日-30日

松阪を抜け、伊勢志摩へ。まずは大王崎灯台に進路をとりました。 

  

今夜のお泊りは6月のサミットで世界の要人たちがお泊りされたホテルです。翌日のチェックアウトは正午とあって、ホテルライフを楽しみました。

   

  

絶景を見ながら部屋で入浴する贅沢。この旅行を招待してくれた息子に感謝あるのみ。

  

屋上庭園でG7の要人たちが見た景色を私たちも堪能しました。

どこへも行かず、のんびりホテルライフを楽しみ、帰りがけに「おかげ横丁」に立ち寄り、我が家へ。楽しい小旅行でした。

コメント