エミリーのつれづれ

日々の暮らしぶりを紹介します。

新年おさらい会

2011年01月30日 | Weblog
      

1月30日(はれ)

大寒に入り、気温がさがり寒さは厳しいですが、北陸や東北の記録的な積雪、火山灰が舞い鳥インフルエンザにおびえている九州などの報道を聞くにつけ、近年の天変地変が気になります。
今日も天気予報では「雪が舞うかも」との予想が出ていて、出かける前から帰りが気になっていましたが、予想に反し、好天となりました。これは嬉しいハズレです。

今日は朝からお稽古している詩吟の錬成会がありました。舞台に立って反省がでるようではと毎々、思うことですが、今日も自分なりの合格点が出せる出来栄えとはいえず、練習あるのみです。聞きほれるような吟をされる方は長年続けて精進されているし、またある人は「十回練習しても上手くいかなければ、もう一回、「辛抱」して頑張って練習すればよい結果をだし「幸」の気分になると。どれも納得、言い訳しません。

発表が終わったあとは昼食会となり、お楽しみ会となりました。参加者の男性群(大多数が80歳以上)は年齢を感じさせないほどに元気に頑張っておられ、皆さん、自己紹介のなかで戦争体験をなまなましく話されました。戦後66年経っても、昨日の出来事のように鮮明に話されるのは、それだけ記憶が消せないほど残忍な体験をなさつたからでしょう。
家に帰りTVをつけましたら「戦場の真実」をしていました。
’60~70年代に起こったベトナム戦争を取り上げており、アメリカ、ベトナム、双方に多大の悲しみと憎しみと後悔を残し、今もなお心と身体に戦火の痕をひきづっている事実を伝えていました。
詩吟仲間の話、そしてテレビの特集を見るにつけ
「戦争」はいけないと誰もが思っているのに、何故「戦争」が無くならないのか、難しくて答えのでない問題だけに心が萎えるのみです。
コメント (1)

ちりめん細工

2011年01月26日 | Weblog
    


1月26日(晴れ)

今日は朝からちりめん細工を教えている友人から干支の兎を教えてもらいました。口も充分使いましたが(おしゃべり)手を休める事はなく針を動かして頑張りましたが、2匹を作るのに夕方6時までかかりました。
長い~耳に、赤い目。本当に可愛く、友人達の兎も並べて記念写真を撮りましたが、やっぱり自分の作ったのが一番かわい~い。勿論、友人達も声に出しませんが、私と思いは同じかも。

コメント

若草山の山焼き

2011年01月22日 | Weblog
           


1月22日(晴れ)

かつては1月15日の成人式の日に山焼きが行われてきましたが、近年、成人式は別として若草山の山焼きは1月の第4土曜日と決まったようです。

博物館も夜7時まで開館時間を延長し、山焼きのお客さんに備えたようですが、今日は風もなく山焼き日和となって、早くから見物立地の良い場所取りに客は移動したようで5時過ぎには館内は閑散となりました。

6時過ぎ、博物館の駐車場付近で待機していましたら、なんの前触れもなく突然に花火が揚がりました。暗い夜空の冬の花火は見事で、大音響と共に打ち上がる花火(600発)に大歓声が木立を通して聞こえてきます。兎、鹿をモチーフにした花火も揚がり、見惚れてしまいました。花火が連続して10分ほど揚がったところで、若草山の稜線が薄明るくなり、枯れ草に火が放たれたようです。炎と煙が暗い闇に広がっていきます。20分ほど夢中で見入っておりましたが、やがて炎は飛び飛びになり、あっという間に山肌の炎と煙は小さくなっていきました。
近くにいるといえば近いところから見物で、それなりに迫力ある山焼き風景を堪能しました。
すぐに帰宅をしようと車で博物館前を出たところで、歩行者天国のように道路一面を埋め尽くした見物の大群集に阻止され30分ほど待たされました。こんなに沢山の人が見物に来ていたなんて驚きです。

   
コメント

今年の干支はう・さ・ぎ

2011年01月21日 | Weblog
        


1月21日(晴れ)
大寒に入り、一層寒さが厳しく感じられる今日ですが、早起きして京都へ出かけ、博物館、美術館2ヶ所、神社とめぐってきました。 初めに京都国立博物館の特別展「筆墨精神・中国書画の世界」で中国南北朝(5世紀)から唐代の典籍。王義之・欧陽詢・顔真卿・楮遂良などの名筆の拓本。宋代からの文人たちの書画など、その道に精通している玄人向きの展覧会で、私には難解なものでしたが、分らないままに書画に使われる「墨」の奥深さを改めて感じました。

そのあと、京都の東にある岡崎神社に行きました。ここは私の実家の菩提寺がある金戒光明寺の側にある神社です。平安遷都の際、都の守り神(東・兎の方位)として建立された古い神社ですが、今年の干支が「兎」で、狛犬ならぬ「狛兎」が鎮座していることで年末年始から脚光を浴びているそうで、私はこれまで何度もこの神社の前を通っているのですが、おまいりをしたことがありませんでした。 それがマスコミに取り上げられ、今日も地元民というより観光客で賑わっていました。絵馬やお守りなど、かわいい兎づくしの境内でした。

岡崎神社参拝の後、金戒光明寺に行き、先祖の墓にまいったあと、徳川2代将軍秀忠の正室「江の供養塔」に立ち寄りました。「江」は今年の大河ドラマ「姫たちの戦国」の浅井長政の3姉妹の一人です。この寺と徳川家とは縁が深いらしく、3代将軍家光の乳母であった春日局が建立したと言います。墓詣りの際の水汲み場の側に江・春日局の2基の供養塔があるのですが(立て札がこれまでなかったので場所の確認が出来なかった)、ここ最近になって立て札が置かれました。(これも観光スポットの為?) そのあと、日本画家「小泉淳作」展で東大寺本坊の襖絵と聖武天皇・光明皇后肖像画を。もう一箇所の美術館で「海を渡った古伊万里」展を見ました。どれも素晴らしい内容でした。家に帰り着いたら夜10時半を回っていて、漆黒の中天に丸い下弦の月が光っていました。

   
コメント (1)

春の兆し

2011年01月19日 | Weblog
1月19日(晴れ)
日本列島が寒波に包まれて寒い毎日ですが、それでも昼から日差しが出てくると暖かく、すくめていた首をちょっと伸ばし、畑中の道を散歩に出かけようかなという気になってきます。

いつも散歩途中に立ち寄ってくださる方がポケットから珍しい品を見せてくれました。何と「たけのこ」の赤ちゃんです。地面が凍って霜柱が立つ昨今なのに、植物は新生の春を予感し地中で命を育み、硬い地表を割って顔を出してきたのです。
葉を落し淋しげな梢も、よく見ると新芽の準備をもうしているのですね。生命の奥深い神秘をみるようです。私も寒さに震えていず、春に向かって一歩を出さねばなりませんね。
コメント

無残!何が・・・

2011年01月17日 | Weblog
      

1月17日(晴れ)

週末の土、日の寒かった事。日本中が冷蔵庫のなかに入ったような状態でしたね。博物館は3連休の性か、また冬の奈良を楽しみに来られる観光客の一時避寒場所にもなるのかボチボチの入館者が途切れる事はありませんでした。

日曜日は地元のホールでの奈良フィルのニューイヤーコンサートに出かけました。プログラムも正月にふさわしく華やかで楽しい選曲で至福の2時間でした。

今朝も寒さは変わらず、庭の手水鉢の水が凍っています。この時期、元気者のヒヨドリが朝早くから庭にやってきます。目的は庭の一角に40個ほどの実が葉を落したなか寒風に負けずとぶら下がっているキュウイの木です。木の実が少ない時期、完熟を待っていたかのようにヒヨドリがやってきます。そして甘い部分を食い散らし、糞だけ残して立ち去ります。

話は飛びますが、今、私の口の中が写真と同じようで、おもわず一人笑いをしています。昨日、ガムを噛んでいて上の奥歯3本の歯が突然外れてしまいました。治療済みの歯ですが、長年の使役に耐えられず、根腐れ状態で自滅したようです。年始早々、半年は歯医者通いを優先にしなければなりません。
これからは家も身体も修理をしながら維持する時期に入った事を嫌でも自覚させられる事が多くなってきます。悔しい事ですが現状を受け止め、守りの体制を取らざるを得ません。
コメント

ところ変われば

2011年01月15日 | Weblog
    
1月14日(晴れ)

今年初めての墨絵のお稽古をしました。写真を見ていると「本当に墨絵?食事会では!」と思われるかもしれませんが、墨絵のお稽古日でした。

が、お仲間にタイ人がいて、日本の「正月雑煮」を食べた事がないと聞いた料理好きの数人が昼ごはんのメニューは「奈良の雑煮」を作りましょうということになり、雑煮以外に3品の献立となりました。
雑煮には「出身地のこだわりがある」と言います。私も出身の違う主人の希望をいれ元旦は広島風、2日目は京風と、違う素材、違う味で雑煮を作ってきました。でも奈良に住みだし数十年が経っているのに「奈良の雑煮」は食べた事がありません。

奈良の雑煮は丸もちを焼きます。その焼いた丸餅を椀に入れ、大根・にんじん・里芋・豆腐をいれた白味噌仕立ての汁を注ぎます。ここからが注目点です。
椀から餅を取り出し、砂糖入りのきな粉をまぶし、そのきな粉餅を食べながら汁も一緒に頂くというのです。(雑煮に三つ葉などの葉物は入れないとか)
今日、初めて食べましたが、思っていたよりは違和感なくペロリと頂きました。所かわれば・・・で、雑煮も奥が深いなあと思いました。
今日もお持たせのケーキなども頂き「お腹一杯で下向いて筆持てない!」という人もいて、おしゃべり組みと絵描き組みに分れ、にぎやかな一日でした。
コメント

今年の健康目標

2011年01月13日 | Weblog
     
1月13日(晴れ)

朝の冷え込みは一段と厳しくなってきました。現役主婦時代は朝8時前には朝の家事が終わっていたものですが、定時に出かけねばならないことがほとんどない昨今は、寒さもあって「ゴミだし」の日以外は8時になっても雨戸すら開けない日もあります。「太陽があがっているのにまだ寝床に!」と、時に祖父母の叱責が遠くから聞こえくるようで、これではと反省する日もありますが、大方の日は「毎日が日曜日なんだもの」と、開き直ってぐうだらをしています。

毎朝散歩をする人、走る人。大仏マラソンに参加する、体脂肪を○○にする、体重を○○以下にすると目標を公言するジム仲間たちの健康目標を聞くと、新しい年のスタートに私もなにか目標を掲げねば・・・。
その目標を有言実行とするか、不言実行とするか。やはり有言実行としなければ継続は難しいかなと、いろいろ思い巡らしながらスポーツジムには通っています。早いうちに目標を定めて公表しますね。それまではもう少し朝寝坊を。
コメント

さむ~い

2011年01月08日 | Weblog
  

1月8日(晴れ)
奈良・京都は盆地で暑さ・寒さがことのほか厳しい地ですが、ここ数日の寒い事、半端ではありません。さすが「小寒」です。朝、部屋の温度は5度ほどです。

子供達が小学生の頃、飼い猫の外出にあわせ、常に2階のベランダに通じる窓の一角を開けていたので、厳寒の冬になると、子供達は起きるや開口一番「肩に霜が降りていたよ」と言っていたことを時折思い出し、一人笑いをする事がありますが、今はそんな元気もなく、起きれば暖房をガンガンいれ、着膨れ状態でいるのに寒くてふるえています。

今日は今年初めてのボランテァ日です。滅多に出ない時刻の庭は霜柱ができています。早朝の奈良公園はまだ鹿も出てきていません。
「こんな寒い奈良に観光なんて!」と、思っていたら3連休のせいか、閑散としていた博物館内も午後から来館者も増えてきました。

写真は仏像館の入り口正面に置かれている十一面観音像です。1月になり、数点の入れ替えがあり、この仏様が数日前からお立ちになっています。とても優美で、控えめで静かな雰囲気の仏様で、座るデスクの前にいらっしゃいます。

目が合うと「私が・私が・・」と自己主張の多い私は、反省を促されているようで、何度か「すみません、反省します」とつぶやいていました。
          
コメント

仕事始め?家事始め

2011年01月04日 | Weblog
            
1月2日ー4日(晴れ)

昨年末の大晦日の雪には驚きましたが、元旦以来晴天が続いています。新年を娘宅でゆっくり過ごさせて貰い、2日に娘家族と奈良に移動してきました。孫達から勉強・クラブ・お稽古事と忙しい子供事情を聞いていますので、のんびりダラリと過ごすのも良しと
全員、予定もなく計画もなく、家でゴロゴロして過ごしています。これが今風我が家の正月風景です。

でも正月、帰省した子供がいる限り、必ず行く場所があります。それは我が家から歩いていける場所で生駒連山・子供の森の麓にある古い神社です。かっては住む人も参拝に来る人もいたはずですが、深い木立のなかに廃屋と古い石碑群と鳥居だけが神社の面影をとどめ、山肌から流れ出た水が小さな滝となり、洞窟の祠が暗い口を開けています。
この神社に行くのが最終目的ではなく、ここへ行く途中の里山風景に何故か心が落ち着くのです。

この里山と神社への風景は数十年を経ても、まったく変わらないので、毎度、先を歩く孫を見ていると、幼かった子供たちの姿に重なり、子供を見ていると家事や仕事・育児に奔走していた若き自分の姿に重なっていくのです。年月の経つのは早いのやら遅いのやら・・。

4日の午後、孫達も帰り、私の正月は終わりました。晴天を見方に洗濯や家事に励み、年末年始に蓄えた体重をちょっぴりダウンさせられたら嬉しいのですが。

コメント