エミリーのつれづれ

日々の暮らしぶりを紹介します。

大阪北部に地震が・・

2018年06月19日 | Weblog

 6月19日                                                                                         

 

昨夜遅くに奈良の自宅に帰ってきました。今回の旅行は関東なので、「地震」を心配しての旅でしたのに、なんと留守した奈良に震度5弱の地震が襲うなんて。16日の東北新幹線のトラブル、そして18日の地震到来です。朝から留守宅の状況を思い・考え、あちらこちらからの心配メールに返答しながらの移動となり、疲労困憊の帰途となりました。

午後4時、東京駅は大混雑しておりましたが、始発でもあり、何とか座席も確保できての出発。途中何度かの遅れ放送や臨時停車もありましたが、無事に京都へ。

臨時で停車した「新富士駅」の窓の外には、堂々たる黒い冨士山が聳え立っていました。凛々しい冨士の姿に地震で、動揺している自分自身を恥じる思いでした。恐る恐る玄関の扉を開けた所、一見、出かけたままの室内に思わず安堵。高い棚の上に置いていた細長首の安定の悪い陶器の花瓶のみが落下し、割れておりましたが小さな被害で一安心。

6月18日

結婚前の職場の仲間たちと「青春出会い旅」で栃木県の鬼怒川温泉・日光に行き、17日の午後に解散となり再会を約束して東西に分かれました。夜は旧友夫妻宅に一泊。

18日の朝、8時過ぎにTVを見てビックリ。なんと大阪に震度6の地震が。「めまい」を思わせる揺れる風景映像がTVで流れています。友人が色々と情報を調べてくれ、午後の帰路を決定しました。思い掛けない地震到来で、楽しかった旅の雰囲気は一変してしまいました。

15~17日 鬼怒川温泉・日光

   

    

平成の大修理が終わった「日光/二荒山神社・輪王寺・東照宮」には60年前の中学校の修学旅行以来です。境内はとにかく広く、特に家康公の墓所に行くには石階段に次ぐ石階段で、陽明門の華麗さを忘れるほどに疲れました。私は華麗な門より、すくっと立つ日光杉の美林風景に心が奪われました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和民族公園へ

2018年06月13日 | Weblog

6月12日

家の近くにある県立民族博物館へ。近くなので散歩を兼ねて、この博物館がある大和民族公園にはよく行きますが、今日は博物館の学芸員が館内、公園内にある古民家も案内くださる企画です。梅雨空を心配しましたが快晴となり、説明を頂きながらの公園歩きは快適でした。

        

65歳以上は無料の博物館で、昭和48年に開館しました。奈良県の特産である米・茶、林業を通して、その地域の暮らしぶりが紹介されています。子供の頃に使っていた生活用品など懐かしく見せていただきました。

    

    

公園内には江戸時代に建てられた古民家が15棟移築復原されています。地域や風土によって屋根や屋内の設いに工夫がされていて、昔の人の知恵に感心しました。大切に保存されていますが、最近、アライグマの被害に悩まされているとか。

      

園内は紫陽花や菖蒲が開花し、梅雨の空き間の快晴を楽しんでいるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[弥生の風景」唐子・鍵遺跡へ

2018年06月06日 | Weblog

6月6日

いよいよ「梅雨入り」でしょうか。昨夜から雨が降り続いています。今日は前から予定していた史跡探訪の仲間達15人で、近鉄橿原神宮線にある田原本駅に集合し、そこから地元の観光ボランティアの案内で、「田原本町考古学コース」を歩きます。先ずは羽子田遺跡を見た後、最近リニューアルした唐子・鍵遺跡ミュージアム」へ

    

弥生時代の環濠集落であった唐子・鍵遺跡から出土した土器・工具・銅鐸・埴輪などが展示されています。弥生時代の文化の高さがよく理解できました。そのあと池座(いけにいます)神社境内にある千万院・法貴寺(聖徳太子創建)で自治会の好意で寺を扉を開けてくださり重文の仏像拝見。

   

畑中の向こうに石器模様でみた唐子遺跡の楼閣が見えてきました。

   

楼閣を見学した後、遺構展示情報館へ。楼閣の横に弥生時代の生活風景が。

  

昼食後、ちょっと晴れたと喜んだのもつかの間、また雨。びしょびょに衣服が濡れてしまいましたが、今日は12000歩あるきました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇の競演は幕を下し・・・

2018年06月01日 | Weblog

6月1日

先週の不安定な天気も吹っ飛び、梅雨いりの6月の今日は好天です。5月は来客・学校・講演会・美術館・寺めぐりと、盛り沢山の行事が続くなか風邪を引き、病院のはしごをする始末でしたが、ようやく元気になりました。

元気になったら、旬を過ぎた薔薇の状態が気になってきます。一人で花殻摘みをしても一向に綺麗にならず、友人たちにSOSを出して手助けを頼み、ようやく3面の薔薇の花殻摘みを終えました。緑一色になった庭に一抹の寂しさがありますが、また2度咲の秋を期待して・・・

   

    通りすがりの方たちに褒めて頂いた薔薇も今は、、緑・緑・緑の葉のみ

           

          この一角だけ、小さい薔薇たちが咲いています

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇三昧 その2

2018年05月21日 | Weblog

5月20日

昨夕、嫁の父親が岡山から来訪。あちらでも薔薇栽培を息子の勧めで始めたようで、我が家の薔薇が観たいというのが来訪目的。孫もジイジイの訪問に大喜び。

  

     朝風呂に薔薇を           朝食は薔薇を飾って

5月21日

近くの行基開祖の霊山寺に薔薇見学。200種2000株の薔薇が咲き誇っています。平日なのに大勢の薔薇愛好家が薔薇を楽しんでおられます。

   

    

   

        世界の薔薇が勢揃い

2泊3日の短い滞在でしたが、息子家族や親族もあちこちの薔薇を満喫して帰って行きました。私の庭の薔薇も綺麗なうちに見てもらえ、私も安堵。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇三昧!

2018年05月21日 | Weblog

5月19日

息子家族が来ました。我が家には夜10時前に到着(横浜で孫の新しいヴァイオリンを購入するために時間がかかった)                                                 

ヴァイオリンはフルサイズ使用まで、顎の成長などから8回替えるそうで、孫も4つめ目のヴァイオリンに替えたようです。素人耳にも音も深みが増したように思われます。

   

 早速、亡き主人の仏前で「千の風になって」を演奏。新しいヴァイオリンを披露し、これからの頑張りを報告してくれました。嬉しい、嬉しい気配りです。

5月20日

嫁の学生時代の親友家族が来訪。同じぐらいの年頃の子供さん連れで、孫は大喜びで鬼ごっこやゲームをして大満足。庭でもヴァイオリン演奏を披露してくれました。一緒に姉宅へ薔薇見学。

       

         姉宅(甥は私の薔薇師匠)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビフォア&アフター

2018年05月19日 | Weblog

5月19日

昨日の古墳歩きの疲れで夜来の風雨も分からず寝込み、7時過ぎに起床して庭に出てビックリ。薔薇絨毯のように花ビラが3面の庭にびっしり落下。

 

気を取り直し「まずは食事!」をしていた8時前。娘夫婦の連絡なしの突然の訪問。よく見ると「薔薇の落下が気になって」とエプロン持参の仕事着姿です。挨拶もそこそこに、すぐに庭掃除を開始し、脚立に載っての作業など、私が出来ない所をバッチリと手早く作業を進めて2時過ぎに京都へ帰って行きました。本当にうれしい助っ人達の来訪でした。

 

    ちょっと花かずが少なくなりましたが、すっきり庭になりました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

,二上山西麓の太子町へ

2018年05月18日 | Weblog

5月18日

歴史探訪クラブの仲間と二上山西麓の太子町に行きました。ここは「王陵の谷」とも呼ばれるように聖徳太子・敏達天皇・用明天皇・推古天皇・孝徳天皇陵や6~7世紀の古墳(磯田谷古墳群)が点在しています。

集合場所の「上の太子駅」からバスの乗り、まず聖徳太子御廟のある叡福寺に、一日案内くださるボランティアの方が待っていてくださり、ここを起点に磯長谷古墳群へ出発進行で~す。

    

    マンホールの蓋に聖徳太子の「和を以て尊しと為す」の言葉が。

       

     叡福寺内の聖徳太子磯長墓・3骨1廟(聖徳太子と母と妃が祀られています)

   

用明天皇陵          推古天皇陵           二子塚古墳から見た推古天皇陵

小野妹子・孝徳天皇天皇陵を階段を上り、山道を登り下りして見学後、竹内街道を歩きました。飛鳥時代、中国や朝鮮半島からの大陸文化が難波からこの街道を通って飛鳥京へもたらされたといわれる我が国最古の官道とも言われています。

  

最後に「竹内街道歴史資料館」に入り、街道にある道標や記念碑、また古墳群から発掘した土器などを見学しました。今日は曇天ながら湿気が多く、たっぷり汗をかきましたが、初めての地であり、興味深く歩くことが出来ました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌は素晴らしい

2018年05月16日 | Weblog

5月14日

    

所属していたfシニア大学のクラブ主催の歌声サークル(14回目)が地元のホールで開かれました。歌の好きな方は2時間も前から並ばれ、定刻1時30分から154名のお客様を迎えてはじまりました。

歌を指導してくださる先生の軽妙なお話しぶりで、みんなノリノリの2時間を過ごしました。私達ボランティア30余名も照明・誘導・台所・お飲み物サーブなどの持ち場を手伝いながら、懐かしい歌を一緒に一杯歌いました。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇開花情報 その6

2018年05月13日 | Weblog

5月13日 母の日

     

  起きたら外は雨。薔薇の花ビラが無情に散っています。でも気温が上がらない分、「薔薇の精力は保たれるかも」と、雨にも負けず咲き続けている薔薇に応援しきり。

  

「13日は来られない」と、先日、娘夫婦と孫が来てくれ、私の誕生日は9月(誕生石はサファイア)なので、青色の薔薇のブリザーブド・フラワーをプレゼントしてくれ、娘と話している間に孫は横で若者ファッションの写真を見ながら色鉛筆とクレヨンで繊細に描いています。目や髪の毛の微細なタッチに、思わず虫眼鏡を出して見てしまいました。

私には子供夫婦3組と孫4人。みんな元気にそれぞれの道を進んで頑張っています。時々、子供たちは私をロッテンマイヤー(アルプスの少女に出てくる女執事)とか、サリバン先生(奇跡の人に出てくる先生)と揶揄して、私の子育て時代の印象を孫たちに話しているようです(今はボケ老人寸前)

そんな時代もあったかなと、感慨深げに思い出す今日は「母の日」です。皆、ありがとう。私、バアバアは元気ですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇開花情報 その5

2018年05月09日 | Weblog

5月9日

ここ数日の天候は雨が降って気温が下がり、5月というのに冬服を引っ張りだして着る始末です。朝、 庭に出ると昨夜来の風雨で 薔薇の花びらが散乱しています。

先日、観に行った薔薇の師匠(私の甥)の薔薇たちは門外の庭はまだ3分咲き、門内の庭は満開状態と、場所や品種によってバラツキがありますが、我が庭はどこも満開状態です。

  

  

  

アメリカ出張中の息子(我が家の薔薇師匠)は我が家の開花情況が気になるらしく、「毎日更新して!」の催促をうけ、今日もブログに挙げました。

桜と違い、薔薇の方はまだ蕾が順次開花するので、時間的余裕がありますが、明日辺りから天候が回復し気温が上がるとの予報もあるので、アメリカから帰国するまで、良い状態でいてくれるかが心配です。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇開花情報 その4

2018年05月06日 | Weblog

5月5日 子供の日

    

 嘗て所属していたボランテア仲間たちが我が家に集まってくださり、薔薇宴会をしました。話題は尽きず楽しいひとときでした。美味しいお酒で、私達の顔も窓の外の薔薇たちに競うかのように真っ赤・・。

   

    楽しすぎて写真を撮り忘れ、友人から送って下さったのを転写します。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇開花情報 その3

2018年05月03日 | Weblog

5月3日

昨夜の雨で薔薇の花びらが庭に散乱し、朝から大忙しです。

  

   

   

     

 薔薇の美しさには言葉は要りません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

唐招提寺へ

2018年04月27日 | Weblog

4月27日

今日の朝刊に唐招提寺の名花「瓊花が見ごろ」の記事があったので行って来ました。瓊花は鑑真和上の故郷・揚州市の名花で、和上没後1200年の1963年に中国仏教教会から贈られた1株が、現在は10株になったと伝えています。

  

名花は御影堂(重文・鑑真和上像が祀られ、東山魁夷氏の襖絵あり。現在、基礎部分の調査と補強工事で建物を移動中)の境内にあります。

 

  

例年より1週間早く見頃となったようです。(あまり香りはありません)

額紫陽花に似た白い花で、とても可憐な姿をしています。昨年は閉門ぎりぎりに飛び込んで観ましたが、今年はゆっくり鑑賞することが出来ました。講座があった薬師寺の牡丹はもう終わっていました。花の命は短くて・・・。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇開花情報 その2

2018年04月26日 | Weblog

4月26日

  

     

朝夕の寒さが気になり、起きるとすぐに庭に出てみますと、陽の当たる場所から開花が始まっているのがわかります。朝が来るのが待ち遠しい昨今です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加