サンパウロの庶民的生活

わたしの半径1メートル以内で考えたことや感じたことをつづってみようと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女子相撲

2018-03-12 06:48:24 | Weblog

「オリンピック種目を目指して頑張る女子相撲」

 ここ最近、メトロに乗るとボヘミアンなミュージシャンに出遭うことが増えたと感じるのは気のせいかな。

 1分でもステキな生演奏をきかせてもらうと、思わず何かしらワンコインを。

コメント

高齢者用プレート

2018-02-01 09:47:30 | Weblog

 何気にかわいい高齢者専用スペースのプレート。

 親近感はあるけれど、アジアのおばあちゃんおじいちゃんの雰囲気とはちょっと違うかな。

「フムスの起源なんて関係なし。」

コメント

ワンコインカフェ

2018-01-22 16:38:59 | Weblog

 今頃割安のバールのコーヒーでもワンコインで飲めることはほとんどなくなっているご時世。

 立ち寄った学校の自動販売機のシンプルなコーヒーは味も上々でワンコインでも飲めることに財布のひもが緩んでしまい。。。

 一番高いカプチーノでも1.75レアルは激安の方!

「意外と厳しい飲食店のペット連れ」

コメント

右脳を使った生活

2018-01-17 06:34:08 | Weblog

 日本人の脳は、音声言語だけでなく、漢字という様々なイメージを結び付けて使用する言語のため、西洋人より、一般には右脳が発達するらしい。

 左脳が言語や論理的思考を認識する脳であるのに対し、右脳は詩や芸術、祈りなどインスピレーション的なものを認識するのはよく聞くことだけど、ふと直感したことは、母国語とは異なる言語に囲まれて生活する外国人は、結構いつも右脳をフル活用しているんじゃないかと。

 なぜなら、言語だけで理解出来ない事が多いので、それこそ瞬間的に想像して直感して物事を解決するしかないこともしばしば。いや、ブラジルは言語が分かってもそういう場面がしばしば。。

 

 

コメント

窓越しのコーヒー

2018-01-12 06:03:22 | Weblog

 昨年12月にオープンしたリベルダージ(東洋人街)のカフェテリア。

 コーヒーを入れる様子はとりあえずのぞきたくなるけれど、茶色い液体だけではあまり食欲をそそられず、コーヒーの決め手はやっぱりアロマかなあ。

「10分以内に食べきれば1キロのコッシーニャ無料」

コメント

トウモロコシ料理フェイラ

2018-01-07 06:27:56 | Weblog

 フェイラでの新顔。

 トウモロコシ料理のサービス。

 今でこそ料理になって、世界に広がって南米原産と思われている食品だけど、色んな食べやすい料理を作るようになったのはポルトガルで、そもそもブラジルの先住民はマンジオッカほど重要度の高い食品とはみなしていなかったのがトウモロコシだったと、最近読んでいるブラジル料理の本より。。

「今年もお雑煮」

 

コメント

はじめてのドライブスルー

2018-01-05 06:31:38 | Weblog

 どこにでもあるアラブメニューのHabib'sだけど、ドライブスルーではじめて連れて行ってもらって新鮮な気持ち!

「番犬より泥棒が一枚上手」

「気分は獣医さん」

 

コメント

マンジオッカ粉の使い道-猫のトイレ

2017-12-29 11:24:43 | Weblog

 市販でも販売されているけれど割高という事で。。

 砂だけでは流れ込んでしまって不衛生なので、食品のマンジオッカの粉を砂に混ぜた猫のトイレ。これならマンジオッカがすぐに水分を吸い取るので、だまになったマンジオッカの部分を捨ててしまえばOK.

 万能な使い道、ブラジル原産マンジオッカ(=キャッサバの粉)!

 

コメント

お餅

2017-12-26 07:28:06 | Weblog

 クリスマス前からブラジルでも家の中では早々とお正月モードに。

 

コメント

サンタ衣装のマネキンお姉さん

2017-12-21 06:08:10 | Weblog

 クリスマスへ誘うサンタさんの衣装を着たマネキンのお姉さん。

「モニカスタンプ」

コメント