「フィルム・セラピスト」&「笑みナビゲーター」 世界で一番素晴らしいあなたに目覚める!

笑みナビゲーター、龍村式指ヨガインストラクター、フィルム・セラピストであるAkiko Onoの日々

商業施設の宿命、というか実店舗も・・

2018-11-27 16:06:49 | 心理・気持ちのこと

先日仕事先の方と話していて商業施設のことが話題に出ました。

今はいわゆる「デパート」「百貨店」は衰退、ほとんどが「ショッピングセンター」になっています。

大型ショッピングセンターは、入っている店舗もなんとなく似たような感じで、どこに行っても同じような雰囲気になっているなーと思います。

昔、子供の頃、デパートに行くとワクワクしました。昭和の話ですけど。

なんでもある、
キレイ、
明るい、
おまけに屋上も楽しい、

そんな感じでした。

百貨店の「百」という数は「すごくたくさん」という印象があり、そこに行くとたいがいのものが買えると思ったものです。

でも、いつの頃からか、デパートの商品は「洋服」や「化粧品」がほとんどになりました。雑貨も売られていましたが、電化製品や家具は専門店へと移動。

このジャンルは商品のバリエーションが増えて、デパートの中で扱うのが難しくなったってことなんでしょうね。

デパートは食に活路を見出すことになり、デパ地下は好調みたいです。

やっぱり、デパ地下も「なんでもある、キレイ」というデパートがもともと持っていたキラキラ感を発揮できるところなのかもしれないです。

商業施設がオープンすると物珍しさから最初はそこそこ集客できるのですが、それを継続するのが難しいですよね。

人は「飽きる」生き物だからです。

だから何年かに一度は大幅なリニューアルが必要。新陳代謝が必要なんですね。

いったい人は何を求めているのか?という話になり(結構大きな話になっちゃいましたが)
「やっぱり生き残るのは『老舗』なんじゃないか」
ということで締めくくりとなりました。

物珍しさだけで売れても一時のこと、熱烈なファンを持ち、尚、改良を重ねている『老舗』には勝てないねっていう結論になりました。どの仕事にも言えることですねー

指ヨガ関連の活動と動画関連のホームページができました。
いずれもgooからは(なぜか)飛ぶことができません。
ご興味のある方は、ひとまずhttps://laugh-ono.jimdo.com/をご訪問ください。
トップページにふたつの新しいサイトが表示されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« google mapを叱る | トップ | ご紹介が本当にありがたい! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

心理・気持ちのこと」カテゴリの最新記事