日々緩々。

もっとゆったり、のんびり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

華麗なる一族 最終話

2007-03-19 00:13:43 | TV・ドラマ
うーん、色んな意味でショックでした…


まず、シリアスな感想からですが。

HPの予告を読んでいたので、わかってはいたのですが
それにしても裁判を行ったのはあれだけだったんですねぇ。
もう少し法廷でのシーンが見られるものかと思っていました

工場長以外解雇って!
そりゃあ社員じゃなくなった鉄平には何の権利も無くなったわけですが…
提訴取り下げまで…これじゃあ手足をもがれたようなもの

大介の真意を銀平に聞いた後でも、1ミリたりとも責めるでもなく
逆に「辛かったろう」と優しい言葉をかける鉄平

大介とのやり取りは、見ていてやり切れない思いでいっぱいになりました
もう分かっているとおり、二人が悪いわけじゃないんですから…
鉄平はただ夢を追いかけがんばる事で、いつか父の理解を得られると信じていた。
大介だって、自分の中のジレンマとずっとずっと闘っていたんですから。

もーーー!!ことの発端は祖父さんの愚行なんですよ
宿命なんて言葉で片付けたってねぇ…


で、鉄平が向かったのはあの山。
ダイヤモンドダストが綺麗だったなー

まぁ、この辺りからは予想通りというか…
ただ、やっぱりそうするしか無かったのかが残念なところで
あんなにポジティブで力に溢れていた鉄平なのに…
もっと他にも道はなかったのかなぁ?

最後の笑顔が痛かったです

その後がまた驚きました。血液型がここで?!
これはないよー…もう、がっくりきました(製作側の思うツボ?
酷すぎますね
まさかこんな展開とは…原作通りなんでしょうか?

生きている間に血液型のことがわかって誤解が解けたとしても、
あそこまでこじれたものが、すんなり収まるかというのも難しいでしょうけど…
それにしたって!!
これはないよー(二度目

鉄平の死によって、大介の中で変化はあったようですね。
相子を手放したり、二子のことも許したみたいですし
万樹子もちゃんと戻ってきてたし、万俵家も少しは立ち直るのか?と
思わせる兆しはありましたね。

ただ、美馬がー!!恐いんですけど…
やっぱり万俵家にはそう易々と平穏な日々は来ないってこと?!

鉄平の夢であった高炉が建設され、今もなおその火は燃え続けている、
という所が唯一救いの部分でした


うーん、全体的に見ると、後味悪いドラマでした…
なんてうか、ぽっかり嫌な穴を空かされた感が(爆
もっと見て良かったなーという気持ちが残る展開にしてほしかったですね。
原作ありきならどうしようも無いんでしょうけどね


そして、ここからは一転、不謹慎ながらも笑えてしまった部分の感想を

最終回とあって、将軍の出番が多くて嬉しかったです(笑

やけになった鉄平に石をぶつけられたり!!
思わず「あぁー!!」と叫んでしまいましたよ。半笑いで(爆

そしてそして、最後の最後…
池にカメラが寄って行くじゃないですか。

…えぇ!??あれって…

一緒に見ていた相方の一言。
「発砲スチロールかと思った」
で、一気にふき出しましたけど、何か?(爆

いやー、あれはないですよ…いくらなんでも…
いえ、将軍のおかげで悲しい気持ちが吹っ飛ばされたので、良かったのやら…
泣いて笑ってが交互にくるという珍しい体験をさせていただきました

…というわけで、あまり視聴したことがないタイプのドラマで
なかなかレビューも書きづらく大変でしたが、
無事に最後まで見届けることができました…

華麗なるキャストの皆様、お疲れ様でした
そして自分もちょっとお疲れです

コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« アンフェア the movie | トップ | グリーンダヨ~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Eureka)
2007-03-19 22:44:35
大介が何よりも大好きな万俵家の血をひいてる
ことにはかわりないんですから、鉄平がB型だろうが
A型だろうがきにしなけりゃいいのに!
なんて感想は口が裂けてもいえません(笑)
お疲れさまでした。
お疲れさまでしたー! (つっぺ)
2007-03-19 23:30:03
*Eurekaさん*

ほんとですよね!!
血液型の勘違いだけでこんな悲劇が起こったなんて。
悲しさよりも呆気に取られた感が勝っていたかも…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV・ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

華麗なる一族 最終章 後編~決意の死~未来へ~ (アンナdiary)
涙・・・涙のラストでした。大介が鉄平の本当の父親だということは、原作を読んだので知っていたので驚きはありませんでしたが、鉄平の遺書に泣かされた。
華麗なる一族 最終話 「決意の死~未来へ」 (しっとう?岩田亜矢那)
てな具合に大団円である。 原作を読んでいない方々にも 先週の懇切丁寧な次週の予告&番宣により すっかりネタバレしていたと思いますが、まあそんな結末です。 鉄平の本当の父親に関しても、 これで先週の副題が何故「最期の父子対決」であったか謎が解けたかと思う。 た...
華麗なる一族 最終話 「決意の死~未来へ」 (テレビお気楽日記)
裁判で銭高常務(西村雅彦)が証言した事で形勢は逆転する。
『華麗なる一族』 最終章後編 「決意の死~未来へ」 メモ (つれづれなる・・・日記?)
さて最終回です。 気分を悪くしたらすいません。と先にお詫びしておきます。
《華麗なる一族》◆最終章 後編 (まぁ、お茶でも)
銭高の証言で、大介は、窮地に陥った。しかし、負け裁判でも打つ手はあると、強気に言い張った。帝国製鉄の和島が管財人として現れた。鉄平は、解任。挙句に、提訴を取り下げた。これも大介の差し金で、阪神特殊製鋼は、非を認めた形で、話を納めてしまった。
華麗なる一族 最終回 (せるふぉん☆こだわりの日記)
将軍、死す!!(違うでしょ・・・^^;)     どうですか、皆さん。そりゃ、
最後の美馬の不敵な笑み「華麗なる一族 最終回」 (バスタイムTV-お風呂テレビでドラマ浸け-)
もしこのドラマに続編があったとしたら、その主人公は「美馬!」そんなエンディングでした
『華麗なる一族』最終章・後編 (★リトルフラワー★)
「決意の死~未来へ」    (あらすじ) 鉄平(木村拓哉)側の切り札として法廷に現れた銭高(西村雅彦)は、大介(北大路欣也)が借入表を改ざんするよう命じたと証言する。追い詰められた大介は、帝国製鉄の和島所長(矢島健一)を阪神特殊製鉄の破産管財人に据えて、形勢逆転...
華麗なる一族 勝手にキャスティング (London Night ~Club Amour~)
KAT-TUNのドーム魂のチケット当選発表があったみたいね。 めでたく当選された方、おめでとうございま~す 私の分も、しっかり亀梨見ながら、狂喜乱舞してきて?パイ その頃私は・・・パリでストーンズかなぁ? こっち
「華麗なる一族」最終章後編 (日々“是”精進!)
  鉄平側の切り札として法廷に現れた銭高は、大介が借入表を改竄するように命じたと証言する。追い詰められた大介は、帝国製鉄の和島所長を阪神特殊製鋼の破産管財人に据えて、形勢逆転を図る。今後の対策を練る鉄平と倉石弁護士の元に和島が現れ、提訴を取り下げてきた...
華麗なる一族 最終章 後編 (レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ)
華麗なる一族・・・壮絶な最終回でした(o`・ω・)ゞ 敬礼♪  将軍も最後は・・・絶句です・・・。 華麗なる一族、原作は読んだことがありませんでしたが、最後は駆け足で展開が進み、やはり10回ではちゃんと描ききれなかった ような感じがしましたが・・・。 と...
華麗なる一族 最終回 (塩ひとつまみ)
銭高の証言があって、鉄平側が有利に傾いたかに見えた裁判でしたが 会社更正法で破産管財人になった帝国製鉄の和島により 告訴は取り下げられ、一ノ瀬以外の役員は全員解雇。 何もかも失ってしまった鉄平が、銀平に聞いた大介
華麗なる一族 最終話 (くつろぎ日記)
僕はなぜ明日の太陽を見ないのだろう。
華麗なる一族~最終回・一族の崩壊! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
華麗なる一族ですが、前回銭高が鉄平(木村拓哉)有利の証言をして裁判の形勢が逆転します。しかし、大介(北大路欣也)は阪神特殊鉄鋼の管財人にライバルの大手の鉄鋼会社社長を起用するなど裏ワザを使います。(華麗なる一族、最終回感想、以下に続きます) 【華麗な...
「華麗なる一族」第10話(最終回) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
父子の間の溝は埋められないまま。 そして悲しい決意の果てに父が知った真実。 「華麗なる一族」第10話(最終回)
「華麗なる一族」第10話(最終回) (fool's aspirin)
ちょ!ラスボス…大蔵大臣?! そしてラスボス手前の中ボスは美馬ってことですね。 やっぱり悪かったか、仲村トオルよ! …なんて茶化しちゃ不謹慎に感じる鉄平の壮絶なる最期だったが、 鉄平が山に登ってからのシーンが冗長だったので、 みなぎった緊張感が持続しなく...
華麗なる一族 最終回 (sigh.)
後味悪ぅ~~~~ぃ(苦)
華麗なる一族(第10話)⇒最終回!! (霞の気まぐれ日記)
形勢が逆転したかに思われた裁判でしたが、 結局また大介の裏工作で、鉄平は解雇され、 裁判も取り下げられ、どん底に・・・。 銀平が最後に奮起して、反乱(?)でも起こしてくれるんじゃないかと 期待してたんですが・・・ 結局何も起こらなかったですね、残念&#63...
華麗なる一族 【最終回】 決意の死~未来へ (THE有頂天ブログ)
「華麗なる一族」最終回 90分スペシャルを見ました。 前回、前々回とレビューが出来なかったけど、ちゃんと見てました。 ■華麗なる一族 「最終回」 あらすじ  鉄平(木村拓哉)側の切り札として法廷に現れた銭高(西村雅彦)は、大介(北大路欣也)...
雪山遭難スペシャル第三夜、・・・・・・ボクが・・・・・・・・・生まれ・・・なければぁ・・・・・(木村拓哉) (キッドのブログinココログ)
「生まれてこなければ良かった」と父親に告げられた時、鉄平は生きる意欲を喪失したの
木村拓哉さんの似顔絵。「華麗なる一族」最終章 後編(最終回) (「ボブ吉」デビューへの道。)
『人間はちっぽけな存在だ。 自分を強く見せようとして、背伸びしては傷つき、 その傷口を自分自身でひろげてしまう、愚かで弱い生き物だ。 だからこそ人間は、夢を見るのかもしれない。 夢の実現は困難を伴い、時として夢は人を苦しめる。 それでも僕は、未来を切り開...
華麗なる一族 最終章・後編 (ちょっと変な話)
●キャスト 万俵鉄平 (34)万俵家の長男。阪神特殊製鋼・専務。/木村拓哉 万俵早苗 (30)大川一郎の長女で鉄平の妻。/ 長谷川京子 万俵銀平 (31) 万俵家の次男。阪神銀行本店の貸付課長。/山本耕史 安田万樹子 (24) 大阪重工社長令嬢。/山田優 万俵寧子 (54) 京都の...
【華麗なる一族】第10話 最終回と統括 (見取り八段・実0段)
でも、お前は生まれて来てしまった。こう言われた時、鉄平は全てを悟るのである。僕は生まれてきてはいけない存在だったのだ。私は理性ではお前を愛そうと努力した。でも、感情がそれを許さなかった。これがお前と私の宿命なんだ。立ち上がろうと何度も何度も頭を上げるの...