美術の旅人 Voyageur sur l'art  

「美術」との多様な出会い。見たこと、感じたこと、思ったこと。

充ち来るもの  Loving Vincent を見て

2018-09-26 09:05:59 | 
鳥のさえずりは
彼らを充たしているものが
何であるかを問わず語りに
物語っている。
それらは、暗闇に出会っては
沈黙をし続けるもの。
私のうちには
哀しみをもってしか
未だ存在しえぬものだが、
見えない風や光の兆しに
幽かに感じても
指の先からたちまち
零れ落ちてしまう。
あえかに思われて
幼子の眼差しと笑顔のうちに
ここに満ち充ちて
確かに存在していると
感じられるもの。
繰り返し押し寄せては
詩を孕ます追憶の波頭を越えて
決して歌ではない!
心の奥に秘せられたシンバルよ、
高らかに鳴り響け!
智恵においては知り得ぬ
満ち充ちて来るものを迎えるとき。


Loving Vincentは、世界中から100人以上の画家が集い、フィンセント・ファン・ゴッホのアルルでの最期の日々を、1コマ1コマ、ゴッホの油絵タッチで描いた長編アニメーション映画である。最新の研究からゴッホ自殺説に異議を唱えている。
コメント