中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

シンクロは続く

2019年03月17日 | 日記
先週の水曜日の朝に不思議な朝日の差し方を見て、調べてみると別名天使の梯子ともいう薄明光線という言葉を知ったばかりでした。
そして今日、偶然にもエンジェルチューニングという音を聞く機会がありました。
普通に生活していて頻繁に聞いたり使ったりすることのない天使という言葉や、それにまつわる話を思わずして聞くことになり、不思議なシンクロを感じたのでした。

もうひとつは中村喜春さんの名前。
中村喜春さんは伝説の新橋芸者で、一時期その著書を片っ端から読んだ時期がありました。
「花街」を「はなまち」ではなく「かがい」読むと知ったのも、その著書でした。
高田文夫先生の「ご笑納下さい」にその名を見つけ懐かしく思っていると、週刊文春の今週号の平松洋子さんのエッセイ「この味」の中にもその名を見つけました。

単なる偶然といえばそうなのかもしれませんが、こうしたことがなぜか一定の周期で起こります。
そこから何かしらのヒントを得ることも多く、シンクロを発見すると何かの扉が開いたように私生活の中にも影響が起こります。

今回のシンクロもきっと何かしらの意味があるような気がして、新しい扉の向こうを楽しみに中村喜春さんの本を手にとってみるのでありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 介護食 | トップ | 彼岸入り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事