中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

会いたくて遠回り

2019年03月06日 | 日記
バスを降りて自宅へ向かう帰り道、雨の中を遠回りして帰りました。
その目的地はまだ先なのに、風に乗ってやって来る梅の香り。
朝、満開となっていた花の3分の1ほどが散ってしまっていましたが、夜の雨の中に白く浮かび上がる梅の花。

まだかまだかと待っていた末の春先の花々は、咲いたかと思うとその嬉しさも束の間、あっという間に散ってしまいます。
年に一度の巡り合いは、短く儚いものであります。
しかし短く儚いからこそ、それを待つ間の楽しみがあるのでしょう。
梅も沈丁花も桜も一年中咲いていたら、ありがたみがなくなってしまいそう。

そんな中、職場では今年新たに花粉症デビューされた方がおりました。
今までなんともなかったのに、ある日突然くしゃみが止まらず目がショボショボ、病院へ行って検査してもらうと立派な花粉症で、しかも重症と言われたそうな。
また80歳にして初めて花粉症になった方もおられるそうで、今のところはまだなんともない自分もいつどうなるかわかりません。
そして突然花粉症になる人もいれば、突然症状がでなくなる人もいるようです。
これからも春の花々を愛でて行きたいので、花粉症にはなりたくないなぁと思った春の日でありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 読書の春 | トップ | 小説にでてくる献立を »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花粉症 (ひろみつ)
2019-03-07 16:28:47
ごきげんようです。

花粉症辛いですね・・・・・お大事に
僕も学生時代にかなり苦しみました。

くしゃみが20発ほど連発し、終わるとそれまで覚えていたことが全部吹っ飛んでしまいました。

酷い時は太陽を見ただけでくしゃみが出て、鼻水が止まらず、目の痒さもたまらなかったです
これはもう眼球を引っ張り出してかきむしって
また元へ戻したいくらいでした。

でも自然に治りましたけどね・・・・

ちなみに吉野杉で有名な奈良の吉野は杉の花粉だらけなのに花粉症の人っていないそうですね
Unknown (中野笑理子)
2019-03-07 20:48:16
ひろみつさま

ごきげんようです。

花粉症て、突然罹って突然治っちゃうんですね。
会社の人も皆、薬を飲んでいてもつらそうです。
杉花粉だらけの吉野に花粉症の人がいないのは知りませんでした。
知れば知るほど不思議ですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事