中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

駅前は珈琲激戦区

2018年09月15日 | 日記
通勤に利用する最寄り駅の駅前には東と西に分かれてどちらも全国展開している喫茶店があるのですが、その間の改札口を出てすぐの所に新しい店舗ができつつあり、何のお店が出来るのか楽しみにしておりました。
まだ周囲を囲まれていてその全貌は見えませんが、先日前を通るとその店の入口の所に緑色の人魚の看板がかかっていました。
そうです、またもや全国展開の海外珈琲チェーン店です。

今や駅前や街中の喫茶店はほとんどチェーン展開のお店ばかりで、個人経営の昔ながらの喫茶店は古びた商店街や町外れにしかなくなってしまいました。
以前は駅前に阪神間にのみ展開する美味しい珈琲のお店が四半世紀近く営業していたのですが、悲しい哉、去年閉店してしまいました。
今ある2店舗も新しく出来る店も、残念ながらそのお店を超える味も雰囲気も望めそうはなく、ちょっとガッカリ。

電車の中でもそうですが喫茶店の中でも客はほとんどスマホに釘付けで、ゆったり雰囲気を楽しんだり本を読んだりしている人が本当に少ない。
ましてやお店の人とのお喋りなんて、聞いたことがありません。
今は客が喫茶店に求めるもの自体が変わっていっているのでしょう、珈琲やフードの味もメニューのきれいな写真や値段の割には、一度味わえば次も来ようという気にはならない方が多い。

駅前や商業施設では新しい店が次々出来ては数年、短い時は数ヵ月で撤退し、また新しい店が出店しての繰り返しです。
地元に根付いた店がどんどんなくなってゆくのを見て、時の流れを感じずにはいられないのでありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 陀羅尼助 | トップ | 3日ぶりの靴下ちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事