中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

花の色は

2017年05月16日 | 日記
今もアイドルといって良いのかどうかわからないけれど、某男性アイドルがテレビに出ているのを見た。
彼は今はもう30歳を過ぎているのだが、見た瞬間○○に似ているナと思い、もう一度見直して本人だと気づくほど雰囲気が変わっていた。
特にファンというのではないけれど、10代でデビューした彼は男前というよりも綺麗で儚げで、男性アイドルもここに極まれり、とまで思ったのだったが、この変貌は。
今も綺麗な顔をしているし、カッコいいいのだけれど、色々あったのねと、しみじみ感慨深く思うほど変わっているように見えた。
それは一言で言うと、輝きがなくなったということかもしれない。
キラキラしたものが、なくなってしまっていた。
男女問わずアイドルという商売もツラいよね、と思う。
人間の顔というのは美醜に関わらず、ある年齢を越えると何かしらその人の生きざまが表れるような気がする。
それはアイドルに限らず政治家でも一般人でも、そう思うのです。

ソウイウオマエハドナイヤネン。

はい、年相応に変貌しております。
まぁまぁそれはおいといて。

一度輝きを失っても、年をとってまた輝き出す人もいるし、こればかりは誰にもわからないけれど、再び輝いて欲しいなぁ、と思ったのでありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泉屋のクッキー | トップ | 全国漫遊の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事