ビジネス書の厳選情報を毎日お届け 「ビジネスブックマラソン」 バックナンバーズ

アマゾン元バイヤー、土井英司による厳選ビジネス書評メルマガ。ベストセラー分析と本当に読むべき珠玉の一冊を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『その数学が戦略を決める』

2007年12月04日 | Weblog
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163697705

みなさんは、これから世に出るヴィンテージワインの出来不出来が
計算式で割り出せると聞いたら、驚きますか?

また、素人でも簡単な数式を使うだけでプロのスカウト顔負けの目
利きができると聞いたら、どう思うでしょうか?

本書はまさにこれを可能にする「絶対計算」という概念を紹介した
知的読み物。オビに「文系にもわかる知的大興奮の書!」とあるよ
うに、数式や計算がわからなくても楽しく読める内容です。

本書に登場した実験結果によると、ヴィンテージワインの質や値段
は計算式で割り出せるし、レンタカー会社は、事故を起こしやすい
人をクレジットカードの返済実績から割り出すことができます。

「一見関係なさそうでじつは相関関係がある」事柄から、問題の解
決策を導く。これこそがデータベースと絶対計算が可能にしたこと
であり、アマゾンが世界で大儲けしているアイデアの源泉でもあります。

本書を見てみると、今やこの「絶対計算」は、ビジネスや投資に限
らず、医療や政策の改善、犯罪率の低下などに多大な貢献をしてい
るようです。

数字には、人の生命を救う力もあるし、貧困から脱出するアイデア
も、ビジネスで儲けるヒントもある。まさにそのことを教えてくれ
る一冊だと思います。

アルフレッド・マーシャルの名言「a cool head but a warm heart」
を信奉する人には、おあつらえむきの書籍と言えるでしょう。

読者は、本書を読んで、絶対計算の可能性を探ることもできるし、
また実験結果を自分の人生やビジネスに生かすこともできます。

山形浩生訳で、ウィットに富んだ注もあり、じつに楽しく読める内
容。久々に手放しでおすすめできる一冊です。

知的好奇心を満たしたい方はもちろん、ビジネスに・仕事に新たな
気づきを得たい方にも、ぜひ読んでいただきたいおすすめの一冊です。

------------------------------------------------------------
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
------------------------------------------------------------

フランスのボルドー地方の数十年におよぶ気象データを使ってオー
リーが見つけたのは、収穫期に雨が少なくて、夏の平均気温が高か
った年に最高のワインができるということだった

ワインの質=12.145+0.00117×冬の降雨+0.0614×育成期平均気温
-0.00386×収穫期降雨

この記事で本当に爆弾発言だったのは、一九八九年ボルドーに関す
るオーリーの予測だった。まだ樽に入ってやっと三ヶ月、批評家す
ら試飲していないこのワインについて、オーリーは「これは今世紀
最高のワインになる」と予測したのだった(中略)オーリーはこの
ワインが「過去三五年のどんなワインよりも高額で売れるだろう」
と大胆にも予測してみせた

チェスのグランドマスターであるゲーリー・カスパロフが、ディー
プ・ブルーコンピュータに負けたのは、IBMのソフトウェアのほ
うが賢かったからだと思われがちだ。でもその「ソフトウェア」と
いうのは実は、各手の力を順位づける巨大データベースなのだ

回帰分析によれば、ウォルマートが一匹狼向きだと思う人はこの職
場にはなじめず、やめる傾向が高いのだ

コンピュータにコインを投げさせて、表が出た人と裏が出た人で扱
いを変えてみるというのは、これまでに考案された最も強力な絶対
計算法の一つなのだ

女性首長が義務づけられた村落では、女性の日常労働に結びついた
インフラ――水や燃料の獲得――への投資が行われやすいが、男性
首長は教育に投資を行う傾向がある

人間の心には、よく知られている各種の認知的な欠陥や偏りがあっ
て、これが正確な予測能力を歪めてしまっている

絶対計算の支援をもってしても、人の予測は絶対計算のみの予測に劣る

一言でいえば、仮説立案だ。人間に残された一番重要なことは、頭
や直感を使って統計分析にどの変数を入れる/入れるべきでないか
推測することだ

人間は、予測の際に各種の要因にどれだけ重み付けすべきかを決め
るのがヘタだ

絶対計算では、疑問視やカウンターパンチは特に重要だ。なぜなら
この手法は意志決定を中央集権化してしまうからだ

------------------------------------------------
『その数学が戦略を決める』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163697705
------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃▼目次▼
┃ 
┃ 序 章 絶対計算者たちの台頭
┃ 第1章 あなたに代わって考えてくれるのは?
┃ 第2章 コイン投げで独自データを作ろう
┃ 第3章 確率に頼る政府
┃ 第4章 医師は「根拠に基づく医療」にどう対応すべきか
┃ 第5章 専門家VS.絶対計算
┃ 第6章 なぜいま絶対計算の波が起こっているのか?
┃ 第7章 それってこわくない?
┃ 第8章 直感と専門性の未来
┃ 謝辞
┃ 訳者解説 山形浩生
┃ 巻末付注
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▼ご協力ありがとうございます▼
人気blogランキングへ

にほんブログ村 href=bbm@eliesbook.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『悪玖夢博士の経済入門』 | トップ | 『「ほめ言葉」最強の一発変... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

その数学が戦略を決める (Book's Inlay ビジネス書を中心とした書評のブログ)
「その数学が戦略を決める」の書評です。
書評:エアーズ『その数学が戦略を決める』 (7代後の孫への話Blog)
その数学が戦略を決めるイアン・エアーズ 山形 浩生 文藝春秋 2007-11-29おすすめ平均 新しい皮袋に詰められた、統計学の啓蒙書!標準的な回帰分...
[書評]統計を学んだ方もそうでない方も-書評-その数学が戦略を決める (ゆっくり急げ)
その数学が戦略を決める 作者: イアン・エアーズ, 山形浩生 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/11/29 メディア: 単行本 まずタイトルに違和感。数学というよりは統計学orデータマイニングが正確かと。インパクトを狙うなら「専門家はもういらない!」といったあた...
その数学が戦略を決める (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 私はギャンブルをやらないが、競輪や競馬などで、かなりの確率で、誰が勝つかの予想ができるのなら、話は変わってくる。株式にしてもしかりである。この外にも未来のことが予想できたら便利なことは色々とあるであろう。 未来を予想するにはどうするか。専門家の予想は...