Elicia Flower ~ エリーシアフラワー ~

暮らしに彩りと笑顔を添えるような
手創りのアートフラワー作品を
紹介しています
(※時々育児日記も…)

作品No.A-67 青バラの海風アレンジ

2012-08-31 | アレンジ作品
連日残暑なのか猛暑なのか、いじめのような暑さが続いていますね。

先日、1年間のマンスリー契約いただいているお客様向けに、
9月用アレンジとしてコスモスのアレンジを創作しました。
そのコスモスアレンジを久々に作品紹介しようかなぁ~と思いましたが、
「・・・・まだ、暑い・・・・」

ということで、7月用として創作して差し上げた作品を紹介します!

少しでも「涼」を感じられますように。。。


今回の作品は「青」です。 「青いアレンジ」です。
青一色!
青好きにはたまらない!!!

以前も青いアレンジメントを3-4点紹介しましたが、この青アレンジは
結構ファンが多いんです!
以前紹介した青いアレンジや青一色リースを見ていただいたお客様が、
青好きな奥様向けに青いリースをプレゼントしたい!とオーダーをいただいたことも。


結構、青好き はいるんですね。

創作しながら、青にハマる理由がわかりそうな気がしてきました。
なんとも言えない、引きこまれるような魅力がありますね。魅惑的。

8月も今日で最後。
残暑厳しいですが、皆様もまだまだ熱中症に気をつけてくださいね!


■作品No.   :  A-67
■ジャンル  : アレンジメント
■形     : ラウンド
■主な花材  : バラ、あじさい、マム
■素材    : アートフラワー
■大きさ    : 縦15cm、横25cm、奥行25cm
■参考価格  :  5,000円

************オススメポイント*****************
◆上質な質感の青バラを贅沢にあしらった「青い」アレンジメントです。
◆海の中の世界を表現するために、花器もガラスのものを使い、
 透明感を表現しました。カウンターなどに置いてもサイド部分からも
 海の世界を感じられるよう、小さな貝殻をちりばめています。
◆青バラの色合いは2種類。濃紺の青と、エメラルドグリーンのような青の2種類を
 使い、青の世界をより楽しめるようにしています。
◆濃紺な青バラの上に、真っ白なヒトデや貝殻をちりばめ、海の世界表現を
 強調しています。
**********************************************************

■正面




■花器
透明なガラス花器で海の透明感を表現。オアシスが見える足元ではなく、
横から見ても「海」を感じるよう、オアシスは水色のアジサイで囲み、
小さな小さな貝殻さん達もちりばめています。
ローテーブルではなく、カウンターなど目線の高さのテーブルに置いた時にも
サイドから楽しめるような演出をしています。


■アップ
濃紺な上質素材の青バラがとても魅惑的!「青いバラ」は最近品種改良で生花でも
出てきましたが、気軽に楽しめるのはアートフラワーならでは!
青好きにはたまらない色合いです。


エメラルドグリーンの色合いのバラが楽しめるのもアートフラワーの醍醐味!


真っ白の伸びやかなヒトデや貝殻が涼しさをプラスしています。



海面が太陽の光でキラキラ光を放つ場面を表現したく、いくつかのジュエルを
ちりばめました。


.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆
ご紹介したアレンジ作品をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

エリーシアフラワーでは、紹介した作品以外のオリジナルフラワーアレンジ、
ウェディングブーケなどのオーダーメイドも承っております。
ご相談や質問など、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Elicia Flower(エリーシア フラワー)
elicia@goo.jp
(↑@マークを小文字にして送信下さい)

掲載されている作品のデザインや写真などの無断借用、コピー、転載は一切禁じます
Copy Right (C) 2009-2012 Elicia Flower All Rights Reserved
・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.・'☆.
コメント (3)

育児: 娘が熱性けいれんで救急車

2012-08-30 | 日記
ものすご~く久しぶりの更新です。

いやいや、いろいろあって大変な日々でした。

娘ネタを。
昨日で1歳3カ月になった娘。ちなみにまだ歩いていません。
ゆっくり育ってくれればいいかな、と親は全く焦っていません。

さて、その娘が先々週初救急車。私も旦那さんも人生初救急車同乗。

ついにきました「熱性けいれん」。

世の中のママ達(特に1歳前後)に少しでも有益情報になれば・・と思うので
状況をシェアしますね。

前日夕方に最高38.5度出したものの、夜には36度台になり、次の日朝も36度台に
下がったのでほっとしていました。でも大事をとって、その日も保育園お休みしました。
「明日は保育園行けそうだね」と普通通り夜ごはん食べて、普通通り21時前後に就寝。


ほんと、子供の熱は急に上がるものですね・・・
22時に入り一度「怖い夢でも見たのかな?」という感じで泣きながら起きました。
よしよし、と再び寝かせて・・・。それから30分足らずで
体中が熱くなり始め・・・
あれよあれよという間に38度台。


私は、会社の仕事が忙しく、ちょうど「明日は社長と会長にプレゼンの日」という
重要な、絶対休めない日の前日でした。
さすがに社長プレゼンとなるので、プレゼン資料を持ち帰り寝かしつけた後で
プレゼン準備をしていたところ。

旦那さんが居てくれた日でほんと良かった・・・

旦那さんも仕事をしなきゃいけない夜でしたが「恵美子の仕事を始め片づけて。
それまで俺が抱っこして看てるから」と。

気になって時々様子を見に行くと、保冷剤で脇の下などを押えているのに
熱はどんどん高くなっていく・・・。 本人もその体の変化につらそうで
寝られない・・・。

ちょうどプレゼン準備もおおかた終え、23時半頃様子を見に行くともう39度台。

24時を回り、保冷剤での冷却も結構無理が出てきて・・・
「解熱剤、飲ませようか」と旦那さんと話し、
ヨーグルトに解熱剤を入れて口元に持ってきました。
(旦那さんがず~~っと抱っこしていました)


その瞬間!


震えたような声を発し、体がけいれんし、一気に目が白目むきました。

「けいれんだ!」 すぐにわかりました。

旦那さん「保冷剤もっと!!!」

ありったけの保冷剤を冷凍庫から持ってきて渡しました。
その時再び娘の目を見ると、黒目が上に上がり、まさに白目むいてる、
そのものでした。

「もっと!もっと!」
冷凍庫の保冷剤は尽き「なんでもいいから!」と冷凍食品のちゃんぽんや、
スーパーカップ、あずきバー、ありとあらゆる冷凍食品を旦那さんが
全身に当てました。
旦那さんは縦抱っこしてるから目を見てないと思い
「完全に白目むいてる。見て」

そして「救急車」

これまでの時間20秒ほど。


家の固定電話で119したら繋がらない。
全体的に冷静な方だった私も、さすがにこの119に繋がらないときはテンパりました。
2度目かけても繋がらない!!!

「なんでかからないのよ!」と発し、
旦那さんの仕事用電話を思いつき、トライ。
・・・・・繋がらない!! 2度目かけても繋がらない!!!

さすがにこの時は理由がわからず、コンセントが抜けてるのかと思いながら
なぜこんな時にコンセントが抜けてる!!!???と苛立ち。

(次の日判明した理由は、IP電話からは110や119にかからない、ということ)

で、すぐに携帯でトライ。

いいのか悪いのか「位置情報提供に失敗しました・・・」となり切れる。

は~~~!???

2度目トライで繋がる。


あとは冷静。 落ち着いて名前と住所と症状を伝えました。

そこまでで2分強ほど。


娘のもとにかけよると目がだんだん閉じ始めてきました。


娘のけいれんは平均の2-3分でした。


救急車到着は10分後頃。
急いでパジャマから洋服に着替えなおし、ママバッグと母子手帳・おくすり手帳、
貴重品を持ってスタンバイ。

救急車に乗ると、初めて知った事情なのですが、乗車後に搬送先病院の選定と、
その病院に電話して受け入れOK/NGを一軒一軒聞いていくのです。

丁寧にまず「かかりつけの病院はどこですか?」「その病院は今の時間やってないの
ですが一番近くで大学病院になりますがいいですか?希望の病院はありますか?」

内心「どこでもいいから早く出発して・・・」


結局お茶の水の医科歯科大へ。
今思うと都内に住んでいて良かったな・・・と思います。
大きな大学病院へ10分足らずで行けました。
たとえば北海道とかの奥地だったら、札幌まで何十キロ・・・とか・・・

救急車到着前には、娘のけいれんは治まり、熱が急にひきはじめました。
37度前半くらいまで一気に下がりました。
そしてやっと娘は寝始めたようなときでした。(それまで熱で寝られなかったので)


なので、病院到着時は落ち着いているといえば落ち着いていました。

ERで小児科の先生が対応してくださいました。やさしい先生で良かった。。。


「経過を細かくおっしゃってください」

初めてのけいれんだったわりには、周りの経験者の話を聞いていたのが幸いで
結構冷静だった私たち。

1週間前くらいからの熱の出方から細かく経過を静かに伝えることができました。


結局その場では、けいれんは治まっているので治療はなし。

ただし、まずはこの1時間、またけいれんがあるかもしれないので、1時間は
病院で過ごしてください、とのこと。
1時間経過後、何もなかったのでタクシーで帰りましたが、
次の山場は24時間以内、とのこと。
24時間以内の再発がある可能性があるとのこと。


自宅にタクシーで帰ったのは夜中3時すぎでした。
この帰り道でも都内在住で良かった・・・とつくづく思いました。
早く家に帰れて良かった・・・。



次の日の、私の仕事の社長プレゼンは、けいれんが始まった時点でアウト!
・・・・・朝上司に電話して上司に代役をお願いする、という本当にひどい部下
そのものでしたが、さすがに娘が救急車搬送の次の日は出勤できないでしょう。。。
会社・上司には申し訳なかったけれど、これが育児ですね・・・。


次の日会社を休んで24時間以内の再発にドキドキしながら。
意外に、朝起きると娘は熱もひいて元気!いつも通りすごい勢いでハイハイして
保育園行ってもいいんじゃない?というくらい元気。
でも、やっぱり24時間以内の再けいれんがあるかと思うと、私の気持ちは全然
落ち着きませんでした。

午前中に近くのかかりつけ小児科へ。一応大きめの総合病院小児科に行き、
昨夜のけいれんと、ER先生に言われたことを伝え、
薬やけいれん止めの座薬を処方してもらいました。



結局・・・その後・・・
一応、落ち着きました。いつも通りの元気さへ。


2回目があるかどうか???

人によるそうです。
けいれん起こした人のうち1/3が2度目、またその中の1/3が3度目・・・となるそうです。


遺伝性もあるといわれる熱けいれん。
旦那さんが小さい頃に2度起こしたそうです。
それも聞いていたので覚悟していたこともあり、意外と冷静でした。

6歳くらいまでのどこかで2度目、3度目があるかも・・・とのこと。
な、な、ながい・・・・
あと5年も熱出るたびにヒヤヒヤするのかと思うと長いですね・・・。


今回熱けいれんになり、周りに話すと、いろいろな方から「うちの娘(息子)も
なった~」という声とともに、たくさんのアドバイスいただきました。
そういうアドバイスが本当に役に立つ!!!
いざという時に結構思い出すんですよね。



まず熱けいれんになったら、
・嘔吐した場合に戻して器官つまらせることもあるので、
 まずは横向きに寝かせる。
・その状態ですぐに救急車を呼ぶ!


よく、「熱けいれんになったら・・・」の育児書やパンフレットで
3分(5分)たってもおさまらなかったら119に電話しましょう、と書いてる時も
ありますが、それじゃ遅いそうです。じっと5分待っててそこから電話したら
対処がもっと遅くなるそうです。

ということで、すぐに救急車を呼ぶ。

結果、2-3分のけいれんで治まったとしていいので、すぐに救急車。だそうです。



今回は夜中であるものの、旦那さんが居てくれたから(一人じゃないから)
意外と冷静に対応できた気がします。
あれが、旦那さんが出張中とかで、夜中私ひとりのときに、実家がどちらも遠くて
親戚が近くにまったくいない状況で目の前で娘がけいれん起こして白目むいて
意識なくしたら・・・と思うと・・・  ぞっとします。

でも、十分その可能性があるので、覚悟しておかなきゃ。


子育ては心配が尽きませんね・・・。



どうか、2度目のけいれんが起きませんように・・・。


いたずらし放題でも、何しても、やっぱり健康なわが子の笑顔が一番です。

↑こんなセクシーな寝相だろうが何だろうが、スヤスヤ寝ている寝顔が
一番ほっとしますね。


コメント